嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

嫪毐 ろうあい

 

本家キングダムでは、毐国(あいこく)を独自に建国して、秦王政を亡きモノにし愛人である太后の産んだ子供を王位に就けようとして滅ぼされた嫪毐(ろうあい)。彼は、どのような経緯で栄光と破滅の道を歩んだのでしょうか?

 

男のウェポン一本で天下を掴もうとした男の人生を追います。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 


よく分からない嫪毐の半生

 

嫪毐は紀元前238年に殺された事は分かりますが、産まれた年から、呂不偉(りょふい)に見出されるまでの事は分かっていません。ただ、自身の武器が巨大であるという事が世間に知れ渡っている事を考えるとカタギの仕事をしていた人ではなく食客のように各地を渡り歩いていた任侠か旅芸人のような存在だったのかも知れません。

 

もし、そうなら嫪毐が宴会で自身のモノを披露して笑いを取るというような事もしたかも知れず、呂不偉(りょふい)に名前が知れたという推測は立てやすいのです。


丞相、呂不偉、秦王政の母、太后と不義密通を犯す

呂不韋

 

呂不偉は、今や秦王政の母として国母となっている太后と不倫の関係でした。元々、太后は趙妃といい呂不偉の元にいた芸妓の1人だったのです。それを秦の王子であった子楚(しそ)の願いで譲ったのが事の始まりでした。

 

この子楚は、呂不偉の売り込みにより、二十名以上もいた王子を押しのけて、秦の荘襄王(そうじょうおう)として即位しますが、たった三年で病死しました。そこで、功労のあった呂不偉も引き立てを受けて丞相になります。

 

夫である秦王を失った太后は生来、性欲の強い女性であったと言われ、常に激しい欲求不満を抱えていました。そこで、秦の丞相として絶大な権力を奮う元恋人の呂不偉に近づいてきたのです。呂不偉はこれまでのいきさつで、これを断れず太后と関係します。しかし、30代の女盛りの太后と50を過ぎた呂不偉では釣り合わず呂不偉は太后を満足させるのが難しくなっていました。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家


商人、呂不偉 嫪毐のウェポンを最大限に売り込む

宦官集合 

身の破滅を予感した呂不偉が、自分の身代りとして後宮に送り込もうと考えたのが嫪毐でした。恐らく呂不偉は嫪毐を自分がコントロールできる程度の人物だと値踏みしたという事でしょう。そこで呂不偉は、嫪毐の男のウェポンの噂が太后の耳に入るように最高のPRになる仕掛けを思いつきます。


桐製の車輪に嫪毐のウェポンを嵌めこみクルクル回す

 

呂不偉は、まず嫪毐を自分の食客として雇い入れて、大きな宴会を催します。そして、何百名という宴会の出席者の酔いが回った頃に、嫪毐を呼び出して下半身を露出させ、そこに桐で造った馬車の車輪をパイルダ―オンさせ卑猥な歌詞を歌いながらクルクルと車輪を回しました。一見すると、ただのゲスな下ネタですが、ここには元商人の呂不偉の商品を売り込む叡智が隠されています。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 王翦
  2. 呂不韋
  3. 「燕」の旗を持った兵士
  4. 孫武(ゆるキャラ)

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 車輪だけでなく頭も回る
    • 2021年 12月 31日

    当時の秦で封地を持っていたのは呂不韋と嫪アイの二人だけ。嫪アイが相当な力を持っていたのは確かです。
    しかし、毐が後からあてられた悪字であることから分かるように、嫪アイの実像は歴史から消されています。
    また太后が外戚を要職に就けた記録はありません。彼女は権勢を濫用するような人物ではありませんでした。
    つまりウェポンの威力だけであれ程の出世はできない⇒かなり頭が切れる人物だったの間違いないでしょう。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP