何でこんなに孫権は地味なの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

諸葛孔明を自分のもとに入れたくて堪らない劉備

 

中原の覇者、曹操(そうそう)と、天才軍師諸葛孔明を従えた人徳の人、劉備(りゅうび)三国志と言えば、まず上がるのがこの二人でしょう。

 

影の薄い孫権

 

しかし、三国志はあくまで三国のお話であり、もう一人、呉の存在を無視するわけにはいきません。


第一印象は大切です

孫権と三国アヒル

 

しかし、その呉ですが、孫堅(そんけん)→孫策(そんさく)→孫権(そんけん)と、三代も英雄たちが代わるせいもあり、また、『三国志演義』の演出のせいもあり、目立った功績は全部劉備の蜀軍に横取りされてしまい、地味なイメージがぬぐえません。

 

海上での戦いの孫権

 

とくに孫権に関しては、曹操、劉備に比べて年齢が若く、また孫家の三代目ということもあり、登場するのが一番遅い第三の男なため、印象がものすごく薄くなってしまうのです。

 

呉の孫権

 

現実社会でも、第一印象というのはとても重要です。孫権の場合、特にここが弱いと思うのです。


孫権の初登場シーン

赤壁の戦い

 

孫権の初登場シーンといえば……そう、赤壁です。ちなみに、ここで語るのは「第一印象」ですので、『三国志演義』や『正史』での孫権の初登場シーンという意味ではありません。三国志に初めて触れた方が初めて孫権を目にするシーンということです。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

初回からガッツリと『正史』を読んだという方もきっといらっしゃるとは思いますが、たいていはダイジェスト版から入ると思いますので。

 

呉と蜀を倒しに南下する曹操軍

 

孫権の初登場シーンは、八十万の大軍をもって南征してくる曹操に対し、たった二千の軍しか持たない劉備がやってきて、同盟を組んで共に戦おうと持ちかけてくる場面です。この時孫権は、勝ち目のない戦いに参戦すべきかどうかを悩んでいる立場でした。

 

呉魏に臣従したり抜けたりを繰り返す孫権

 

というわけで、読者の第一印象は、優柔不断。

……これがいけなかった!

 

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

関連記事:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?


参考までに、孫堅・孫策の第一印象

孫堅017

 

それでは、孫権の父である孫堅は、どんな初登場シーンが思い浮かぶでしょうか。創作物にもよりますが、やはり、ここではないでしょうか。

 

海賊時代の孫堅と孫策

 

17歳の若かりし頃、海賊一味をみかけた孫堅が、みんなの制止を聞かずに飛び出し、奇策を持って海賊たちを散々懲らしめた上に、首領の首をとって戻ってきたというエピソードです。

 

海賊を討伐する孫堅

 

第一印象は、向こう見ずで勇猛果敢、といったところでしょうか。

 

呉の勢力を率いる孫策

 

次に、孫権の兄、孫策を見てみましょう。孫策は短命すぎるため、ダイジェスト版には登場すらしない武将ですが、あえていうなら、ここでしょうか。

 

一騎打ちをする太史慈と孫策

 

196年、袁術(えんじゅつ)に帰属していたとき、孫策は敵情視察に一人で出かけます。そこで、敵将の太史慈(たいしじ)と出会い、激しい一騎打ちが行われます。結局その時には勝負はつかずに終わり、その後、孫策軍に負けた太史慈は、孫策の部下になります。

 

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

大将自ら敵陣に乗り込んで行って一騎打ち、これは向こう見ずで勇猛果敢な父孫堅を彷彿とさせる第一印象です。父、兄と比べても、やはり孫権は、どうしても地味なイメージとなってしまうのです。

 

関連記事:陳寿が語る孫権像

関連記事:孫権と同じ三代目で地味な北条氏康

関連記事:終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

 

関連記事

  1. 楽進
  2. 漢兵士を辞めて学問に目覚めた崔琰 サイエン
  3. 西遊記はどうやって誕生したの
  4. 玄宗皇帝
  5. 関羽に無視される孫権
  6. 徐晃

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP