袁術祭り
李傕祭り




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

この記事の所要時間: 210

張角 茶

 

緑茶や紅茶、ウーロン茶など、私たちにもなじみが深い中国由来のお茶には

長い歴史があります。

 

 

 

お茶に関する最古の記録

東方 光

 

前漢時代、蜀の文人である王褒(おうほう)が書いた「僮約(どうやく)」という

奴隷売買の契約書に、

最古のお茶に関する記述がみられます。

 

僮というのは「奴隷」のことで、

この奴隷になすべきことを記した契約書があるのです。

その仕事の中に、

「武陽で茶を買う」という記述がみられます。

 

蜀は三国志の劉備が拠点を置いた場所です。

劉備も王褒のように、茶を買いに走らせたのかもしれません。

 

ちなみに、この頃はまだ、民間に喫茶の風習はなく、

皇帝、貴族などの特権階級に限られていました。

 

 

唐代になると一般化

三国志 光

 

民間へ茶文化が浸透し始めたのは、唐時代(7~10世紀)です。

唐代には「茶聖(ちゃせい)」と称される人まで登場します。

現代語訳にしてみれば、「なんでも茶博士」のような感じでしょうか。

 

茶聖、陸羽(りくう)は『茶経(ちゃきょう)』というお茶の専門書を

書き残しています。

 

これを読むと、唐時代のお茶は、

「餅茶(へいちゃ)」といって、茶葉を固めたものを、

砕いて粉にして、それから煮出すという作り方でした。

 

 

茶葉の登場は宋代から

三国志 川

 

「散茶(さんちゃ)」という茶葉の形のお茶ができたのは

宋時代(10~13世紀)でした。

 

この時代にはすっかり中国茶は人々に馴染み、

町には喫茶店があふれ、

貴族たちの間でも、「闘茶(とうちゃ)」といって茶を当て合う遊びが

流行しました。

 

 

現代の中国で最も生産量が多いお茶は?

緑茶 三国志

最も生産量が多いお茶は、なんだと思いますか?

紅茶でしょうか。

それとも、ウーロン茶でしょうか。ジャスミン茶でしょうか。

 

実は、最も飲まれているお茶は、緑茶なのだそうです。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

劉備 茶

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

 

ハッポウ茶

よく読まれてる記事:cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  2. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  3. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  4. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31…
  6. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  7. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話
  8. 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  2. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに?
  3. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?
  4. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布
  5. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  6. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選! 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

おすすめ記事

  1. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  2. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  3. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎
  4. 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー
  5. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  6. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】
  7. 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  8. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP