袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

この記事の所要時間: 429




世界情勢

 

三国志の時代実はもう一つ国があったことを皆さんご存知でしょうか。

その国は現在の遼東半島を領有していた公孫家です。

彼らは三代にわたって遼東地方で独立勢力を築き、中国が魏・蜀・呉の三国に分かれた三国時代にも登場しております。

今回は遼東三代記と称して公孫家にスポットを当てていきたいと思います。

第一回は幸運に恵まれて遼東の王になった公孫度(こうそんたく)を紹介したいと思います。

 

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?




幸運に恵まれた男その1:玄莵太守の息子と同名で顔立ちが似ていた

公孫度

 

公孫度は父・公孫延(こうそんえん)が事件に巻き込まれたため、故郷である遼東を父と共に去り、玄莵(げんと)郡に移り住みます。

玄莵郡の太守である公孫琙(こうそんよく)は早くに息子の豹(ほう)を亡くしてしまい意気消沈していました。

彼はたまたま息子に顔立ちがそっくりである公孫度を見てびっくりし、自らの家に彼を招いて名を聞いてみた。

すると彼の若い頃の名が息子と同名であることが判明。

公孫琙はそのため公孫度を可愛がり、勉学の為の出資を彼に行います。

また奥さんを探して迎えてやり、溺愛します。

公孫度は公孫琙のおかげで冀州の刺史に就任する事が出来ました。




幸運に恵まれた男その2:同郷の徐栄に推挙され遼東太守へ

董卓えらそう 独裁

 

公孫度は冀州の刺史に就任しますが、同僚からの悪口により、クビになってしまいます。

しかし彼の運の良さは留まる事を知りません。

彼は董卓(とうたく)軍の勇将である徐栄(じょえい)と同郷でした。

徐栄は董卓に仕えて中郎将の位を与えられておりました。

彼は公孫度を董卓に遼東太守へ推薦。

董卓は徐栄の願いを聞き入れ、遼東の太守に任命します。

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

2度にわたって幸運をつかんだ公孫度

photo credit: Sunset via photopin (license)

photo credit: Sunset via photopin (license)

 

公孫度は2回にわたって訪れた幸運を自らの物にした事で、大きく運命は好転します。

人は人生において幸運の量は決まっていると聞いたことがありますが、あまり苦労をせず、ここまでラッキーに恵まれた人物も中々いないと思います。

こうしてあんまり苦労をしないで遼東の太守になった公孫度は遼東の地に赴くと彼は変貌します。

 

太守となって恨みを晴らす

 

公孫度は遼東に赴き仕事を開始します。

しかし彼の部下たちは密かに「小役人上がりのくせに生意気なんだよ」や「玄莵太守に気に入られたから今の地位があるんだろ。本当は無能なくせに」など悪口をささやかれます。公孫度は部下の役人が悪口を言っているのを聞き、激怒。

復讐を決意します。悪口を言っていた部下たち処刑し、部下の家族も同罪で処断します。

また彼の息子である公孫康を小さな役職にしか就けなかった役人を罪に陥れ殺害。

また公孫度に冷たい態度を取った遼東の豪族を法律に基づいて処刑します。

こうして遼東で公孫康に逆らう者はいなくなり、彼の独壇場となります。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  2. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…
  3. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  5. 連環の計って、どんな作戦?
  6. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  7. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  8. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超
  2. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  3. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  4. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  5. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  6. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期 なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由 ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった! 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦

おすすめ記事

  1. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  2. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  3. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  4. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  5. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  6. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!
  7. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP