三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

馬騰
この記事の所要時間: 457

呂布 VS 曹操

 

三国志演義を見ていると、洛陽の東の戦いである、袁紹(えんしょう)や、

袁術(えんじゅつ)公孫瓚(こうそんさん)曹操(そうそう)

呂布(りょふ)というような豪傑の戦いは、よく描かれていますが、

反面として長安の西で起きた、北方異民族と戦う西の豪傑達の戦いは

あまり詳しくありません。

 

特に、菫卓(とうたく)が洛陽を燃やし、長安に移り、呂布に殺されて、

李傕(りかく)・郭汜(かくし)が天下を握って後は、殆ど馬超の登場まで、

長安サイドは出番がないと言ってもいいでしょう。

 

それは余りにも可哀想なので、三国志演義の裏方で起きた

長安の西側の戦いを見てみましょう。

 

この長安側の戦いのキーワードになるのが、

西涼の武将、馬騰寿成(ばとう・じゅせい)です。

 

蜀の五虎大将軍の馬超(ばちょう)のパパが馬騰になります。

 

 

反董卓連合崩壊後の馬騰は何してたの?

馬謄

反菫卓連合軍の崩壊以来、出番が殆どない馬騰ですが、

実際には、西側、長安の側で大活躍しています。

 

西暦191年、董卓が長安に遷都をすると、馬騰は、これに応じて

出仕して反乱異民族を征伐するなどして信任を得ます。

 

董卓死後の長安

呂布 バックブリーカー

 

董卓が王允(おういん)の計略を受けた呂布に殺害されて、

一時、漢の天下が回復すると馬騰もこれに仕えますが、

 

間もなく、李傕・郭汜が長安に攻め上ると、馬騰は韓遂(かんすい)と共に

これに恭順して征東将軍に任命されました。

 

馬騰も李傕、郭汜も同じ、辺境の出身なので、

馬騰には親近感があったのでしょうが、ここで馬騰は、

李傕に、個人的なお願いをしています。

 

しかし、李傕は、馬騰の願いを黙殺、或いは、不十分な形で

聞き入れたので馬騰は、不満を増幅させます。

 

馬騰:「李傕め天子を擁した程度で威張りくさりおって、

李傕如きに長安が落とせるなら、ワシにだって出来ん筈はない」

 

こうして馬騰は長安に攻め入り、李傕と郭汜を討伐する計画を立てて、

背後にいた益州の劉焉(りゅうえん)と手を結びます。

 

三国志演義の劉備(りゅうび)と共に献帝(けんてい)を助け、

曹操を暗殺しようとした馬騰とはエライ違いです。

 

馬騰は李傕と郭汜を討伐する為に人材を集める

三国志 プライド

 

馬騰は、さらに劉範(りゅうはん)、馬宇(ばう)のような武将を引きこんで、

李傕襲撃を計画、これに対し韓遂は、暴挙は止めるように軍勢を率いて説得に行きますが

反対に馬騰に言いくるめられて計画に参加します。

 

李傕は、馬騰の動きを察知、郭汜・樊稠(はんちょう)・李利(り・う)

という武将を派遣して長平観で馬騰の連合軍と激突します。

 

ですが計画が漏れた事で、馬騰軍の劉範は勝ち目がないと見て逃亡、

また、長平の王承(おうしょう)という人物も馬騰を恐れて、

馬騰軍の守りが手薄な部分を突いて攻撃したので馬騰軍は総崩れになります。

 

しかし、李傕は、馬騰を討伐する事で異民族に対応できる将軍が減る事を

警戒してか、馬騰を殺さず、以前と同じ将軍の位を与えて慰留します。

 

馬騰と韓遂は義兄弟の契りを結ぶ

秦 王騎

 

馬騰と韓遂は、これを契機に義兄弟の契りを結んでいますが、

しばらくで不仲になり、馬騰は韓遂を攻撃して破ります。

ところが韓遂は巻き返し、仕返しとばかりに馬騰の妻子を殺害、

これで二人の決裂は決定的になりイザコザが絶えなくなります。

 

結局、李傕・郭汜を討伐したのは曹操

抜き出た曹操

 

好き放題に都を支配した李傕・郭汜を討伐したのは

長安を脱出した献帝を保護した曹操でした。

 

曹操は、馬騰と韓遂の仲裁に入りますが、

結局二人の関係は元には戻りませんでした。

 

曹操は長安を含む関中を鐘繇(しょうよう)に監督させ、

馬騰も韓遂もその支配下に入ります。

 

曹操は馬騰を厚遇する

現実主義曹操

曹操は、馬騰を厚遇して、前将軍に任命して仮節・槐里(かいり)侯としました。

馬騰は、曹操の思惑通り、異民族の侵入に備え、士人を登用して、

三輔(長安の周辺の土地)を安定させたので徳望を集めたと言います。

 

西暦200年、袁紹との戦いが本格化すると曹操軍の鐘繇は、

馬騰の下に部下の張既(ちょうき)を派遣して、袁紹軍の郭援(かくえん)と

戦うように命令します。

実は、馬騰はこの頃、袁尚(えんしょう)と結んでいたのですが、

傅幹(ふかん)の勧めもあったため、これを裏切り、鐘繇の下に

息子の馬超(ばちょう)、配下の龐徳(ほうとく)を派遣し合流させて

袁紹軍の郭援を撃破させました。

 

その後も馬騰は曹操の援軍要請を受けて各地を転戦、

部下の龐徳を従え張白騎(ちょうはくき)・張琰(ちょうたん)

衛固(えいこ)らの討伐に参加します。

 

このように馬騰の力は強大なものでしたし、

異民族相手の軍閥に共通する裏切りやすさを持っていたので

曹操は、いつまでも馬騰に関中にいてもらうのは都合が悪いと

考えるようになりました。

 

馬騰が邪魔になる曹操

裏切りは許さぬ 曹操

西暦208年、荊州に侵攻するに当って、曹操は

馬騰に部曲(民兵の事)を解散して一族共々鄴(ぎょう)に来るように命令します。

 

馬騰は、曹操のこの命令を受けましたが、なかなか部曲を解散させません

心変わりを心配した張既は、各地の県令に伝令を出し、兵糧を出して

県令達に直接馬騰を迎えるように指示しました。

 

馬騰はやむを得ず部曲を解散し、馬休(ばきゅう)、馬鉄(ばてつ)等の

馬一族を引きつれて鄴に入り、衛尉に任命されると同時に、

馬休は奉車都尉に、馬鉄も騎都尉に任命されました。

 

馬騰と曹操が決別をする時が

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

ところが、馬騰の平穏無事な日々は、長くは続きませんでした。

関中を管轄する劉繇が、漢中の張魯(ちょうろ)を征伐するに当り、

新しく馬氏一族を率いた馬超を張魯に付かせない為に人質を要求した事で、

勢力を削がれる事を恐れた馬超は韓遂と結んで曹操に反旗を翻し

漢中の張魯と同盟して潼漢で曹操軍と激突したのです。

 

この報復により、曹操は馬騰と馬鉄、馬休を誅殺し、

馬氏一族は、馬超などの僅かな一門を除いて全滅します。

そう三国志演義では、曹操暗殺計画が漏れて死んだ事になっている馬騰は、

正史では馬超が曹操を裏切った見せしめで処刑されているのです。

 

いかがでしょう、洛陽の東の群雄達の抗争にも劣らない西の群雄達の

動き、、馬超が出てくるまでの空白の数年間は、

馬騰や韓遂や龐徳、馬超が大活躍していたのです。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 弱点 蟻

 

よく読まれてる記事:曹操には弱点はないの?

 

相国 董卓 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

 

呂布 あっけない 最後

 

よく読まれてる記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

 

呂布 英雄石像

 

よく読まれてる記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 劉備 呂布 裏切り 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  2. そろばん関羽 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹…
  3. ツンデレ曹丕 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  4. 劉エン 劉縯 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  5. 吉川英治様表紙リスペクト 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  6. 袁紹の妃06 袁尚、袁譚 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてし…
  7. 関羽 一騎当千 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  8. 三人(魏 呉 蜀) 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. photo credit: 100329-A-4817Z-301 via photopin (license)
  2. 羌瘣
  3. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  4. 馬超
  5. 関羽
  6. 出来そうな奴には身分で差別
  7. 張魯 お宝
  8. 荀彧 怒る
  9. 01_main
  10. 司馬懿と公孫淵

おすすめ記事

  1. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう) 華雄と呂布
  2. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢 photo credit: Sleepy Valley - Nant Gwynant, Snowdonia via photopin (license)
  3. 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス 孔明
  4. 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの? 袁術と孫策
  5. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 曹操 孔明をチェック
  6. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった 荀彧 袁紹

三國志雑学

  1. 呂布 英雄石像
  2. 魏延 孔明
  3. photo credit: .... via photopin (license)
  4. 陳寿
  5. 劉備

ピックアップ記事

  1. photo credit: Something Glowing and Whirling via photopin (license)
  2. 韓信 股くぐり
  3. 表情 董卓04
  4. 信 キングダム
  5. 劉備 結婚
  6. 朝まで三国志 袁術
  7. 厳顔と張飛
  8. 矜持 陳寿 三国志

おすすめ記事

photo credit: ... via photopin (license) 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 管仲(衣食なして礼節を知る) 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相 袁紹の十敗、曹操の十勝 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 董允 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材 あじさい s 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者 董卓 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何? 龐統 ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統 烏桓 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

おすすめ記事

  1. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】 photo credit: Sunset Through Trees via photopin (license)
  2. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男 曹操 ヨイショ
  3. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法! 真田丸 NHK 引用
  4. 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ優しい人 photo credit: 'En-route to Drum' - Llanfairfechan via photopin (license)
  5. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす 夜 s
  6. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 貂蝉イラスト0011
  7. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣 photo credit: .... via photopin (license)
  8. 夏候惇と言えば独眼竜? 夏侯惇

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP