架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

この記事の所要時間: 159




劉備 食客

 

日の出の勢いで、勢力を拡大する曹操(そうそう)に対し、

一時は曹操にライバルと目された劉備(りゅうび)は

踏んだりけったりの毎日を送っていました。

 

折角、手にいれた徐州太守の地位は、呂布(りょふ)を信用した為に奪われ、

袁紹(えんしょう)に加担して、曹操の隙を突いて、徐州で反乱を起こすも、

袁紹がグズで援軍を出さない為に曹操に敗れて、妻子や、関羽(かんう)

そして張飛(ちょうひ)ともはぐれてしまう始末です。

 

「どうして私だけがこんな目に、、」

逆境をはねのけて、ドンドン強大になっていく曹操を見つつ

人の世話になるしかない劉備には、

情けないやら、腹立たしいやらの毎日が続きます。

 

前回記事:49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く




劉備にも幸運が訪れる

趙雲 子龍

 

しかし、捨てる神あれば、拾う神ありで、どん底の劉備に

僅かながら、希望の光が差してきます。

 

それが、曹操の元を去って戻ってきた関羽との再会でした。

この万人力の勇者との再会は、どれだけ劉備を元気づけたでしょう。

 

そして、袁紹の支配地である鄴で、

劉備は、もう一人の豪傑と再会します、

趙雲子龍(ちょううん・しりゅう)です。

 

趙雲と言えば、三国志ではお馴染みの有名武将、

曹操の大軍の中を赤ん坊を懐にいれて、

たった一騎で駆け抜けた勇者です。

 

元々、趙雲と劉備は、今は亡き公孫瓚(こうそん・さん)の下で、

出会い意気投合し、お互いに認め合う間柄でした。

 

ところが、趙雲の身内に不幸があり、喪に服す為に

趙雲は、公孫瓚の下を離れる事になります。

 

「名残惜しい、ここで別れたら、もう会う事もないかもな、、」

劉備は趙雲の手を握り、涙を流して別れを惜しみます。

 

「ご心配なく、私は、あなたの好意を忘れる事はありません」

趙雲は、劉備にこう返事をして再会を期して別れたのです。




再開を果たす二人

劉備 趙雲 再開

 

それから、数年、趙雲と劉備は再会を果たします。

劉備は趙雲と寝食を共にし、袁紹の命令で曹操の支配地で反乱を起こすように

言われた時には趙雲に密かに兵を集めさせて、共に袁紹の下を去っていきました。

 

さて、このように、主従の関係を結んだ二人ですが、その絆がいかに深い

ものであったかを示す話を一つ、、

 

ある戦で敗北した劉備、その時、配下の武将が、劉備に対して、

趙雲が、劉備を捨てて、北に敗走したと伝えました。

すると、劉備は顔色を変えて、その者に手槍を投げつけて言います。

 

「無礼な事を言うな!子龍は、私を見捨てて逃げる男ではない!」

 

暫くすると趙雲は、劉備の陣営を探しあてて戻ってきました。

 

このように劉備は趙雲を信用し切り、

趙雲もその信頼を終生裏切る事はなかったのです。

 

こんなにも深い絆で結ばれた二人、羨ましい限りです。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバ…
  2. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  3. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  4. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が…
  5. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  6. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  7. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る
  8. 本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  2. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  3. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将
  4. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  5. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える
  6. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから? 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます! 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの? 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった

おすすめ記事

  1. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣
  2. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌
  3. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  4. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  5. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった
  6. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点
  7. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  8. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP