呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓




袁術

 

後漢の時代の名門官僚である汝南袁氏の御曹司というサラブレットだった袁術(えんじゅつ)は、

皇帝を自称するという俺様プレイで人望を失い、度外れた贅沢で民を苦しめた結果最後には、飢え死にするという最後を迎えました。

でも、そんな袁術の墓が現在も実在するというのは皆さんご存じでしょうか?




袁術の墓の位置

袁術(えんじゅつ)の墓は寿春県から107キロ離れた合肥(がっぴ)市長豊県(ちょうほうけん)楊公鎮(ようこうちん)にある

袁術は、元の拠点だった揚州を劉表(りゅひょう)に奪われた後、

揚州の州都であった寿春に入ります。

 

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

そこで家臣や周囲の猛反対を押し切り197年の正月には自身に天命が降ったとして、

皇帝に即位して仲(ちゅう)王朝を建国します。

 

裏切り 呂布

 

しかし、袁術の栄光もここまでで、後には呂布(りょふ)との戦いに敗北し、

近くにあった小国、陳(ちん)の支配者である劉寵(りゅうちょう)を

首尾よく謀殺したものの、城に入る直前で曹操軍に攻撃されて敗北するなどで、

兵力も食糧も人望も失い、炎天下で飢えと渇きに苦しみ絶望し、

西暦199年、大量の血を吐いて死んだと伝えられています。

 

そんな袁術ですから、部下も逃げてしまい墓などないだろうと考えていたら、

何と、袁術の墓は、その本拠地の寿春から直線距離で107キロ離れた

合肥市長春県楊公鎮淮南(わいなん)市、孤堆回族(こついかいぞく)

郷蔡圩(ごうそんう)村という所にある小高い丘として存在しているようなのです。

 

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将




近くには、有名な合肥の古戦場があるのに訪れる人もいない袁術墓

曹操VS孫権R2

 

袁術の墓がある楊公鎮から30キロ圏内には魏と呉の総力戦の

舞台になった合肥が存在します。

 

そんな、三国志屈指の名所に近いのに、ほぼスル―されている袁術、

まさに、この男、笑いの神に愛されているとしか言いようがないでしょう。

 

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)

関連記事:劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

 

まさかの少数民族の土地にあり、しかも盗掘されていた袁術墓

袁術の最後

 

袁術の神的な不運は、そればかりにはとどまりません。

何と、袁術の墓がある合肥市長豊県楊公鎮の一帯は

孤堆回族(こついかいぞく)という少数民族の居住地で、

袁術の事を知る人は殆どいないというのです。

 

さらに、袁術の墓の頂上付近には盗掘の跡もあり、

あんなに悲惨な最後を迎えたのに、死後はしっかり盗掘を受けている

という事も分かります。

袁術くやしいいい

 

最後はふんだりけったりだったのに、盗掘まで受けるとは、、

きっと、黄泉の世界で袁術もムキーーーーっとなった事でしょう。

 

でも、一族が散り散りばらばらに逃げて、最後は餓死に近い最後を迎えた

袁術の墓に副葬品などあったのでしょうか?

 

もし、盗掘犯が「つかまされたぜ、こん畜生」となっていたとしたら、

袁術の神的な奇跡のページがさらに一枚追加されるでしょう。

 

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

関連記事:三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計

 

長い年月で名前まで変化した袁術の墓

袁術

 

袁術の墓である小高い丘には厳氏孤堆(げんし・こつい)と書かれた石碑が存在します。

「は?厳氏孤堆って何?と思いますよね」実は、この場所は元々は、

袁氏孤堆(えんし・こつい)と呼ばれていたのだそうです。

 

袁氏ならば、三国志ファンなら袁紹か袁術かですぐに気付くのですが、

長い間、伝承が続く間に袁が厳に変化してしまい、

袁氏孤堆は厳氏孤堆になってしまったようです。

 

これじゃあ、分かるわけはないですが、、それにしても、長い年月で

名前まで変わってしまうとは袁術の人気の無さって一体・・

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

グーグルマップでちょいちょいと調べると、流石に写真は出てきませんが、

袁術の墓がある周辺がポイントが表示されます。

本当に、合肥に近く、どうして、三国志ファンに気が付かれないのか不思議です。

袁術ファンの皆様は、もし合肥に行く機会があれば、報われない袁術に、

激励のエールなどを掛けてあげると喜ぶのではないでしょうか?

もちろん、袁術を全面的にバックアップしているはじめての三国志スタッフは、

今後、機会をとらえて厳氏孤堆までゆくつもりです。

 

※あくまで、三国志取材のついでとして・・

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—




よく読まれている記事

袁術祭り

 

よく読まれている記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは
  2. 蜀の魏延 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1…
  3. 鍾会 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  4. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  5. 呉の小覇王・孫策 孫策の息子・孫紹が不憫だった!?
  6. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…
  7. 奮闘する黄蓋 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く
  8. 赤穂浪士の吉良邸討ち入り 忠臣蔵はテロ?知っているようで知らない赤穂事件を解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽に手紙を送る陸遜
  2. 嫉妬している明智光秀
  3. 沖縄そばを食べる関羽
  4. 関羽
  5. 孟獲キャッチコピー

おすすめ記事

  1. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  2. 趙匡胤ってどんな人?豊臣秀吉のように民衆に愛された皇帝 趙匡胤は北宋の初代皇帝
  3. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族 夏侯覇の妻は誰?
  4. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行
  5. 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望
  6. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか 孫権 弔い出陣

三國志雑学

  1. 周瑜 周郎
  2. 疫病が流行った村
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 烏桓族
  2. カバ&関羽
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. キングダム52巻

おすすめ記事

西遊記巻物 書物 蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!? 夏侯淵 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介 手紙を読む曹操 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証 熱血曹操 若かりし曹操は熱血漢 王平は四龍将 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP