広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

この記事の所要時間: 342

ハッポウ茶

三国志の解説サイト「はじめての三国志」は

この度、素敵な三国志ショップ様とコラボさせていただくことになりました。

 

はじめての三国志、はじめてのコラボは

三国志をモチーフとしたブレンド中国茶をお取り扱いの

Cha-ngokushi(ちゃんごくし)」さまです。

 

 

 

三国志八宝茶「cha-ngokushi」って何?

三国志 八宝茶

 

簡単にご紹介させていただきますと、

Cha-ngokushiさまでは、三国志の登場人物をイメージした

「八宝茶(はっぽうちゃ)」というブレンドティーを販売しています。

 

八宝茶は、日本人にはあまりなじみのないお茶ですね。

 

たとえばルシアンティーというと、紅茶にジャムを混ぜたものが

思い浮かぶと思います。

 

八宝茶は、烏龍茶、ジャスミン茶といった中国茶の中に、

クコの実やドライフルーツ、ミニ薔薇といったアイテムを

ブレンドしたものをイメージしていただくと、いいかもしれません。

 

Cha-ngokushiさまでは、

このブレンドするアイテムの色や形といった見た目や、

お茶を注いだとき、湯気の中に立ちのぼる豊かな香り、

そして口にしたときの味わいで

三国志の登場人物を表現しているのです。

 

まさに後漢に訴えかける……。

おっと。誤字です。

視覚、嗅覚、味覚……などなど、

あなたの五感に訴えかける宝物のように美しいお茶です。

 

 

お取り扱いの三国志八宝茶

三国志八宝茶

chan-gokushi

 

ラインナップは以下の9種類です。(Cha-ngokushiさまHP掲載順)

 

・祝融(しゅくゆう)

・曹操孟徳(そうそう・もうとく)

・劉備玄徳(りゅうび・げんとく)

・関羽雲長(かんう・うんちょう)

・諸葛孔明(しょかつ・こうめい)

・周瑜公瑾(しゅうゆ・こうきん)

・呂布奉先(りょふ・ほうせん)

・貂蝉(ちょうせん)

・江東二喬(こうとうにきょう)

曹操 お茶

 

今回、この中から、

「曹操孟徳」をご紹介したいと思います。

 

 

まろやかなのにスッキリする「曹操孟徳」

曹操 八宝茶

 

いつも赤い衣を身にまとっていたという曹操をイメージしたお茶は、

やはり赤色がメインでした。

 

まず、お湯を注いでみると……

真っ赤なイチゴのような千日紅(せんにちこう)と

中国の甘い果物といえば真っ先に思いつく赤い山査子(さんざし)、

杏仁豆腐などによく添えられる赤いシード、クコの実が

見た目を鮮やかに彩ります。

 

これだけでもう、気分がわくわくしてきますが、

ここで飲んでしまってはもったいない。

まずは香りを楽しみます。

 

香りには、ほのかな甘みが感じられました。

食欲をそそります。

このお茶のベースに使われている茶葉、

凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)の馥郁たる香りでしょうか。

 

凍頂烏龍茶は茶葉の生成方法から青茶に分類されていますが、

香りや味は緑茶に近いと言われています。

ペットボトルのウーロン茶とは格段に違う、深い味わいがあるブランド品です。

 

さて、いよいよ味わってみます。

千日紅、山査子、クコの実……ということで、

体によさそうな漢方薬の味を思い浮かべましたが……、

 

口にした途端、爽やかな味わいが広がります。

まろやかな舌触りで、優しいまるい味がして、それがそのまま

すうっと喉に落ちていきます。

口の中はスッキリした感触が残り、

最後の最後に、甘い香りの余韻が、ふわっと鼻に抜けます。

 

……曹操って、見た目は怖いけれど、実はこんな人だったの!?

 

曹操 お茶

 

今回、お茶受け菓子として、油分の多めなカシューナッツを

用意しました。

相性はバッチリだったと思います!

曹操孟徳の八宝茶は、豆菓子独特の口の中に残る後味も、

きれいさっぱり洗い流してくれました。

 

 

見た目も綺麗、香りも素敵、味もおいしい上、さらに……!?

曹操 changokushi

 

すでに一粒で三度おいしい状態ですが、

八宝茶にはさらに秘密があります。

 

それは、ブレンドされているアイテムひとつひとつに、

体に良い成分が含まれていることなのです。

 

今回、曹操孟徳には、

千日紅:風邪・咳止め・目の痛み

山査子:健胃・整腸・二日酔い

クコの実:肝臓滋養・めまい

ハブ茶:滋養強壮・健胃・眼精疲労

以上、すべての効能がギュッと詰まっています。

 

私、東方は、やや貧血気味でときどきめまいを覚えるので、

一日パソコンに向かって仕事を終えた後は、

ぱったりとベッドに倒れ込むのが常ですが、

この曹操孟徳の八宝茶を飲んだところ、

すうっと疲れがとれてスッキリし、

余暇の読書タイムを設けることができました。

 

心も体も洗濯してくれる、まさに魔法のお茶です。

みなさまも、素敵な三国志の世界を味わってみませんか。

江東二喬

 

ひとつひとつの包装も可愛いので、

お友達へのちょっとしたお礼として手渡したり、

結婚式のプチギフトなどにもおすすめです。

 

コラボ先:三国志八宝茶 Cha-ngokushi

三国志八宝茶

三国志 八宝茶

八宝茶 曹操

三国志八宝茶 Cha-ngokushi (外部リンク)

 

八宝茶のおいしい淹れ方マニュアル付です。

素敵なティータイムをお過ごしくださいませ。

 

三国志をモチーフにしたブレンド中国茶のお店です。
八宝茶とは美味しくて見た目も美しく、健康に良く、そして美味しいといったまさに宝のつまったお茶です。

三国志八宝茶 Cha-ngokushi (外部リンク)

 

こちらの記事もよく読まれています

張角 茶

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

 

劉備 茶

 

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  2. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  3. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族…
  4. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  5. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  6. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  7. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  8. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将
  2. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  3. 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康
  4. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  5. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  6. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない? ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か? 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?

おすすめ記事

  1. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較
  2. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  3. 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図
  4. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟
  5. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  6. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?
  7. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  8. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP