曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

この記事の所要時間: 342

ハッポウ茶

三国志の解説サイト「はじめての三国志」は

この度、素敵な三国志ショップ様とコラボさせていただくことになりました。

 

はじめての三国志、はじめてのコラボは

三国志をモチーフとしたブレンド中国茶をお取り扱いの

Cha-ngokushi(ちゃんごくし)」さまです。

 

 

 

三国志八宝茶「cha-ngokushi」って何?

三国志 八宝茶

 

簡単にご紹介させていただきますと、

Cha-ngokushiさまでは、三国志の登場人物をイメージした

「八宝茶(はっぽうちゃ)」というブレンドティーを販売しています。

 

八宝茶は、日本人にはあまりなじみのないお茶ですね。

 

たとえばルシアンティーというと、紅茶にジャムを混ぜたものが

思い浮かぶと思います。

 

八宝茶は、烏龍茶、ジャスミン茶といった中国茶の中に、

クコの実やドライフルーツ、ミニ薔薇といったアイテムを

ブレンドしたものをイメージしていただくと、いいかもしれません。

 

Cha-ngokushiさまでは、

このブレンドするアイテムの色や形といった見た目や、

お茶を注いだとき、湯気の中に立ちのぼる豊かな香り、

そして口にしたときの味わいで

三国志の登場人物を表現しているのです。

 

まさに後漢に訴えかける……。

おっと。誤字です。

視覚、嗅覚、味覚……などなど、

あなたの五感に訴えかける宝物のように美しいお茶です。

 

 

お取り扱いの三国志八宝茶

三国志八宝茶

chan-gokushi

 

ラインナップは以下の9種類です。(Cha-ngokushiさまHP掲載順)

 

・祝融(しゅくゆう)

曹操孟徳(そうそう・もうとく)

劉備玄徳(りゅうび・げんとく)

関羽雲長(かんう・うんちょう)

諸葛孔明(しょかつ・こうめい)

周瑜公瑾(しゅうゆ・こうきん)

呂布奉先(りょふ・ほうせん)

貂蝉(ちょうせん)

・江東二喬(こうとうにきょう)

曹操 お茶

 

今回、この中から、

曹操孟徳」をご紹介したいと思います。

 

 

まろやかなのにスッキリする「曹操孟徳」

曹操 八宝茶

 

いつも赤い衣を身にまとっていたという曹操をイメージしたお茶は、

やはり赤色がメインでした。

 

まず、お湯を注いでみると……

真っ赤なイチゴのような千日紅(せんにちこう)と

中国の甘い果物といえば真っ先に思いつく赤い山査子(さんざし)、

杏仁豆腐などによく添えられる赤いシード、クコの実が

見た目を鮮やかに彩ります。

 

これだけでもう、気分がわくわくしてきますが、

ここで飲んでしまってはもったいない。

まずは香りを楽しみます。

 

香りには、ほのかな甘みが感じられました。

食欲をそそります。

このお茶のベースに使われている茶葉、

凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)の馥郁たる香りでしょうか。

 

凍頂烏龍茶は茶葉の生成方法から青茶に分類されていますが、

香りや味は緑茶に近いと言われています。

ペットボトルのウーロン茶とは格段に違う、深い味わいがあるブランド品です。

 

さて、いよいよ味わってみます。

千日紅、山査子、クコの実……ということで、

体によさそうな漢方薬の味を思い浮かべましたが……、

 

口にした途端、爽やかな味わいが広がります。

まろやかな舌触りで、優しいまるい味がして、それがそのまま

すうっと喉に落ちていきます。

口の中はスッキリした感触が残り、

最後の最後に、甘い香りの余韻が、ふわっと鼻に抜けます。

 

……曹操って、見た目は怖いけれど、実はこんな人だったの!?

 

曹操 お茶

 

今回、お茶受け菓子として、油分の多めなカシューナッツを

用意しました。

相性はバッチリだったと思います!

曹操孟徳の八宝茶は、豆菓子独特の口の中に残る後味も、

きれいさっぱり洗い流してくれました。

 

 

見た目も綺麗、香りも素敵、味もおいしい上、さらに……!?

曹操 changokushi

 

すでに一粒で三度おいしい状態ですが、

八宝茶にはさらに秘密があります。

 

それは、ブレンドされているアイテムひとつひとつに、

体に良い成分が含まれていることなのです。

 

今回、曹操孟徳には、

千日紅:風邪・咳止め・目の痛み

山査子:健胃・整腸・二日酔い

クコの実:肝臓滋養・めまい

ハブ茶:滋養強壮・健胃・眼精疲労

以上、すべての効能がギュッと詰まっています。

 

私、東方は、やや貧血気味でときどきめまいを覚えるので、

一日パソコンに向かって仕事を終えた後は、

ぱったりとベッドに倒れ込むのが常ですが、

この曹操孟徳の八宝茶を飲んだところ、

すうっと疲れがとれてスッキリし、

余暇の読書タイムを設けることができました。

 

心も体も洗濯してくれる、まさに魔法のお茶です。

みなさまも、素敵な三国志の世界を味わってみませんか。

江東二喬

 

ひとつひとつの包装も可愛いので、

お友達へのちょっとしたお礼として手渡したり、

結婚式のプチギフトなどにもおすすめです。

 

コラボ先:三国志八宝茶 Cha-ngokushi

三国志八宝茶

三国志 八宝茶

八宝茶 曹操

三国志八宝茶 Cha-ngokushi (外部リンク)

 

八宝茶のおいしい淹れ方マニュアル付です。

素敵なティータイムをお過ごしくださいませ。

 

三国志をモチーフにしたブレンド中国茶のお店です。
八宝茶とは美味しくて見た目も美しく、健康に良く、そして美味しいといったまさに宝のつまったお茶です。

三国志八宝茶 Cha-ngokushi (外部リンク)

 

こちらの記事もよく読まれています

張角 茶

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

 

劉備 茶

 

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  2. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  3. 三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る
  4. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶
  5. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  6. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  7. ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略
  8. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった
  2. 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?
  3. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?
  4. 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守
  5. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男
  6. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】 侯成(こうせい)とはどんな人?禁酒中でイライラしている呂布に斬首の命を受けた八健将 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!? 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!? 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

おすすめ記事

  1. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  2. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  3. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  4. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  5. 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備
  6. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの?
  7. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!
  8. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP