三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる




嫪毐 ろうあい

 

本家キングダムでは、毐国(あいこく)を独自に建国して、秦王政を亡きモノにし

愛人である太后の産んだ子供を王位に就けようとして滅ぼされた嫪毐(ろうあい)

 

彼は、どのような経緯で栄光と破滅の道を歩んだのでしょうか?

男のウェポン一本で天下を掴もうとした男の人生を追います。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 




よく分からない嫪毐の半生

photo credit: Honey Agaric via photopin (license)

photo credit: Honey Agaric via photopin (license)

 

 

嫪毐は紀元前238年に殺された事は分かりますが、産まれた年から、

呂不偉(りょふい)に見出されるまでの事は分かっていません。

 

ただ、自身の武器が巨大であるという事が世間に知れ渡っている事を考えると

カタギの仕事をしていた人ではなく食客のように各地を渡り歩いていた任侠か

旅芸人のような存在だったのかも知れません。

 

もし、そうなら嫪毐が宴会で自身のモノを披露して

笑いを取るというような事もしたかも知れず、呂不偉(りょふい)に

名前が知れたという推測は立てやすいのです。




丞相、呂不偉、秦王政の母、太后と不義密通を犯す

呂不韋

 

呂不偉は、今や秦王政の母として国母となっている太后と不倫の関係でした。

元々、太后は趙妃といい呂不偉の元にいた芸妓の1人だったのです。

それを秦の王子であった子楚(しそ)の願いで譲ったのが事の始まりでした。

 

この子楚は、呂不偉の売り込みにより、二十名以上もいた王子を押しのけて、

秦の荘襄王(そうじょうおう)として即位しますが、たった三年で病死しました。

そこで、功労のあった呂不偉も引き立てを受けて丞相になります。

 

夫である秦王を失った太后は生来、性欲の強い女性であったと言われ、

常に激しい欲求不満を抱えていました。

そこで、秦の丞相として絶大な権力を奮う元恋人の呂不偉に近づいてきたのです。

 

呂不偉はこれまでのいきさつで、これを断れず太后と関係します。

しかし、30代の女盛りの太后と50を過ぎた呂不偉では釣り合わず

呂不偉は太后を満足させるのが難しくなっていました。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

商人、呂不偉 嫪毐のウェポンを最大限に売り込む

宦官集合 

身の破滅を予感した呂不偉が、自分の身代りとして

後宮に送り込もうと考えたのが嫪毐でした。

 

恐らく呂不偉は嫪毐を自分がコントロールできる程度の人物だと

値踏みしたという事でしょう。

 

そこで呂不偉は、嫪毐の男のウェポンの噂が太后の耳に入るように

最高のPRになる仕掛けを思いつきます。

 

桐製の車輪に嫪毐のウェポンを嵌めこみクルクル回す

 

呂不偉は、まず嫪毐を自分の食客として雇い入れて、大きな宴会を催します。

そして、何百名という宴会の出席者の酔いが回った頃に、嫪毐を呼び出して

下半身を露出させ、そこに桐で造った馬車の車輪をパイルダ―オンさせ

卑猥な歌詞を歌いながらクルクルと車輪を回しました。

 

一見すると、ただのゲスな下ネタですが、ここには元商人の呂不偉の

商品を売り込む叡智が隠されています。

 

呂不偉のスペシャルプレゼン PR三カ条

呂不韋

まず、重たい馬車の車輪に負けないだけの嫪毐のウェポンの強度、

そして、車輪から落ちないだけのウェポンの太さと長さと角度、

そして大観衆が見ていても、しおしおにならないウェポンのタフさ

 

この条件が揃わないと車輪は回るどころか落ちてしまいます。

ただの卑猥な催しではない、これこそは嫪毐のウェポンを売り込む為の

呂不偉のベストとも言えるプレゼンだったのです。

 

そして、嫪毐のウェポンの噂は欲求不満の太后の耳に届き、

呂不偉に「内々に嫪毐をみたい」という打診がありました。

こうして、呂不偉の企みは見事に成功したのです。

 

嫪毐、宦官と偽り、後宮に入る

宦官VS外威 三国志

 

嫪毐は、ここまでやり手の呂不偉の言いなりだったようです。

自身の出世の為なら、人殺しも平気で出来るような呂不偉ですから、

嫪毐が「出来ない」と拒否したら口封じで殺したでしょう。

 

それなりの大金をもらい、その日暮らしからは逃れたものの、

嫪毐は、本当に大丈夫なのか?と生きた心地がしなかったと思います。

 

何しろ、「国母と敬われる太后を性的に満足させろ」という命令です。

 

普通の神経では、とても受ける事が出来ない恐ろしい事です。

ともあれ嫪毐は身分を偽り宦官として太后の側に仕えるようになります。

 

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

関連記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

太后を満足させる嫪毐、そして彼に野望が産まれる

photo credit: It's autumn! via photopin (license)

photo credit: It’s autumn! via photopin (license)

 

太后は嫪毐のウェポンにすぐに夢中になりました。

そして、嫪毐も太后の欲求に負けないだけの力を持っていたのです。

 

太后のいる後宮は、呂不偉どころか、秦王政でも許可なく入れません。

太后は国母として秦の全人民にリスペクトされる存在でした。

 

その太后を虜にしている事で嫪毐の心には野心が生まれます。

 

「秦において、最も偉いのは太后だ・・

その太后は俺様に夢中で俺の言う事なら何でも聞こうとする。

もう呂不偉など恐れる事はない、いや、秦王さえも!!」

 

こうして嫪毐は次第に呂不偉の命令も聞かなくなります。

太后が後ろ盾になっている事で、嫪毐になびく人間も出てきます。

こうして嫪毐は、長信候に封じられ、多くの食客を囲う様になります。

呂不偉の値踏みは外れ嫪毐は呂不偉や秦王も脅かす存在になっていくのです。

 

太后懐妊!嫪毐は反乱を決意する

 

やがて、太后は懐妊して二人の子供を産みます。

もちろん、父親は嫪毐という事になります。

 

いかに、後宮が密室でも子供がうろうろしている事まで

隠し通せるようなものではありません。

 

やがて、嫪毐と太后の密通は密告として秦王政の耳に入ります。

政は動揺しますが事態が事態なので内偵を入れて慎重に確認しようとします。

もはやこれまでと思った嫪毐は、玉璽を盗み出して兵を動かそうとします。

 

これが嫪毐の乱で、成功すれば嫪毐は、太后との間に生まれた子供を

王位に就けて、自分は、丞相として国政を執るつもりでした。

 

嫪毐の乱失敗、その哀れな最後

photo credit: Soft Colours Flowers via photopin (license)

photo credit: Soft Colours Flowers via photopin (license)

 

ところが、嫪毐の反乱は、とっくに秦王政の織り込み済みでした。

反乱は呆気なく鎮圧されてしまいます。

 

嫪毐は、王位を狙った大罪人として、車裂きの刑に処せられます。

車裂きの刑とは、首と両手両足を縄で五頭の馬に繋ぎ、合図と同時に

馬を罪人の反対方向に走らせるという残虐な処刑法です。

 

嫪毐の体はバラバラに引き裂かれて一瞬で絶命しました。

さらに秦王政は、太后と嫪毐の間に生まれた二人の子供の処刑を

命じます、太后は哀願して助命を願いますが無駄でした。

 

太后と呂不韋はどうなったの?

 

太后だけは、国母としての立場から何の罪にも問えませんでしたが、

実の子供と愛人を息子に殺された衝撃は大きく、幽閉された雍(よう)城で

失意の内に十年後、紀元前228年に死去しました。

 

嫪毐を後宮に送り込んだ呂不偉の悪事も露見して、

彼も数年後には命を断つ事になります。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

男のウェポンが巨大であるというだけで歴史に記録された嫪毐。

しかし、最後には開き直り、自分の野望に正直に反乱を起した点を見ると

ただのイチモツ自慢の無能な人物ではなく、相応の山っ気を持つ、

一癖ある人物ではないか?と個人的には思います。

 

元々は、任侠の徒か、旅芸人ではないか?という推測も、

この逆ギレ反乱の大胆さから考えた事でもあります。

 

キングダムでは、愛に飢えていた太后を本気で愛し、

子供達を王位に就けて絶望的な未来を拓こうとした好人物として

描かれている嫪毐、本当の所はどうだったんでしょうね?

 

関連記事:成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




こちらの記事もよく読まれています

王騎 キングダム

 

 

よく読まれてる記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

趙高 キングダム

 

よく読まれてる記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

項羽と劉邦

 

よく読まれてる記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第13部
  3. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女と…
  4. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  5. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…
  6. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  7. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3
  8. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!
  2. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 孫策、陸遜、顧邵、他
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【11/13〜11/19】
  4. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!
  5. 興収10億円突破!映画『関ヶ原』岡田准一の見どころと辛口批評するよ!
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の孫堅
  2. 劉備と孫権

おすすめ記事

読者の声(2018年12月5日〜12月14日) 三国時代の音楽ってどんな感じだったの? 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家 キングダム582話ネタバレ予想vol2玉鳳隊と飛信隊の関係は史実? 豊臣秀吉 戦国時代 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人? 島津斉彬は日蓮正宗に帰依していたの? 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

おすすめ記事

  1. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る
  2. 袁紹の評価が残念な6つの理由 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案
  4. どうして明智光秀は織田信長を討てたのか? 明智光秀 麒麟がくる
  5. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  6. 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  7. 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか?
  8. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP