孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで


関羽の呪いにより急死

呂蒙 孫権

 

孫皎は関羽が治めていた荊州攻略戦ではめざましい勲功を挙げます。しかし孫皎は荊州攻略戦の翌年いきなり亡くなってしまいます。病気や怪我など一切なかった人が突然なくなったので周りの人々はびっくりしたそうです。また荊州攻略戦に参加した諸将の内、翌年に亡くなった人物は孫皎だけではなく、呂蒙(りょもう)や潘璋(はんしょう)、馬忠(ばちゅう)など多くの将が突然亡くなります。このことから呉の群臣や民衆の達の間では関羽の祟りだと囁いたそうです。


孫皎の息子達も関羽の呪いで被害に

関羽 死

 

孫皎の死後息子が跡を継ぎますが、彼も若くして亡くなってしまいます。その後弟が跡を継ぎますが、罪を犯し自殺します。

 

関羽で亡くなる孫皎

 

孫皎の一族はなぜかわかりませんが、最後が穏やかでなく、悲惨な結末ばかりを迎えてしまうのです。関羽の呪いが一族全てに災いをもたらしたのではと疑いたくなります。


三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

孫皎は名将でしたが、短命な武将でした。彼は孫家の中でも優秀な武将であり、孫権も彼には大いに期待しておりました。彼が短命な武将でなければ孫呉を支える重臣として、活躍できたことでしょう。

 

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 陸遜と孫権
  2. 穴から呂蒙を覗く孫権
  3. 孫堅の身代わりになり逃走する祖茂
  4. 蜀の外交官・鄧芝
  5. 孫権に諫言する陸瑁

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP