編集長日記
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

この記事の所要時間: 313

 

これまで触れてきました諸子百家の思想は、その多くが戦乱の時代を勝ち抜くために国家はどうあるべきかを論じる、

政治的あるいは軍事的な要素を多分に含むものでした。

 

それでは、軍事そのものを題材とした思想というものはあったのでしょうか?

もちろん、存在します。

 

諸子百家においては兵家(へいか)とよばれる思想家の唱えるものがそれです。

 

 

戦の勝敗を決めるのは天の意志ではなく人間である

関羽 死

 

兵家の思想を記した書物は多く残されていますが、その代表的な存在が『孫子』です。

『孫子』は紀元前500年頃(春秋時代)、当時の呉に仕えた人物、孫武が記したとされる書物です。

 

実は孫武以前の時代には、戦の勝敗は天運によって左右されるという考え方が大勢をしめていました。

 

『尉繚子』という兵法書の一節、“天官編”にこんな話が書かれています。

 

ある時、楚の国の将軍であった公子心(こうししん)という人物が斉の国の軍勢と戦おうとしていました。

しかし決戦の前日の夜、空には彗星が輝いていました。

 

彗星の尾は斉の方向を向いています。

この時代、彗星の尾が向く方向は天運を得ていると考えられており、

天官(天文を調べる役人)は公子心に戦ってはならないと忠告しました。

 

これに対して公子心は「彗星がいったい何を知っているというのだ?そんな運命は俺がひっくり返してやる」と答え、

翌日、斉との戦いで大勝を収めたといいます。

 

このような事例に見られるように、その時代、

戦争を行うに際してはまず天文を調べて天の意志が敵と味方、どちらに向いているかを調べるのが当たり前でした。

 

これを根本から否定し、戦争には勝つ理由と負ける理由があることを論理的に説明したのが、孫武の記した『孫子』でした。

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

4つのタイプに分けられる兵家

photo credit: Swamp Flight via photopin (license)

photo credit: Swamp Flight via photopin (license)

 

 

春秋戦国より後、後漢王朝の時代に偏差された歴史書『漢書』では、兵家を大きく4つのタイプに分類しています。

 

兵権謀家

 

国家的な計略の視点から戦争全体を俯瞰して大局的な戦略として扱う者。

孫武やその子孫とされる孫臏(そんびん)、法家としても知られる商鞅、漢の高祖劉邦の家臣であった韓信などが該当するとしています。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

 

兵形勢家

項羽 はじめての三国志002

局地的において、速攻と変幻自在な用兵をもって敵を打ち破る者。前線指揮官タイプ。

神話上の存在である蚩尤(しゆう)や、劉邦と覇権を争った項羽の名前があげられています。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

兵陰陽家

殷の大様002

陰陽五行の思想に基づく、超自然的な兵法を用いるとされる者。

 

兵技巧家

曹茂

軍隊の戦い方ではなく、己自身の武術を磨く者

 

 

日本への伝来と普及

日本 皇帝

 

日本には奈良時代に『孫子』が伝来していたことが『続日本紀』の記述にありますが、

当時の貴族階級の教養として広まる一方、実戦の場で『孫子』を活用する者はほとんどいませんでした。

 

これは、当時の日本の合戦が中国のような集団戦闘というよりも、

個人の技量がすべてを決する一対一の戦いが基本になっていたためでした。

 

日本で孫子を始めとする兵家の思想が積極的に取り入れられるようになったのは、戦国時代、足軽を中心とする組織戦が一般化してからでした。

徳川幕府の時代には兵家の思想が『兵学』と呼ばれる学問として隆盛を極めます。

 

宮本武蔵は兵家だった?

宮本武蔵

 

ところで『兵法書』と言われて、日本の有名な剣客、宮本武蔵の『五輪書』を思い出す人も多いのではないでしょうか?

宮本武蔵は『兵法家』と呼ばれていますが、中国の兵家=『兵法家』とはまったく別です。

 

中国の『兵法家』は『へいほうか』と読み、先に上げた兵家の思想家を指す言葉です。

これに対し日本の『兵法家』は『ひょうほうか』と読み、己の剣技を磨き、その極意をつたえる剣客を指す言葉です。

 

宮本武蔵は『ひょうほうか』であって『へいほうか』ではないわけです。

ちょっと、ややこしい話ですね。

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

 

よく読まれてる記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

 

photo credit: P6290038.sm via photopin (license)

photo credit: P6290038.sm via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件
  2. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  3. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  4. 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/2…
  6. 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーショ…
  7. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  8. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  2. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  3. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  4. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  6. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう! 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの? 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの? 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!? なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの? 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将

おすすめ記事

  1. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  2. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  3. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  4. 実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!
  5. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟
  6. 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?
  7. 『軍勢RPG 蒼の三国志』が、サービス4周年を記念し「12大キャンペーン」を実施。「四周年記念武将」も登場
  8. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP