【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し




荀彧 曹操

 

その時歴史に名言を残したのは曹操(そうそう)の参謀として大いに名を馳せた王佐の才・荀彧(じゅんいく)です。

彼が残した名言は「誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し(まことにさいあれば、じゃくといえどもかならずつよし)」です。

この名言は袁紹(えんしょう)が曹操の領地に侵入したのに事への謝罪が無く適当な理由をつけて丸め込もうとします。

曹操は袁紹が自らの領地に侵入した事への謝罪がない事へ腹を立てますが、戦力差がありすぎてどうしようもできませんでした。

そんな曹操に対して彼が述べた言葉です。

この名言を述べた時、曹操はどのような状況であったのかを交えながら紹介していきます。



曹操最大のチャンス・皇帝を許に迎える

曹操 魏王

 

曹操は野に隠れた逸材を積極的に登用して優秀な人材を集め、各地の戦いで勝利を重ねていました。

しかし思うように領地と兵力を伸ばすことができません。

そんな中、最大のチャンスが訪れます。長安から逃れてきた後漢皇帝が洛陽に逃げてきたとの情報を得ます。

曹操は急いで洛陽に赴き献帝を自分の領地である許へ保護し、天下に号令を取る大義名分を手にします。



袁紹は曹操に対して、文句を言い募る

袁紹 曹操

 

さて河北の大半を手に入れた袁紹は、曹操が献帝を保護したとの報告を聞き、曹操に対して「お前みたいな貧弱な勢力が献帝を守れないんだから、冀州へ帝を移せ。」とかなり高圧的な態度で提案します。

もちろん曹操は袁紹の提案を無視。

曹操に無視された袁紹は手紙で「おい、オレが今までどれだけ助けてやったと思っているんだ。オレの言うこと聞けよ」と騒ぎ立てます。

曹操は袁紹の手紙を一読して破り捨て、再び戦へと出陣します。

 

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

 

張繍が曹操に降伏

現実主義曹操

 

曹操は袁紹の文句に対してかまっていられないくらい多忙でした。

西や東へ出陣し、毎日戦を行っていました。

そんなある日、荊州の宛という都市にいる群雄・張繍(ちょうしゅう)が曹操に降伏したいと伝えてきます。

彼は軍勢を率いて張繍の領地へ行き、降伏を受け入れます。

 

美人な女にうつつを抜かし、張繍に裏切られる

曹操は女性の敵なの?もじのみ

 

張繍は宴席で叔父の妻を曹操に見せます。

曹操は一目見て彼女を気に入り、「張繍よ。彼女をオレの陣につれて帰りたいのだがいいか。」と尋ねます。

張繍は彼女を自らの妻にしようと考える程好きでしたが、彼の言うことに逆らうことが出来ず、断腸の思いで彼女を手放します。

曹操は張繍から彼女をもらうとすぐに自らの陣に連れて帰ります。

曹操は陣に帰ると昼夜問わず、彼女といちゃいちゃし、自らが行わなければならない仕事は部下に任せっぱなしにします。

 

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 2つの持論を展開する費禕
  2. 李牧
  3. 暴君・孫皓にしっかり意見を言う陸凱(りくがい)
  4. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  5. 劉備の黒歴史

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP