【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん

危うい場面を幾度も味わい目的を達成




photo credit: Blanketed in Snow via photopin (license)

 

曹操は鳥桓討伐に赴くと家臣達の反対意見の通りになります。

まず遠征時、長雨に見舞われ行軍は難渋します。

長雨により、食料の運搬が困難になってきます。

しかし郭嘉の策により何とか鳥桓族討伐を果たし、袁氏兄弟を遼東に追い詰める事に成功します。

その後袁氏兄弟は遼東の王である公孫康(こうそんこう)に首を斬られ、ようやく袁氏兄弟の息の根を止め、目標を達成します。

 

関連記事:公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

関連記事:公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】

関連記事:公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】



遠征に反対した家臣を集め自らのミスを認める

現実主義曹操

 

曹操は本拠地に帰ると、最初に行ったのは遠征に反対した家臣を集め、恩賞を与えたことです。

遠征に反対した者はビックリし、曹操に尋ねます。

すると曹操は「何とか袁氏討伐に成功した。これはたまたま幸運に恵まれたためである。

しかし君たちの言った通りこの遠征はかなり危険な事であった。

今後はこのような危険を冒すことはしないようにしよう。」と反省します。

そして彼は「今後も遠慮しないで俺に意見を述べてくれ」と伝えます。



自らのミスを認め、罰を与えるリーダー

曹操 魏王

 

曹操はこのように自らのミスをしっかりと認め、けじめをつけるリーダーでした。

このようにミスをしっかりと認め自分に罰を与えるリーダーの姿を見れば、

部下の士気は上がっていき、このリーダーの元で頑張ろうという気持ちになりますね。

この行動は現在の組織にも必要な事だと私は思います。

自らが犯したミスにけじめをつけなければ、部下はついて来なくなるでしょう。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

曹操は自らのミスを認めけじめをしっかりと取る事で、大勢の部下達を率いてきました。

現在の社会の組織の中でもしこのようなリーダーが出現すれば、大いに部下達の心を取り、仕事の生産率も向上する事でしょう。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~

 

関連記事:【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

関連記事:【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し

関連記事:【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす



極厚 蒼天航路(1) (KCデラックス モーニング)

 

よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

< 1

2

関連記事

  1. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  2. 劉邦と簫何(蕭何)
  3. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  4. 曹操と夏侯惇
  5. 三国志に出てくる海賊達と甘寧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP