はじめての三国志

menu

はじめての変

キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

この記事の所要時間: 414

法律による国家の統治を唱えた法家の思想

法家の立場を取った多くの人たちが歴史にその名を残しています。

 

管鮑の交わり』の故事で有名な管仲(かんちゅう)や、

孫子』の孫武や孫臏とならんで兵家としても知られた呉起なども法家の人物として知られています。

 

ここでは、法家の成立に大きく貢献した2人の人物を紹介しましょう。

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

関連記事:管仲は道徳より経済の安定を優先した

 

 

秦帝国の礎を作った商鞅(しょうおう)ってどんな人?

商鞅(しょうおう)は本名を公孫鞅と言います。

魏の国の宰相であった公叔座の食客となりますが、魏の恵王は商鞅を軽んじていました。

 

公叔座の死後、魏を離れた商鞅は秦の君主、孝公に謁見、

三度の謁見を経て孝公の信任を得ることに成功して秦の国政改革に乗り出します。

 

商鞅が秦国で最初に行った仕事

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

商鞅は法治主義で国を支配するためには、まず人民に法を信用させることが必要だと考えました。

 

彼は城の南門の前に高さ三丈(約25メートル)もある大木を植えた上で、

『この木を北門に植え替えた者には十金を与える』という布告を出しました。

 

しかし民衆はこの布告を怪しみ、誰も木を移植しようとはしません。

そこで商鞅は賞金額を」五十金に吊り上げました。

すると、ある人物が木を植え替えます。

商鞅は彼に五十金の賞金を支払い、人民の信頼を得ることに成功しました。

 

商鞅は二度に渡って法を改正し、国政改革を推進します。

 

郡県制を敷き、度量衡(物の量、重さ、長さの単位)を統一するなど合理的な制度改革によって、

秦はその国力を強大化し、戦国七雄とよばれる大国に成長することになります。

 

関連記事:法律が厳しすぎて起こった秦国の珍事の数々

 

恨みと反感を持たれてしまった商鞅

国政改革を成し遂げた商鞅ですが、一方ではその強権的な進め方に恨みと反感を示す者もいました。

商鞅を重用した孝公が没すると、商鞅は彼に恨みを抱いてきた者たちによって謀反の罪を着せられます。

 

何も持たないまま都から落ち延びようとした商鞅でしたが、夜になって宿に泊まろうとすると、

宿屋の主人に『法律で旅券を持たないものは泊められないのです』と断られてしまいます。

 

商鞅は『法律を徹底したことがこんな結果をもたらそうとは』と、大いに嘆いたとされています。

結局、商鞅は挙兵しますが討伐軍に敗れて戦死し、

その死体は見せしめとして引き裂かれ、晒しものとされてしまいました。

 

商鞅によって強大化した秦はやがて全土統一を果たします。

 

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

 

不遇な生涯を送った韓非(かんぴ)ってどんな人?

韓非

 

韓非は戦国時代の末期の人物で『韓非子』を執筆したことで知られています。

韓非子』は性悪説に基づく厳格な法治主義を説いた書物として知られ、後世にも大きな影響を与えることになります。

 

韓非には幼少期から重度の吃音があり、そのせいで親類から見下されていました。

しかし、彼には文才があり、学問を好みました。

 

韓非は後に秦の宰相となる李斯(りし)と共に、

性悪説を唱えたことで知られる儒家の筍子に師事したとされています。

 

関連記事:筍子って誰?性悪説を唱えた、荀彧・荀攸の先祖

関連記事:性悪説(せいあくせつ)って何?

 

韓非子が生まれたきっかけ

韓非 キングダム

 

筍子の下で学んだ後、故郷の韓に帰った韓非は、当時最弱とされていた祖国の現状を嘆き、

幾度も王に提言しようとしますが、王からは無視されてしまいます。

 

王に提言を聞き入れられなかった韓非は己の不遇を嘆き、せめてその思いを書き残そうと考えました。

こうして執筆されたのが『韓非子』とされています。

 

韓非と秦王・政との出会い

李斯

韓非は隣国である秦への使者に抜擢されます。

この頃、韓は事実上秦の属国となっていましたが、秦国内では韓の面従腹背を理由意を完全併呑する議論が起こっていました。

韓非はその弁明の使者として秦に使わされたのでした。

 

秦王である政(後の秦の始皇帝)は韓非の書き起こした書物を読んだことがあり、これを機に韓非を召し抱えたいと考えます。

しかし、それに待ったをかけたものがいました。それこそが、かつての韓非の学友である李斯でした。

実は韓を併呑する議論が秦王朝で起きていたのも、彼の提言が原因でした。

 

関連記事:秦の始皇帝・政が法家を重視した理由

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

 

李斯は学友・韓非の才能を恐れる

李斯 ネズミ

 

李斯は韓非の才能を恐れ、政が彼を召し抱えればきっと自分の立場が危うくなると考えます。

当時、秦国内では外国人に対する反感が高まっていました。

 

この風潮を背景に李斯は秦王に讒言し、韓非は囚われてしまいます。

 

結局、韓非は李斯によって届けられた毒を獄中であおり、死んでしまいました。

不遇な生涯を送った韓非でしたが、その書物は現代にも伝えられ、影響を与えています。

 

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:後世に影響を残した法治主義

関連記事:曹操も諸葛孔明も法治主義者

 

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

 

よく読まれてる記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】
  2. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!…
  3. みんな~!数学の時間だよ~!算木を使って問題を解いてみよう
  4. 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?
  5. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…
  6. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  7. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だっ…
  8. 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~
  2. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  3. 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?
  4. 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人生設計】
  5. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  6. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

李福(りふく)はどんな人?諸葛孔明の遺言を運んだメッセンジャー 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの? 【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった? 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの? 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの? 張郃と顔良強いのは一体どっちだ?

おすすめ記事

  1. 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない
  2. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!
  3. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  4. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  5. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』
  6. 小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?
  7. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)
  8. 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP