編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

この記事の所要時間: 327

三国志演技と三国志正史005

 

 

吉川英治の小説「三国志」や横山光輝のマンガ版が、明(みん)の時代(14世紀後半の頃)に羅貫中(らかんちゅう)という人物が書いた

歴史小説「三国志演義(さんごくしえんぎ)」を下敷きにしていることは良く知られています。

 

実はこの「三国志演義」もまた、それ以前に既に存在していた三国志を題材とした読み物をベースにしています。

そのベースとなったのが「三国志平話(さんごくしへいわ)」です。

 

「三国志平話」とは、どんな内容だったのでしょうか?

 

 

 

元の時代にまとめられた「三国志平話」

三国志平話

 

「三国志平話」は正しくは「新刊全相平話三國志(しんかんぜんそうへいわさんごくし)」と言います。

 

元(げん 13世紀後半~14世紀前半)の時代に刊行された「全相平話五種(ぜんそうへいわごしゅ)」に収められたもので、

上・中・下の三巻なる、全ページ挿絵入りの絵物語です。

 

宋の時代にはすでに中国各地に三国時代の英雄たちにまつわる説話や伝承が数多く存在していました。

 

これをひとつの物語としてまとめたものが「三国志平話」です。

 

しかし、もともとバラバラだった伝承や説話をつなぎあわせた為に、「三国志平話」は史実とは大きく異なり、矛盾も多い話になっていました。

 

また、超常的な現象を描くなど、より荒唐無稽な内容であることも大きな特徴です。

 

「三国志演義」はこの「三国志平話」の『善玉の主人公・劉備(りゅうび)』と『悪玉・曹操(そうそう)』の対立という基軸は維持しながら、

史書「三国志」に書かれた史実の流れを重視し、矛盾なくより洗練され完成された小説として後世の評価を得ました。

 

 

劉備・曹操・孫権は歴史上の人物の転生した姿だった!!

三国志まとめ 董卓

 

「三国志平話」の物語は三国時代(さんごくじだい)からさかのぼること約150年ほど前、

後漢王朝(ごかんおうちょう)の初代皇帝、光武帝(こうぶてい)の時代からスタートします。

 

光武帝の時代、天帝(てんてい・神様のような存在)の命令によって冥土で裁判が行われることになりました。

 

その裁判は、さらにさかのぼる事350年前、前漢王朝(ぜんかんおうちょう)発足の頃の事件を扱うというもの。

その裁判で被告人とされたのはなんと、前漢王朝の初代皇帝、漢の高祖・劉邦(りゅうほう)とその妃である呂后(りょこう)でした。

 

裁判の原告となったのは、劉邦の下で働き建国を助けた功臣(こうしん)でありながら、

後に劉邦の謀略によって殺された韓信(かんしん)・彭越(ほうえつ)・英布(えいふ)の三人です。

 

裁判官に選ばれたのは、司馬仲相(しばちゅうそう)という人物でした。

 

司馬仲相は、原告の同時代人であった蒯通(かいつう)の証言を得て劉邦と呂后の謀略を暴き、有罪の判決を下します。

 

判決を知った天帝は、三人の原告と二人の被告を未来である三国時代に転生させることにしました。

 

韓信は曹操、彭越は劉備、そして英布は孫権(そんけん)として転生、一方の被告である劉邦は後漢王朝最後の皇帝、

献帝(けんてい)に、呂后は献帝の妃である伏皇后に転生しました。

 

さらに、裁判で重要な証言を行った蒯通は諸葛亮(しょかつりょう 諸葛孔明)として、

そして裁判官を務めた司馬仲相は司馬懿(しばい 司馬仲達)として転生。

 

前漢時代を創った英雄たちが再びこの世に生を受けることで「三国志平話」の物語は始まります。

 

 

関羽の息子、関索は「三国志平話」に登場しない?

関帝廟 関羽

 

「三国志演義」に比べて荒唐無稽、史実との矛盾点も多い「三国志平話」ですが、

意外なことに「三国志演義」に登場する架空の武将、関羽(かんう)の息子である関索(かんさく)は登場しません。

 

 

関羽には関平(かんぺい)や関興(かんこう)という息子がいて、いずれも蜀の武将として活躍したことが史実として伝わっていますが、

関索の名前は歴史書には一切登場しません。三国志演義には、実在した関平と関興も登場しています。

(ただし、関平は史実では関羽の実子であるところを、演義では養子として登場します)

 

 

関索は「三国志演義」の後半に登場、関羽が戦に破れて敗死した際に自分も大ケガを負ったことが語られますが、

他には大して活躍することもなく、いつの間にか姿を消してしまいます。

 

大して重要な役ではなく、なぜそんなキャラが登場するに至ったのか、長年謎とされていました。

 

 

1967年、上海近くに在住していた農民が農地の整備作業中に明の時代の墳墓を発見、その副葬品の中には11冊の本が含まれていました。

後年行われた研究の結果、この11冊の本の中の1作が「花関索伝(かかんさくでん)」という、関索に関する伝承をまとめた本であったことが判明し、「三国志演義」に登場する関索はこの「花関索伝」が元ネタであったことが分かりました。

 

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

 

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

劉備勝ちまくり!仮想三国志

 

 

よく読まれてる記事:架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

 

封神演技 三国志

 

よく読まれてる記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

 

正史 三国志 張飛

 

よく読まれてる記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

 

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  2. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  3. 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  4. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵…
  5. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  6. 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの?
  7. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる
  8. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団
  2. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士
  3. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男
  4. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  5. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?
  6. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼 【大三国志 攻略11】ついにLv6の城を攻略!Lv7の城はいけるのか!? 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え! 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう) 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に 曹操の詩の世界を体験してみよう

おすすめ記事

  1. 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?
  2. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る
  3. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  4. これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?
  5. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  6. 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?
  7. 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  8. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP