英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?




戦争論

 

これまで触れてきました諸子百家の思想は、

その多くが戦乱の時代を勝ち抜くために国家はどうあるべきかを論じる、

政治的あるいは軍事的な要素を多分に含むものでした。

 

それでは、軍事そのものを題材とした思想というものはあったのでしょうか?

もちろん、存在します。

 

諸子百家においては兵家(へいか)とよばれる思想家の唱えるものがそれです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

 

 

戦の勝敗を決めるのは天の意志ではなく人間である

関羽 死

 

兵家の思想を記した書物は多く残されていますが、その代表的な存在が『孫子』です。

『孫子』は紀元前500年頃(春秋時代)、当時の呉に仕えた人物、孫武が記したとされる書物です。

 

実は孫武以前の時代には、戦の勝敗は天運によって左右されるという考え方が大勢をしめていました。

 

『尉繚子』という兵法書の一節、“天官編”にこんな話が書かれています。

 

ある時、楚の国の将軍であった公子心(こうししん)という人物が、

斉の国の軍勢と戦おうとしていました。

しかし決戦の前日の夜、空には彗星が輝いていました。

 

彗星の尾は斉の方向を向いています。

この時代、彗星の尾が向く方向は天運を得ていると考えられており、

天官(天文を調べる役人)は公子心に戦ってはならないと忠告しました。

 

これに対して公子心は「彗星がいったい何を知っているというのだ?

そんな運命は俺がひっくり返してやる」と答え、

翌日、斉との戦いで大勝を収めたといいます。

 

このような事例に見られるように、その時代、

戦争を行うに際してはまず天文を調べて天の意志が敵と味方、

どちらに向いているかを調べるのが当たり前でした。

 

これを根本から否定し、戦争には勝つ理由と負ける理由があることを論理的に説明したのが、

孫武の記した『孫子』でした。

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

4つのタイプに分けられる兵家

 

 

春秋戦国より後、後漢王朝の時代に偏差された歴史書『漢書』では、

兵家を大きく4つのタイプに分類しています。

 

 

兵権謀家

商鞅

 

国家的な計略の視点から戦争全体を俯瞰して大局的な戦略として扱う者。

孫武やその子孫とされる孫臏(そんびん)、法家としても知られる商鞅(しょうおう)、

漢の高祖劉邦の家臣であった韓信などが該当するとしています。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

 

兵形勢家

項羽 はじめての三国志002

局地的において、速攻と変幻自在な用兵をもって敵を打ち破る者。前線指揮官タイプ。

神話上の存在である蚩尤(しゆう)や、劉邦と覇権を争った項羽の名前があげられています。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

兵陰陽家

殷の大様002

陰陽五行の思想に基づく、超自然的な兵法を用いるとされる者。

 

兵技巧家

曹茂

軍隊の戦い方ではなく、己自身の武術を磨く者

 

 

日本への伝来と普及

 

日本には奈良時代に『孫子』が伝来していたことが『続日本紀』の記述にありますが、

当時の貴族階級の教養として広まる一方、実戦の場で『孫子』を活用する者はほとんどいませんでした。

 

これは、当時の日本の合戦が中国のような集団戦闘というよりも、

個人の技量がすべてを決する一対一の戦いが基本になっていたためでした。

 

日本で孫子を始めとする兵家の思想が積極的に取り入れられるようになったのは、

戦国時代、足軽を中心とする組織戦が一般化してからでした。

徳川幕府の時代には兵家の思想が『兵学』と呼ばれる学問として隆盛を極めます。

 

宮本武蔵は兵家だった?

宮本武蔵

 

ところで『兵法書』と言われて、日本の有名な剣客、

宮本武蔵の『五輪書』を思い出す人も多いのではないでしょうか?

宮本武蔵は『兵法家』と呼ばれていますが、中国の兵家=『兵法家』とはまったく別です。

 

中国の『兵法家』は『へいほうか』と読み、先に上げた兵家の思想家を指す言葉です。

これに対し日本の『兵法家』は『ひょうほうか』と読み、己の剣技を磨き、

その極意をつたえる剣客を指す言葉です。

 

宮本武蔵は『ひょうほうか』であって『へいほうか』ではないわけです。

ちょっと、ややこしい話ですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  2. 餓えた農民(水滸伝) 【濡須口の戦い】曹操の大失敗!江西を無人にしてしまった愚策とは?…
  3. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将
  4. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  5. 関羽 関索 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった…
  6. 李儒と三国志 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  7. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  8. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 袁術と孫策
  3. 曹操 孔明をチェック
  4. 李儒と三国志
  5. 真田丸 武田信玄
  6. 残忍な曹丕

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部
  2. 【将苑】諸葛亮の兵法に学ぶ熟年離婚を防ぐ法
  3. 【祝】はじめての三国志月間180万PV達成、皆さまへ御礼の言葉
  4. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  5. 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた 曹彰
  6. 黄蓋は苦肉の策だけではない!レッドクリフでも大活躍した黄蓋の逸話 奮闘する黄蓋

三國志雑学

  1. 劉禅 韓非子
  2. 顔良と関羽
  3. 関帝廟 関羽
  4. 苛ついている曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 三国志の地図(州)

おすすめ記事

【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介 はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり 曹休 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの? 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP