キングダム
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

何でこんなに孫権は地味なの?

影の薄い孫権




影の薄い孫権

 

中原の覇者、曹操(そうそう)と、天才軍師諸葛孔明を従えた人徳の人、劉備(りゅうび)

三国志と言えば、まず上がるのがこの二人でしょう。

 

しかし、三国志はあくまで三国のお話であり、

もう一人、呉の存在を無視するわけにはいきません。




第一印象は大切です

孫権と三国アヒル

 

しかし、その呉ですが、

孫堅(そんけん)→孫策(そんさく)→孫権(そんけん)と、三代も英雄たちが代わるせいもあり、

また、『三国志演義』の演出のせいもあり、

目立った功績は全部劉備の蜀軍に横取りされてしまい、

地味なイメージがぬぐえません。

 

とくに孫権に関しては、

曹操劉備に比べて年齢が若く、また孫家の三代目ということもあり、

登場するのが一番遅い第三の男なため、

印象がものすごく薄くなってしまうのです。

 

現実社会でも、第一印象というのはとても重要です。

孫権の場合、特にここが弱いと思うのです。




孫権の初登場シーン

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

孫権の初登場シーンといえば……そう、赤壁です。

ちなみに、ここで語るのは「第一印象」ですので、

三国志演義』や『正史』での孫権の初登場シーンという意味ではありません。

三国志に初めて触れた方が初めて孫権を目にするシーンということです。

初回からガッツリと『正史』を読んだという方もきっと

いらっしゃるとは思いますが、たいていはダイジェスト版から

入ると思いますので。

 

孫権の初登場シーンは、

八十万の大軍をもって南征してくる曹操に対し、

たった二千の軍しか持たない劉備がやってきて、同盟を組んで

共に戦おうと持ちかけてくる場面です。

この時孫権は、勝ち目のない戦いに参戦すべきかどうかを

悩んでいる立場でした。

 

というわけで、読者の第一印象は、優柔不断。

 

……これがいけなかった!

 

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

関連記事:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?

 

 

参考までに、孫堅孫策の第一印象

孫堅017

 

それでは、孫権の父である孫堅は、どんな初登場シーンが

思い浮かぶでしょうか。

創作物にもよりますが、やはり、ここではないでしょうか。

 

17歳の若かりし頃、

海賊一味をみかけた孫堅が、みんなの制止を聞かずに飛び出し、

奇策を持って海賊たちを散々懲らしめた上に、

首領の首をとって戻ってきたというエピソードです。

 

第一印象は、向こう見ずで勇猛果敢、といったところでしょうか。

 

次に、孫権の兄、孫策を見てみましょう。

孫策は短命すぎるため、ダイジェスト版には登場すらしない武将ですが、

あえていうなら、ここでしょうか。

 

196年、袁術(えんじゅつ)に帰属していたとき、

孫策は敵情視察に一人で出かけます。

そこで、敵将の太史慈(たいしじ)と出会い、激しい一騎打ちが

行われます。

 

結局その時には勝負はつかずに終わり、

その後、孫策軍に負けた太史慈は、孫策の部下になります。

 

大将自ら敵陣に乗り込んで行って一騎打ち、

これは向こう見ずで勇猛果敢な父孫堅を彷彿とさせる第一印象です。

 

父、兄と比べても、やはり孫権は、どうしても地味なイメージと

なってしまうのです。

 

関連記事:陳寿が語る孫権像

関連記事:孫権と同じ三代目で地味な北条氏康

関連記事:終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

赤壁の戦い 曹操

 

関連記事:曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

 

周瑜 死

 

よく読まれてる記事:赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)

 

謝夫人 孫権の妻

よく読まれてる記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽…
  2. 船冒険する諸葛直 船 【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説
  3. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  4. 袁術に助けを求める呂布 呂布はどんな人柄をしていたの?実は臆病で優柔不断な将軍だった?
  5. 張燕 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布と…
  6. 呉蜀赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫
  7. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  8. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽千里行 ゆるキャラ
  2. 袁紹(はじめての三国志)
  3. 黄蓋
  4. 関羽に惚れる曹操
  5. 曹丕
  6. 連幹の計 呂布 貂蝉

おすすめ記事

  1. 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集 はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  3. 契丹と日本の関係性は?未知の契丹語に挑んだ日本人研究者も紹介 完顔阿骨打(太祖)
  4. 鈴木三樹三郎とはどんな人?実は剣術が下手な新選組だった? 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  5. 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) 大和朝廷を建国したカムヤマト
  6. 龐徳の子や孫は一体どんな人なの!? ホウ徳(龐徳)

三國志雑学

  1. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  2. 曹操と張繍
  3. 司馬懿対孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布に従う陳宮
  2. キングダム 戦国七雄地図
  3. 荒れる黄河
  4. 袁紹、袁尚、袁譚
  5. 呂布のラストウォー 呂布

おすすめ記事

荀攸 荀攸の逸話がとってもすごい件 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物 バリバリビジネスマンの坂本龍馬 坂本龍馬の海援隊とはどんな組織? ネズミで人生を変えた李斯 【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった! 病気になった兵士 あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの? 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 魏延 魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP