ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

法律による国家の統治を唱えた法家の思想

法家の立場を取った多くの人たちが歴史にその名を残しています。

 

管鮑の交わり』の故事で有名な管仲(かんちゅう)や、

孫子』の孫武や孫臏とならんで兵家としても知られた呉起なども法家の人物として知られています。

 

ここでは、法家の成立に大きく貢献した2人の人物を紹介しましょう。

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

関連記事:管仲は道徳より経済の安定を優先した

 

 

秦帝国の礎を作った商鞅(しょうおう)ってどんな人?

商鞅(しょうおう)は本名を公孫鞅と言います。

魏の国の宰相であった公叔座の食客となりますが、魏の恵王は商鞅を軽んじていました。

 

公叔座の死後、魏を離れた商鞅は秦の君主、孝公に謁見、

三度の謁見を経て孝公の信任を得ることに成功して秦の国政改革に乗り出します。

 

商鞅が秦国で最初に行った仕事

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

商鞅は法治主義で国を支配するためには、まず人民に法を信用させることが必要だと考えました。

 

彼は城の南門の前に高さ三丈(約25メートル)もある大木を植えた上で、

『この木を北門に植え替えた者には十金を与える』という布告を出しました。

 

しかし民衆はこの布告を怪しみ、誰も木を移植しようとはしません。

そこで商鞅は賞金額を」五十金に吊り上げました。

すると、ある人物が木を植え替えます。

商鞅は彼に五十金の賞金を支払い、人民の信頼を得ることに成功しました。

 

商鞅は二度に渡って法を改正し、国政改革を推進します。

 

郡県制を敷き、度量衡(物の量、重さ、長さの単位)を統一するなど合理的な制度改革によって、

秦はその国力を強大化し、戦国七雄とよばれる大国に成長することになります。

 

関連記事:法律が厳しすぎて起こった秦国の珍事の数々

 

恨みと反感を持たれてしまった商鞅

国政改革を成し遂げた商鞅ですが、一方ではその強権的な進め方に恨みと反感を示す者もいました。

商鞅を重用した孝公が没すると、商鞅は彼に恨みを抱いてきた者たちによって謀反の罪を着せられます。

 

何も持たないまま都から落ち延びようとした商鞅でしたが、夜になって宿に泊まろうとすると、

宿屋の主人に『法律で旅券を持たないものは泊められないのです』と断られてしまいます。

 

商鞅は『法律を徹底したことがこんな結果をもたらそうとは』と、大いに嘆いたとされています。

結局、商鞅は挙兵しますが討伐軍に敗れて戦死し、

その死体は見せしめとして引き裂かれ、晒しものとされてしまいました。

 

商鞅によって強大化した秦はやがて全土統一を果たします。

 

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

 

不遇な生涯を送った韓非(かんぴ)ってどんな人?

韓非

 

韓非は戦国時代の末期の人物で『韓非子』を執筆したことで知られています。

韓非子』は性悪説に基づく厳格な法治主義を説いた書物として知られ、後世にも大きな影響を与えることになります。

 

韓非には幼少期から重度の吃音があり、そのせいで親類から見下されていました。

しかし、彼には文才があり、学問を好みました。

 

韓非は後に秦の宰相となる李斯(りし)と共に、

性悪説を唱えたことで知られる儒家の筍子に師事したとされています。

 

関連記事:筍子って誰?性悪説を唱えた、荀彧・荀攸の先祖

関連記事:性悪説(せいあくせつ)って何?

 

韓非子が生まれたきっかけ

韓非 キングダム

 

筍子の下で学んだ後、故郷の韓に帰った韓非は、当時最弱とされていた祖国の現状を嘆き、

幾度も王に提言しようとしますが、王からは無視されてしまいます。

 

王に提言を聞き入れられなかった韓非は己の不遇を嘆き、せめてその思いを書き残そうと考えました。

こうして執筆されたのが『韓非子』とされています。

 

韓非と秦王・政との出会い

李斯

韓非は隣国である秦への使者に抜擢されます。

この頃、韓は事実上秦の属国となっていましたが、秦国内では韓の面従腹背を理由意を完全併呑する議論が起こっていました。

韓非はその弁明の使者として秦に使わされたのでした。

 

秦王である政(後の秦の始皇帝)は韓非の書き起こした書物を読んだことがあり、これを機に韓非を召し抱えたいと考えます。

しかし、それに待ったをかけたものがいました。それこそが、かつての韓非の学友である李斯でした。

実は韓を併呑する議論が秦王朝で起きていたのも、彼の提言が原因でした。

 

関連記事:秦の始皇帝・政が法家を重視した理由

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

 

李斯は学友・韓非の才能を恐れる

李斯 ネズミ

 

李斯は韓非の才能を恐れ、政が彼を召し抱えればきっと自分の立場が危うくなると考えます。

当時、秦国内では外国人に対する反感が高まっていました。

 

この風潮を背景に李斯は秦王に讒言し、韓非は囚われてしまいます。

 

結局、韓非は李斯によって届けられた毒を獄中であおり、死んでしまいました。

不遇な生涯を送った韓非でしたが、その書物は現代にも伝えられ、影響を与えています。

 

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:後世に影響を残した法治主義

関連記事:曹操も諸葛孔明も法治主義者

 

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

 

よく読まれてる記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 城 銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ
  2. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  3. 孔明 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮の死は正史三国志と三国志演義では全然違う件
  5. 三国志の女性 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  6. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  7. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路…
  8. 関興と張苞 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 君主論18 kawausoさん
  3. 劉備にアドバイスをする法正
  4. 朝まで三国志2017-77 kawauso
  5. 棗祇(そうし)食料・兵糧担当

おすすめ記事

  1. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる 真田丸 武田信玄
  2. 徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生 大政奉還した徳川慶喜
  3. キングダム最新617話ネタバレ予想vol4「リアルな山の民とはどんな人々?」 楊端和
  4. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人?
  5. 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹介 南蛮胴を身に着けた織田信長
  6. 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権 孫権

三國志雑学

  1. 苛ついている曹操
  2. 曹操
  3. 貂蝉
  4. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  5. 作戦勝ちする陳登


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  3. キングダム54巻amazon
  4. 袁尚と対立する袁譚
  5. 周瑜
  6. 司馬懿と公孫淵

おすすめ記事

楚の旗と兵士 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二 英雄曹操とナポレオンを比較 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた 赤壁の戦いで敗北する曹操 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ 後宮にいる美女の階級事情 後宮に入っても安泰じゃない?女の園の階級闘争とは 岩瀬忠震 【岩瀬忠震の外交交渉】ハリスと日米修好通商条約の交渉人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP