劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

張角 茶

 

緑茶や紅茶、ウーロン茶など、私たちにもなじみが深い中国由来のお茶には

長い歴史があります。

 

 

[adsense]
 

お茶に関する最古の記録

東方 光

 

前漢時代、蜀の文人である王褒(おうほう)が書いた「僮約(どうやく)」という

奴隷売買の契約書に、

最古のお茶に関する記述がみられます。

 

僮というのは「奴隷」のことで、

この奴隷になすべきことを記した契約書があるのです。

その仕事の中に、

「武陽で茶を買う」という記述がみられます。

 

蜀は三国志の劉備が拠点を置いた場所です。

劉備も王褒のように、茶を買いに走らせたのかもしれません。

 

ちなみに、この頃はまだ、民間に喫茶の風習はなく、

皇帝、貴族などの特権階級に限られていました。

 

 

唐代になると一般化

三国志 光

 

民間へ茶文化が浸透し始めたのは、唐時代(7~10世紀)です。

唐代には「茶聖(ちゃせい)」と称される人まで登場します。

現代語訳にしてみれば、「なんでも茶博士」のような感じでしょうか。

 

茶聖、陸羽(りくう)は『茶経(ちゃきょう)』というお茶の専門書を

書き残しています。

 

これを読むと、唐時代のお茶は、

「餅茶(へいちゃ)」といって、茶葉を固めたものを、

砕いて粉にして、それから煮出すという作り方でした。

 

 

茶葉の登場は宋代から

三国志 川

 

「散茶(さんちゃ)」という茶葉の形のお茶ができたのは

宋時代(10~13世紀)でした。

 

この時代にはすっかり中国茶は人々に馴染み、

町には喫茶店があふれ、

貴族たちの間でも、「闘茶(とうちゃ)」といって茶を当て合う遊びが

流行しました。

 

 

現代の中国で最も生産量が多いお茶は?

緑茶 三国志

最も生産量が多いお茶は、なんだと思いますか?

紅茶でしょうか。

それとも、ウーロン茶でしょうか。ジャスミン茶でしょうか。

 

実は、最も飲まれているお茶は、緑茶なのだそうです。

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

劉備 茶

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

 

ハッポウ茶

よく読まれてる記事:cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

 

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 王平は四龍将
  2. 曹彰
  3. 赤鎧を身に着けた曹操
  4. レッドクリフ
  5. 長坂の戦いでの趙雲

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP