編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

この記事の所要時間: 328

 

これまで触れてきました諸子百家の思想は、その多くが戦乱の時代を勝ち抜くために国家はどうあるべきかを論じる、

政治的あるいは軍事的な要素を多分に含むものでした。

 

それでは、軍事そのものを題材とした思想というものはあったのでしょうか?

もちろん、存在します。

 

諸子百家においては兵家(へいか)とよばれる思想家の唱えるものがそれです。

 

 

戦の勝敗を決めるのは天の意志ではなく人間である

関羽 死

 

兵家の思想を記した書物は多く残されていますが、その代表的な存在が『孫子』です。

『孫子』は紀元前500年頃(春秋時代)、当時の呉に仕えた人物、孫武が記したとされる書物です。

 

実は孫武以前の時代には、戦の勝敗は天運によって左右されるという考え方が大勢をしめていました。

 

『尉繚子』という兵法書の一節、“天官編”にこんな話が書かれています。

 

ある時、楚の国の将軍であった公子心(こうししん)という人物が斉の国の軍勢と戦おうとしていました。

しかし決戦の前日の夜、空には彗星が輝いていました。

 

彗星の尾は斉の方向を向いています。

この時代、彗星の尾が向く方向は天運を得ていると考えられており、

天官(天文を調べる役人)は公子心に戦ってはならないと忠告しました。

 

これに対して公子心は「彗星がいったい何を知っているというのだ?そんな運命は俺がひっくり返してやる」と答え、

翌日、斉との戦いで大勝を収めたといいます。

 

このような事例に見られるように、その時代、

戦争を行うに際してはまず天文を調べて天の意志が敵と味方、どちらに向いているかを調べるのが当たり前でした。

 

これを根本から否定し、戦争には勝つ理由と負ける理由があることを論理的に説明したのが、孫武の記した『孫子』でした。

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

4つのタイプに分けられる兵家

photo credit: Swamp Flight via photopin (license)

photo credit: Swamp Flight via photopin (license)

 

 

春秋戦国より後、後漢王朝の時代に偏差された歴史書『漢書』では、兵家を大きく4つのタイプに分類しています。

 

兵権謀家

 

国家的な計略の視点から戦争全体を俯瞰して大局的な戦略として扱う者。

孫武やその子孫とされる孫臏(そんびん)、法家としても知られる商鞅、漢の高祖劉邦の家臣であった韓信などが該当するとしています。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

 

兵形勢家

項羽 はじめての三国志002

局地的において、速攻と変幻自在な用兵をもって敵を打ち破る者。前線指揮官タイプ。

神話上の存在である蚩尤(しゆう)や、劉邦と覇権を争った項羽の名前があげられています。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

兵陰陽家

殷の大様002

陰陽五行の思想に基づく、超自然的な兵法を用いるとされる者。

 

兵技巧家

曹茂

軍隊の戦い方ではなく、己自身の武術を磨く者

 

 

日本への伝来と普及

日本 皇帝

 

日本には奈良時代に『孫子』が伝来していたことが『続日本紀』の記述にありますが、

当時の貴族階級の教養として広まる一方、実戦の場で『孫子』を活用する者はほとんどいませんでした。

 

これは、当時の日本の合戦が中国のような集団戦闘というよりも、

個人の技量がすべてを決する一対一の戦いが基本になっていたためでした。

 

日本で孫子を始めとする兵家の思想が積極的に取り入れられるようになったのは、戦国時代、足軽を中心とする組織戦が一般化してからでした。

徳川幕府の時代には兵家の思想が『兵学』と呼ばれる学問として隆盛を極めます。

 

宮本武蔵は兵家だった?

宮本武蔵

 

ところで『兵法書』と言われて、日本の有名な剣客、宮本武蔵の『五輪書』を思い出す人も多いのではないでしょうか?

宮本武蔵は『兵法家』と呼ばれていますが、中国の兵家=『兵法家』とはまったく別です。

 

中国の『兵法家』は『へいほうか』と読み、先に上げた兵家の思想家を指す言葉です。

これに対し日本の『兵法家』は『ひょうほうか』と読み、己の剣技を磨き、その極意をつたえる剣客を指す言葉です。

 

宮本武蔵は『ひょうほうか』であって『へいほうか』ではないわけです。

ちょっと、ややこしい話ですね。

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

 

よく読まれてる記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

 

photo credit: P6290038.sm via photopin (license)

photo credit: P6290038.sm via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリー…
  2. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…
  3. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  4. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  5. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…
  6. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  7. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だ…
  8. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】
  3. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士
  4. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  5. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  6. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏 これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる! 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

おすすめ記事

  1. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  2. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山
  3. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  4. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  5. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  6. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣
  7. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  8. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP