キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

茶を飲む張角(太平道)

張角 茶

 

緑茶や紅茶、ウーロン茶など、私たちにもなじみが深い中国由来のお茶には

長い歴史があります。

 

 

 

お茶に関する最古の記録

東方 光

 

前漢時代、蜀の文人である王褒(おうほう)が書いた「僮約(どうやく)」という

奴隷売買の契約書に、

最古のお茶に関する記述がみられます。

 

僮というのは「奴隷」のことで、

この奴隷になすべきことを記した契約書があるのです。

その仕事の中に、

「武陽で茶を買う」という記述がみられます。

 

蜀は三国志劉備が拠点を置いた場所です。

劉備も王褒のように、茶を買いに走らせたのかもしれません。

 

ちなみに、この頃はまだ、民間に喫茶の風習はなく、

皇帝、貴族などの特権階級に限られていました。

 

 

唐代になると一般化

三国志 光

 

民間へ茶文化が浸透し始めたのは、唐時代(7~10世紀)です。

唐代には「茶聖(ちゃせい)」と称される人まで登場します。

現代語訳にしてみれば、「なんでも茶博士」のような感じでしょうか。

 

茶聖、陸羽(りくう)は『茶経(ちゃきょう)』というお茶の専門書を

書き残しています。

 

これを読むと、唐時代のお茶は、

「餅茶(へいちゃ)」といって、茶葉を固めたものを、

砕いて粉にして、それから煮出すという作り方でした。

 

 

茶葉の登場は宋代から

三国志 川

 

「散茶(さんちゃ)」という茶葉の形のお茶ができたのは

宋時代(10~13世紀)でした。

 

この時代にはすっかり中国茶は人々に馴染み、

町には喫茶店があふれ、

貴族たちの間でも、「闘茶(とうちゃ)」といって茶を当て合う遊びが

流行しました。

 

 

現代の中国で最も生産量が多いお茶は?

緑茶 三国志

最も生産量が多いお茶は、なんだと思いますか?

紅茶でしょうか。

それとも、ウーロン茶でしょうか。ジャスミン茶でしょうか。

 

実は、最も飲まれているお茶は、緑茶なのだそうです。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

劉備 茶

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

 

ハッポウ茶

よく読まれてる記事:cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 呉の孫権 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!?
  2. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  3. 京劇の格好をした関羽 なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?
  4. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  5. 朱然によって捕まる関羽 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武…
  6. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  7. 酒を飲む曹操、劉備、孫権 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  8. 費禕 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  3. 三国志ライター黒田レン
  4. 桃園の誓012
  5. 魯粛、周瑜、劉備
  6. 五虎大将軍の趙雲

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】
  2. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  3. 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 曹操に降伏する教祖・張魯
  4. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 劉備と曹操
  5. 曹操の徐州大虐殺の真相には諸説あり? 呂布を水攻めする曹操
  6. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 五虎大将軍の馬超

三國志雑学

  1. 費禕
  2. 貂蝉と呂布
  3. 費禕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国時代の船 楼船
  2. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  3. 大久保利通 幕末
  4. 真田丸 武田信玄
  5. 司馬懿と曹操

おすすめ記事

高順 はじめての三国志 月刊はじめての三国志2019年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 孔明 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに? 沙摩柯 甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王 三国志をテーマとした美少女簡単ストラテジーRPG『三国志炎舞~王様の物語~』8月25日より配信をスタート 法正が亡くなり悲しむ劉備 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! 宋銭 お金と紙幣 鎌倉時代に使われていた貨幣とは? 法正と張松 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 馬騰 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP