曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

曹操VS孫権R1

208年の赤壁の戦いのあと、

劉備と曹操は漢中(かんちゅう)で激突しますが、

孫権は曹操と合肥(がっぴ)で戦いを繰り広げます。

 

合肥を巡る戦いは、赤壁の直後から始まり、

長い膠着状態をへて217年まで続きました。

 

関連記事:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す

関連記事:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】

 

[adsense]
 

208年、孫権が合肥を攻撃するが敗北

張遼 カカロットーーーー!

 

孫権軍は赤壁での勝利の勢いに乗じて合肥に攻め込みますが

膠着状態に陥ります。

 

それを打破したのが、曹操軍の張遼(ちょうりょう)でした。

張遼は孫権を挑発し、孫権はそれにのってしまいます。

 

張遼と孫権軍の武将、太史慈(たいしじ)の一騎打ちが

行われますが、両者互角で70、80合打ち合ったとき、

孫権が命を狙われ危機に陥ります。

 

そこで太史慈は引き返し、孫権軍は敗北してします。

 

その後、合肥城を攻めた太史慈は、張遼の待ち伏せにあい、

斬り殺されてしまいます。

 

関連記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

 

212年、曹操が江南に進軍するも撤退

馬超

この時期の曹操は、孫権と戦うと同時に、馬超との戦を行っており、

うまく孫権軍に兵力を裂けない状態が続いていました。

 

ようやく馬超との戦に決着がついた曹操は、

212年、40万の大軍を率いて孫権軍と対峙します。

 

しかし、孫権軍は曹操がやってくる前までに、

しっかりと防備を固めていました。

水軍で迎え撃ち、戦は長期化します。

 

曹操はついに撤退を決め、孫権軍の勝利に終わりました。

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事: 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:馬超と張飛の一騎打ち

関連記事:馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い

 

215年、孫権、再び合肥へ攻め込むも敗北

孔明バージョン 三国志 軍師

215年、曹操は漢中攻略に向かいました。

蜀の孔明から、「今のうちですぞ!」とそそのかされ、

孫権は再び合肥に進軍します。

 

はじめに、皖城(かんじょう)を攻略しました。

皖城は合肥の兵糧をまかなっている場所だったので、

孫権は勢いづきます。

そのまま合肥へ攻め上りました。

 

張遼により孫権軍は大ダメージ

泣く子も張遼

 

しかしここで思わぬことが起こりました。

魏軍の武将、張遼の鬼神のごとき猛攻撃です。

 

張遼は、10万人の孫権軍に、たった800人で斬りこみ

孫権軍に甚大な被害を与えました。

 

このとき、退却する橋を壊され、孫権は命を奪われる寸前まで

追い詰められます。

なんとか馬で橋を飛び越え命拾いをしましたが、

このことは孫権軍に大きな恐怖を植え付けました。

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

張遼 カカロットーーーー!

 

よく読まれてる記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

 

劉備にそそのかされて出撃

 

よく読まれてる記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

張昭 VS 孫権

 

よく読まれてる記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 羽林騎時代の若き董卓
  2. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  3. 袁紹、袁尚、袁譚
  4. 京劇コスチューム趙雲
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP