孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)




孫権 弔い出陣

 

孫権(そんけん)がどうしても欲しかった合肥城「前半」を以前、掲載させていただきました。

読んでいない方はご覧ください。今回は「後半」を紹介していきます。

 

前回記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




再び敗れる孫権軍

遅れて来た孫権 英雄

 

合肥城攻略戦は第一回、第二回共に、なんの戦果も挙げられず、多大の犠牲と兵糧を消費するだけで終わってしまいます。

孫権は過去二回の失敗を全く気にせず、三度目の合肥城攻略戦へと出陣します。

彼は、いざ合肥に向かうと城が無くなっている事に気付きます。

 

調査員を派遣すると、河から離れたところに新しい城が出来ており、敵の総司令官の居城近くに築城されていました。

孫権は、どうすべきか迷いましたが、河から遠い場所に城を築城したのは、魏が弱気になったためと判断します。

彼は諸将に上陸を命じ、合肥新城に向けて出陣を開始します。

しかし、ある理由により、孫権軍は合肥新城に到達できませんでした。

突然ですが第一回はじさん三国志クイズ!!

 

関連記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

関連記事:荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです




孫権軍が合肥新城に到達できなかった理由とは?

はてな

 

孫権軍は、どうして合肥新城に到達できなかったのでしょう。以下の三択から答えてにゃ。

 

1疲れたから帰った。

2伏兵に襲われた。

3孫権軍に落雷が落ちて、孫権が丸焦げになってしまった。

 

さぁお答えくださいまし。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志クイズの回答発表!?

photo credit: ‘Sleepy Valley’ – Cwm Hirnant, Bala via photopin (license)

 

正解は2番です。

 

孫権軍は対呉戦線総の司令官・満寵(まんちょう)が設置した伏兵により襲撃されました。

損害は軽微でしたが、孫権は軍の士気がガタ落ちした事を見て、退却を決意します。

また、なんの戦果を挙げる事無く合肥の地を後にします。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2

関連記事:満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 司馬懿
  2. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者
  3. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  4. 劉虞

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP