キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

曹操VS孫権R1

208年の赤壁の戦いのあと、

劉備曹操は漢中(かんちゅう)で激突しますが、

孫権曹操と合肥(がっぴ)で戦いを繰り広げます。

 

合肥を巡る戦いは、赤壁の直後から始まり、

長い膠着状態をへて217年まで続きました。

 

関連記事:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す

関連記事:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】

 

 

208年、孫権が合肥を攻撃するが敗北

張遼 カカロットーーーー!

 

孫権軍は赤壁での勝利の勢いに乗じて合肥に攻め込みますが

膠着状態に陥ります。

 

それを打破したのが、曹操軍の張遼(ちょうりょう)でした。

張遼は孫権を挑発し、孫権はそれにのってしまいます。

 

張遼と孫権軍の武将、太史慈(たいしじ)の一騎打ちが

行われますが、両者互角で70、80合打ち合ったとき、

孫権が命を狙われ危機に陥ります。

 

そこで太史慈は引き返し、孫権軍は敗北してします。

 

その後、合肥城を攻めた太史慈は、張遼の待ち伏せにあい、

斬り殺されてしまいます。

 

関連記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

 

212年、曹操が江南に進軍するも撤退

馬超

この時期の曹操は、孫権と戦うと同時に、馬超との戦を行っており、

うまく孫権軍に兵力を裂けない状態が続いていました。

 

ようやく馬超との戦に決着がついた曹操は、

212年、40万の大軍を率いて孫権軍と対峙します。

 

しかし、孫権軍は曹操がやってくる前までに、

しっかりと防備を固めていました。

水軍で迎え撃ち、戦は長期化します。

 

曹操はついに撤退を決め、孫権軍の勝利に終わりました。

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事: 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:馬超と張飛の一騎打ち

関連記事:馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い

 

215年、孫権、再び合肥へ攻め込むも敗北

孔明バージョン 三国志 軍師

215年、曹操は漢中攻略に向かいました。

蜀の孔明から、「今のうちですぞ!」とそそのかされ、

孫権は再び合肥に進軍します。

 

はじめに、皖城(かんじょう)を攻略しました。

皖城は合肥の兵糧をまかなっている場所だったので、

孫権は勢いづきます。

そのまま合肥へ攻め上りました。

 

張遼により孫権軍は大ダメージ

泣く子も張遼

 

しかしここで思わぬことが起こりました。

魏軍の武将、張遼の鬼神のごとき猛攻撃です。

 

張遼は、10万人の孫権軍に、たった800人で斬りこみ

孫権軍に甚大な被害を与えました。

 

このとき、退却する橋を壊され、孫権は命を奪われる寸前まで

追い詰められます。

なんとか馬で橋を飛び越え命拾いをしましたが、

このことは孫権軍に大きな恐怖を植え付けました。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

張遼 カカロットーーーー!

 

よく読まれてる記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

 

劉備にそそのかされて出撃

 

よく読まれてる記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

張昭 VS 孫権

 

よく読まれてる記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  2. 孔子と儒教 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  3. 魯粛、周瑜、劉備 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?
  4. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽し…
  5. 関羽 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  6. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  7. 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?
  8. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 立花宗茂
  2. 項羽と劉邦
  3. 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)
  4. 海賊時代の孫堅と孫策
  5. 華陀と麻沸散
  6. 蜀の厳顔
  7. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 左思(さし)ってどんな人?洛陽の紙価を高騰させたブサメン詩人 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)
  2. 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた 曹操と羊と蚊
  3. 「月刊はじめての三国志2月号」1月25日(金)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 大河ドラマ初の海外ロケ「いだてん」はどこで撮影されたの? スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん
  5. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  6. 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

三國志雑学

  1. 九品官人法を作った陳羣
  2. 曹操は褒め上手
  3. 魏と国号を決める曹丕


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 五斗米道の教祖・張魯
  3. 韓信と劉邦
  4. 関羽と張飛と劉備
  5. 劉備と再開する趙雲
  6. 曹操は褒め上手

おすすめ記事

楊奉 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3 曹操に降伏する教祖・張魯 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 呉の周瑜、孫策、程普 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮 織田信長 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 キングダムネタバレ573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー 読書する劉備 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの? 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP