架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

この記事の所要時間: 225




曹操 科学

 

今回は歴史という視点から少し離れて科学的な視点から三国志や古代中国史を考えてみた、ちょっと変わり種の記事を集めてみました。

歴史は文系、科学は理系……

一見、何の関係もなさそうにも見えますが、実は意外な関係性を見いだせることがわかってきます。




なぜ始皇帝は水銀に魅了されたのか?

不老不死 始皇帝

 

・始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/07/post-5636/

 

地中から固形物として採掘される水銀は加熱されることで液体金属となり、そしてさらに加熱していくと再び固形物に、そしてまた液体金属へと姿を変えます。

始皇帝はその変化の循環性に何を見出したのでしょうか……?




兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣の意外な真実

兵馬俑 クロムメッキ

 

・【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

https://hajimete-sangokushi.com/2015/12/01/post-7914/

 

始皇帝陵の兵馬俑から発掘されたという、クロムメッキを施された銅剣。

それは『歴史上存在し得ないはずの遺物(オーパーツ)』として、さまざまな憶測を生む原因となっています。

果たして、このクロムメッキ剣、本当にオーパーツなのでしょうか?

 

『ノアの方舟』の洪水は本当に起きたのか?

ノアの方舟 wiki

 

・旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/27/post-6138/

 

世界各地に残されている大洪水の神話や伝説。

旧約聖書の『ノアの方舟』の話が特に有名ですが、中国の神話にもやはり大洪水の記述があるのはご存知でしょうか?

なぜ、世界各地に大洪水にまつわる神話や伝説が残されているのでしょうか?

果たして、世界的大洪水は実際に起ったことなのでしょうか?

 

星座から読み解く古代中国の天文学

始皇帝

 

・始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

https://hajimete-sangokushi.com/2015/12/27/post-8420/

 

現代人の私たちにとって『星座』と言えば、星占いでお馴染み黄道十二星座をはじめとする西洋の星座のことですが、古代中国には独自の星座が存在しました。

なぜ、天文を観測するための官職が当時の王朝に置かれていたのでしょうか?

そして、北極星にまつわる意外な事実とはいったい?

 

珍説!? 赤兎馬ってカバだった!?

カバ&関羽

・そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

https://hajimete-sangokushi.com/2015/12/07/post-8075/

 

正史『三国志』でもその名を見ることができる赤兎馬(せきとば)

それがどのような馬だったかについては諸説語られていますが、中には『赤兎馬はカバだった』という珍妙な(?)説も存在します。

『赤兎馬=カバ』説について、真面目(?)に迫ってみました。

 

本当は医学的に正しかった三国志演義?

曹操頭痛

 

・頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/12/09/post-8134/

 

長年、激しい頭痛に悩まされたという曹操。

三国志演義の描写によれば、その晩年は関羽の亡霊=幻覚にも悩まされたと言います。

しかし、あくまでフィクションである筈のその描写を医学的視点から見てみると、意外な真実が……。

 

現代医学からみた劉備玄徳の死因

劉備

 

・現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

https://hajimete-sangokushi.com/2015/10/27/post-6853/

 

西暦222年、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の死、

そして夷陵の敗戦でショックを受けた劉備(りゅうび)は後の事を孔明に託して、63年の人生の幕を閉じます。

ところで、この劉備の死因とは、現代の医学で考えるとどのようなものだったのでしょうか?

意外と繊細だった三国志の主人公……。

 

三国志ライター 石川克世の独り言

石川克世

歴史を楽しむ方法はいろいろです。

もちろん、学術的な視点から『歴史』を俯瞰するのも当然ですし、まったく違う見地から見てみると、また違った見え方も見つかるかもしれません。

それでは、次回もお付き合いください。再見!!




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6…
  2. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  3. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  4. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から…
  6. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  7. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登
  8. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム
  2. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  3. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  4. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  5. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  6. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚! 武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男 ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念

おすすめ記事

  1. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  2. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  3. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介
  5. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  6. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの?
  7. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  8. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP