ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

茶を飲む張角(太平道)

張角 茶

 

緑茶や紅茶、ウーロン茶など、私たちにもなじみが深い中国由来のお茶には

長い歴史があります。

 

 

 

お茶に関する最古の記録

東方 光

 

前漢時代、蜀の文人である王褒(おうほう)が書いた「僮約(どうやく)」という

奴隷売買の契約書に、

最古のお茶に関する記述がみられます。

 

僮というのは「奴隷」のことで、

この奴隷になすべきことを記した契約書があるのです。

その仕事の中に、

「武陽で茶を買う」という記述がみられます。

 

蜀は三国志劉備が拠点を置いた場所です。

劉備も王褒のように、茶を買いに走らせたのかもしれません。

 

ちなみに、この頃はまだ、民間に喫茶の風習はなく、

皇帝、貴族などの特権階級に限られていました。

 

 

唐代になると一般化

三国志 光

 

民間へ茶文化が浸透し始めたのは、唐時代(7~10世紀)です。

唐代には「茶聖(ちゃせい)」と称される人まで登場します。

現代語訳にしてみれば、「なんでも茶博士」のような感じでしょうか。

 

茶聖、陸羽(りくう)は『茶経(ちゃきょう)』というお茶の専門書を

書き残しています。

 

これを読むと、唐時代のお茶は、

「餅茶(へいちゃ)」といって、茶葉を固めたものを、

砕いて粉にして、それから煮出すという作り方でした。

 

 

茶葉の登場は宋代から

三国志 川

 

「散茶(さんちゃ)」という茶葉の形のお茶ができたのは

宋時代(10~13世紀)でした。

 

この時代にはすっかり中国茶は人々に馴染み、

町には喫茶店があふれ、

貴族たちの間でも、「闘茶(とうちゃ)」といって茶を当て合う遊びが

流行しました。

 

 

現代の中国で最も生産量が多いお茶は?

緑茶 三国志

最も生産量が多いお茶は、なんだと思いますか?

紅茶でしょうか。

それとも、ウーロン茶でしょうか。ジャスミン茶でしょうか。

 

実は、最も飲まれているお茶は、緑茶なのだそうです。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

劉備 茶

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

 

ハッポウ茶

よく読まれてる記事:cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備 劉備と呂布の関係って現代でも通用する?裏切られたら容赦はしない、…
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  3. 三国志ライター よかミカンさん 中国人の質問!三国志で好きな人物を聞かれた時に気をつける事
  4. 茶を飲む張角(太平道) 太平道とはどんな宗教なの?なんで人々に支持されたの?
  5. 七星剣 三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは
  6. 曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩 曹丕と曹植は後継者争いなんてしていない?曹丕の功績から後継者争い…
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  8. キレる孫策 孫策は嫉妬深く陰険な人物だった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張遼・楽進・李典
  2. ロバ顔の諸葛瑾
  3. 夏侯惇
  4. 馬超の兜にフォーカス
  5. 蹇碩(けんせき)
  6. 榎本武揚
  7. 劉備の黒歴史
  8. 曹操に降伏する教祖・張魯

おすすめ記事

  1. 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?
  2. キングダム最新613話ネタバレ「必勝戦略」レビュー考察 キングダム55巻
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】
  4. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  5. 曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる 孔融と曹操
  6. 楊修とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 楊修

三國志雑学

  1. 北伐でやりあう曹叡vs孔明
  2. 2つの持論を展開する費禕
  3. 魯粛


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 水滸伝って何? 書類や本
  2. キングダム55巻
  3. キングダム52巻
  4. 鼎(かなえ)
  5. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  6. キレる劉備になだめる黄権

おすすめ記事

kawauso kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」 何進 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 徐璆 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男 おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第41話「この玄関の片隅で」 曹操と鶏肋 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 関帝廟 関羽 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将 皇帝に直言する季布とヒヤヒヤする周辺 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】 なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP