ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利

曹操50万の兵

 

赤壁で大敗した曹操(そうそう)は、国力の回復に心血を注ぎます。

そして、赤壁から3年後に、新興宗教の勢力である張魯(ちょうろ)の

支配地漢中に軍を派遣したのです。

 

この軍には、夏候淵(かこうえん)と鐘繇(しょうよう)という

二人の将軍がいましたが、この中の鐘繇は、張魯に近い、

西涼の馬超(ばちょう)や韓遂(かんすい)ら、関中の諸候に対して、

曹操に忠誠の証として、人質を送る事を曹操に提案しました。

 

前回記事:84話:龐統登場と同時に左遷(笑)

 

漢中の武将はプライドが高い

三国志 プライド

 

それを知った関中の内政を担当していた衛覬(えいき)は、

 

「関中の武将はプライドが高く、人質を出せと命令すれば

独立を脅かされると思い離反する」

と曹操に人質反対の手紙を出します。

 

ところが曹操は、強権的な鐘繇の意見を採用し、

関中の諸候に人質を出す事を命じた為に、衛覬の危惧の通り

馬超韓遂は同盟を結んで曹操に反旗を翻しました。

 

これを潼関の戦いと言います。

 

馬騰の息子は馬超

馬騰

 

馬超は、馬騰(ばとう)の長男で錦の馬超と呼ばれた美男子の武人

異民族の血が流れ、幼少の頃から馬に慣れていたので、

まさに人馬一体の豪傑でした。

 

また、韓遂も戦略眼に優れた天才で、二人は共同して、

騎馬隊を駆使して大軍の曹操軍に挑んだので、

曹操は、しばしば馬超の騎兵に追いまくられて、

敗走を余儀なくされる有様です。

 

曹操は、騎馬隊の突撃を避ける為に、甬(よう)道と言われる、

両側を土壁で覆った道路を造って戦線を移動し、

一時は、馬超、韓遂と停戦協定も結ぼうとしますが、

これはものわかれに終わりました。

膠着した戦線を打開したのは、軍師賈詡(かく)の離間の計略でした。

 

賈詡の離間の計略で馬超と韓遂の仲を裂く

賈詡

 

賈詡は、馬超と韓遂の仲を裂き、単細胞の馬超のみにすれば、

勝利は難しくないとして、以下のような計略を仕掛けます。

 

まず、曹操が韓遂に使者を立て、「二人で会って話したい」

という伝言を伝えます。

 

韓遂は、「何だろう」と曹操に会いにいくと、それは

こんな非常時に話すには他愛のない昔話でした。

 

そうしておいて賈詡は、今度は馬超に

「韓遂が曹操と話をしていた」という噂を撒きました。

 

馬超は不審に思い、韓遂に問いただすと、

 

「確かに曹操と話はしたが、他愛ない昔話しかしてはいない」

と弁解します。

 

馬超は、内心

(こんな非常時に他愛のない昔話を曹操がするものだろうか)

と疑いましたが、韓遂を信じて引きさがります。

 

それから数日後、韓遂の元に曹操から手紙が届きます。

 

ところが、手紙を開くと、それは、すべて墨で黒く

塗りつぶして判読不能な内容でした。

 

韓遂が首を捻っていると、そこに馬超がやってきます。

とっさに韓遂は、手紙を遠ざけてしまいます。

 

「今の手紙は何です?もしや曹操からの手紙ですか!」

 

馬超が凄い剣幕で寄ってくるので、韓遂は止むなく

手紙を見せると、それは墨で真っ黒です。

 

「これは、一体なんです! どうして墨で塗りつぶしたのです!」

 

「いや、違う!!これは最初から墨で塗りつぶしてあったのだ!」

 

韓遂は慌てて弁解しますが、もう馬超の顔からは猜疑心が消えません。

 

 馬超は韓遂が裏切るつもりだと疑う

馬超021

 

「最初から真っ黒?お戯れを、、この馬超を若年と思って、

馬鹿にしているのか!!」

 

「違うのだ、これは最初から塗りつぶされていたのだ!」

 

「そうか!ならば、手紙で曹操を呼びだしてみよ、

ワシが隙を見て斬ってやる、出来ないなら韓遂、貴様を斬る」

 

韓遂は、急いで、曹操に向けて手紙を書き、

期日を決めて会おうと知らせました。

 

当日、馬超は、韓遂のテントの脇に隠れて、曹操が来るのを待ちます。

 

ところが、現れたのは曹操ではなく曹洪でした。

 

「韓遂将軍、例の件は宜しく頼みましたぞ、、」

 

「な、なんの事だ、例の件とは??わ、私は何も知らんぞ」

 

韓遂は訳も分からず狼狽すると、曹洪は薄ら笑いを浮かべて

テントから出ていきました。

 

馬超は韓遂を切る

雷 三国志

 

馬超は、殺気を孕んだ顔で韓遂のテントに入り込みます。

 

「この腐れ外道が、叩き殺してやる!!」

 

馬超は、もう弁解も聴かず、剣を抜き放ち、韓遂を斬ります。

韓遂は、左腕を斬り落とされますが、必死に逃げて、

曹操に降伏しました。

 

これにより、馬超の勢力は弱体化し、曹操軍の前に敗北。

 

翌年、馬超は曹操に抵抗をする

三国志 歴史 老いには勝てず

 

馬超は、翌年、再度、単独で兵を挙げて、涼州刺史韋康(いこう)を

殺して冀城を奪い、涼州守備軍の夏候淵を破るなど抵抗します。

 

しかし、韋康の部下の楊阜(ようふ)が巻き返して冀城を奪還すると、

拠点を失い、漢中の張魯に身を寄せました。

 

この潼関の戦いでの曹操軍の死者は1万人に上るという、

勝ったとはいえ、代償の高くついた勝利でした。

 

このような事情もあり、曹操は、更に積極的に、

劉備を討伐しようという意欲が起こりませんでした。

結局、張魯討伐は、215年まで引き延ばされます。

 

それが益州を攻略しようとする劉備を放置しておく事に繋がり、

結果として、劉備は、張魯を盾にしてまんまと益州を攻略します。

 

この潼関の戦いで一番得をしたのは、

漁夫の利を得た劉備(りゅうび)だったのかも知れません。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:86話:張松という男が劉備の運命を左右する 

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 韓信 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  2. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  3. 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武…
  4. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定…
  5. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  6. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎ…
  7. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世…
  8. 張魯 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 牛輔と董卓
  2. 徳川慶喜(幕末)
  3. 土安(南蛮族)
  4. 王騎 キングダム
  5. 典韋にボコボコにされる成廉
  6. 合戦シーン
  7. 後継者争いで悩む孫権

おすすめ記事

  1. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ! 王賁
  2. 西郷どんは桁外れの犬好きだったの?
  3. 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた? 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  4. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 関羽と張飛と劉備
  5. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた 英雄曹操とナポレオンを比較
  6. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

三國志雑学

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 赤兎馬にまたがる呂布
  3. 甘寧と凌統と呂蒙
  4. 三国時代の船 楼船


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明と劉備、関羽、張飛
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権
  4. 羌族
  5. 武田信玄と徳川家康
  6. 石亭の戦い 曹休と韓当
  7. 劉備と孫権

おすすめ記事

徐晃と夏侯淵 【徐晃の逸話】実は三国志最強レベル!逸話からわかる徐晃の強さ 太史慈 【太史慈vs夏侯淵】射術の腕前はどっちが上なの!? まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう) 公孫淵 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】 夷陵の戦いで負ける劉備 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった! 周瑜に憧れる袁術 第18話:袁術くん「集中力の高め方」を周瑜から学ぶ 邪馬台国と卑弥呼軍 壬申の乱の内幕、皇位継承を巡る日本古代史上の最大の内戦を解説(第1回) 孫権に気に入られる孫覇 孫覇とはどんな人?側近に煽られて孫家を分裂させてしまった残念貴公子

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP