キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん

この記事の所要時間: 353




曹操

 

今回は三国志の覇王である曹操(そうそう)がミスを犯してしまった時、周りに言った名言です。

彼は様々な突発的なアクシデントにも冷静に判断し、即座に対応して能力に秀でていました。

また自らのミスを認めけじめをしっかりとつけるリーダーです。

今回の名言は曹操の冷静な判断力を現した名言となっております。



軍の規律を重んじる

曹操02

曹操は若い時から独立勢力として戦っておりました。

しかし連戦に次ぐ連戦で兵力や兵糧は不足しており、民心も不安定でした。

そのため戦場に進軍するときは軍の規律を一番に重んじ、民心の安定を図っておりました。

彼は戦場に向かうときなるべく、農産物を育成している畑の近くを避けて進軍していました。

しかし、避けられない場合も発生します。

その時「麦や農作物を踏みつける者は、何者であろうと許さん」と厳命を降します。

この言葉を聞いた兵士や部下はみんな馬を降りて歩いて進軍します。

 

関連記事:意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想



曹操の馬が暴走

曹操

 

曹操は厳命を降し、進軍を続けます。

しかし曹操の馬が突然暴走し、麦畑に向かって突進して麦や農作物を踏みつけるのです。

曹操は先ほど軍全体に厳命を降したばかりであったのに自ら破ってしまった事で、恰好が付かなかったでしょう。

そんな時に彼の名言が飛び出します。

 

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

 

その時歴史に名言を残した

表情 曹操03

 

曹操は自ら定めた法を破ってしまったため、

側近に「自分で作った法を破ってしまった。俺に罰をくだせ。」と命令を出します。

しかし側近は「古来。リーダーが自ら作った法を破ってしまった場合、罰を与える事は出来きません」と伝えます。

その時曹操は歴史に名言を残すのです。

曹操は側近に対して「法を制して自らこれを犯さば、

何をもって下を帥いん(ほうをせいしてみずからこれをおかさば、

なにをもってしたをひきいん)」と言います。

この名言の意味は「自分で法をつくった法を自ら破ってしまっては、部下が付き従うはずがない。」と側近に言います。

 

自らに罰を与える

表情 曹操01

 

曹操はこの名言を側近に行ったあと剣を抜き、自らの髪を切り取ります。

そして部下の前で膝まずいて「これで許してくれ」と言います。

側近や部下、兵士達は自らに罰を与えた姿を見て、感動します。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

 

家臣の意見を聞かず遠征を敢行

烏桓

 

曹操は宿敵袁紹を倒し、河北を統一します。

しかし袁紹の息子である袁氏兄弟は北方の幽州に勢力を張っていた鳥桓族に保護されます。

曹操は袁氏兄弟の息の根を止めるため自ら鳥桓族討伐を決意。

しかし家臣たちは「殿。果てしなく遠い幽州の気候は、

極寒で厳しい所です。また遠征時の食糧にも問題が出てくるため、様子を見ましょう」と反対します。

曹操は彼らの反対を無視して、遠征を敢行します。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

関連記事:曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  2. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く 【三国志トランプ】ジョーカーが諸葛亮と司馬懿である理由とは?
  3. 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法
  4. 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった
  5. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  6. 張郃と顔良強いのは一体どっちだ?
  7. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  8. 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹叡

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【10/2〜10/8】
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  3. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  4. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  5. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  6. 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?

三國志雑学

  1. 韓非の本を熟読して感銘を受ける政
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)

おすすめ記事

【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった! 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん) 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です! コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月20日実施) 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!?

おすすめ記事

  1. 武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎
  2. 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった?
  3. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?
  4. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】
  6. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  7. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP