キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての呉

孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで




孫皎(そんこう)

 

孫皎(そんこう)は呉の諸将と積極的に交友関係を結んで仲良くなり、諸将はよくなついていたそうです。

また諸葛瑾(しょかつきん)と非常に仲がよく肝胆相照らす中でした。

彼は人付き合いを大事にするだけではなく、戦の場に出れば統率面や戦術面で非常に優秀な将軍でした。

しかし、荊州攻略戦に参加した翌年亡くなってしまいます。

亡くなった原因は蜀のある武将の呪いではないかと囁かれたそうです。

知名度はかなり低いですが、呉を語る上で忘れてはいけない将軍である孫皎を紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

関連記事:呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?

 

 

人当たりのいい孫家の公子

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

孫皎は孫堅の末弟にあたる孫静の息子で、呉では孫家一門に名を連ねる公子です。

彼は孫呉の臣と積極的かつ親身に交友関係を結んでおりました。

そのため、孫呉の群臣たちから非常に好印象を持たれていた人物でした。

彼は普段は穏やかな人物ですが、特定の条件が満たされるとガラリと変わり、強気な人物になります。

 

 

三国志クイズ

三国志クイズ

 

ここで恒例のはじさんクイズです。

孫皎は普段は穏やかな人物ですがある特定の条件下の時に、強気な人物になります。

ではどのような時に強気になるのでしょうか。次の三択から選んでください。

 

1戦いの時

 

2酒宴の時

 

3孫権と喧嘩する時

 

さあ答えてくださいまし。

 

 

正解は・・・・・・2番でした。

 

そうなんです。

彼は酒宴の時になると強気になってしまうのです。

仲のいい人とサシで飲んだりするときはそんな事にはならないのですが、孫権(そんけん)が開いた酒宴で呉の名将であるあの人と大喧嘩します。

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

 

甘寧との大喧嘩

甘寧 裏切る ゆるキャラ

 

孫権はある日諸将を集めて、大宴会を開催します。

孫皎も孫権に呼ばれて酒宴に参加。

孫皎はこの席で呉の名将・甘寧に対して彼の日頃の行いに対して注意します。

最初は軽く注意しておりましたが、酔った勢いもあってだんだんと言い方がきつくなり、しまいには彼に対してブチギレてしまいます。

甘寧(かんねい)ははじめ黙って聞いていましたが、だんだんとイライラしてついに激怒。

孫皎に対して「いかに公子であろうと、われら臣下と同列ではないか。ならば公子といえども人を侮辱して言い訳ではなかろう。私は明主に出会えた以上身命を賭して仕えており、公子であろうと俺は屈するわけにはいかん。」とぶちまけます。

孫皎と甘寧はこの宴席以降、非常に仲が悪くなります。

 

関連記事:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

関連記事:あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

 

孫権の仲裁により仲直り

甘寧 呂蒙 凌統

 

孫権は甘寧に喧嘩をふっかけた孫皎に対して書状で「常に自らを慎み細かいところにまで気を使わなければ民の上に立つことはできない。また臣に対しては、器を大きくし、臣を愛する気持ちを持つことで多くの人臣から支持を得られる。これらを忘れてしまえば、人々を統率し、困難に立ち向かうのは難しいであろう。ミスや失敗をしない人はこの世に居ない。大切なのは自らの過ちを認め、改善することが優れた人である。叔朗(孫皎の字)よ。甘寧と仲直りし、今まで通り私を支えてくれないか。」と甘寧と仲直りをするように促します。

孫皎はこの書状をもらうとすぐに甘寧の屋敷に行き彼に謝ります。

甘寧はすぐに彼を許します。

その後二人は大いに友情を育んでいきます。

 

関連記事:凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ

関連記事:呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長

関連記事:趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師

関連記事:やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?

 

荊州攻略戦で活躍

陸遜 関羽

 

219年関羽(かんう)が魏の領土を攻撃するため北上を開始。

孫権は関羽が北上しているこの時を好機と捉え、蜀との同盟を破棄し、荊州を攻略することを決意。

呂蒙を総大将に任命し、朱然(しゅぜん)潘璋(はんしょう)などそうそうたるメンバーが参加します。

もちろん孫皎も荊州攻略戦に参加します。

南荊州の主要軍事都市・江陵の攻略戦で活躍し、その後孫皎の軍勢は関羽の退路を断つなどめざましい功績を残します。

 

関連記事:朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍

関連記事:朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官

関連記事:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

 

関羽の呪いにより急死

呂蒙 孫権

 

孫皎は関羽が治めていた荊州攻略戦ではめざましい勲功を挙げます。

しかし孫皎は荊州攻略戦の翌年いきなり亡くなってしまいます。

病気や怪我など一切なかった人が突然なくなったので周りの人々はびっくりしたそうです。

また荊州攻略戦に参加した諸将の内、翌年に亡くなった人物は孫皎だけではなく、呂蒙(りょもう)潘璋(はんしょう)、馬忠(ばちゅう)など多くの将が突然亡くなります。このことから呉の群臣や民衆の達の間では関羽の祟りだと囁いたそうです。

 

関連記事:病気の呂蒙を穴から見守る孫権

関連記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

 

孫皎の息子達も関羽の呪いで被害に

関羽 死

 

孫皎の死後息子が跡を継ぎますが、彼も若くして亡くなってしまいます。

その後弟が跡を継ぎますが、罪を犯し自殺します。

 

関羽で亡くなる孫皎

 

孫皎の一族はなぜかわかりませんが、最後が穏やかでなく、悲惨な結末ばかりを迎えてしまうのです。

関羽の呪いが一族全てに災いをもたらしたのではと疑いたくなります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

孫皎は名将でしたが、短命な武将でした。

彼は孫家の中でも優秀な武将であり、孫権も彼には大いに期待しておりました。

彼が短命な武将でなければ孫呉を支える重臣として、活躍できたことでしょう。

今回のお話はこれでおしまいにゃ

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~♪

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強…
  2. かぼちゃ 孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  3. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたす…
  4. 張昭 VS 孫権 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  5. 孫皓と張俊 呉のA級戦犯?孫皓を皇帝にした呉の重臣「万彧・濮陽興・張布」
  6. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  7. 呉の周瑜、孫策、程普 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  8. 呉の周瑜、孫策、程普 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2
  2. 「斉」の旗を持った兵士
  3. 劉邦をなだめる陳平と張良
  4. 織田信長

おすすめ記事

  1. 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物
  2. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた 華雄と呂布
  3. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ 織田信長
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  5. 隠れキリシタンはどんな人?明治に入っても迫害された人々 徳川家康
  6. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」

三國志雑学

  1. 結婚を喜ぶ孫策
  2. 孫策、陸遜、顧邵、他
  3. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 華雄と呂布
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 黄巾賊を撃退する太史慈
  4. 曹操と機密保持
  5. 呉の孫権は皇帝
  6. 程昱(ていいく)
  7. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義 李儒 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 曹丕 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」 魏の曹操孟徳 曹操は漢の忠臣?それとも奸臣? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介 大山巌 大山巌とはどんな人?明治の軍人の名言なども紹介 曹操は褒め上手 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP