ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

公孫度




世界情勢

 

三国志の時代実はもう一つ国があったことを皆さんご存知でしょうか。

その国は現在の遼東半島を領有していた公孫家です。

彼らは三代にわたって遼東地方で独立勢力を築き、中国が魏・蜀・呉の三国に分かれた三国時代にも登場しております。

今回は遼東三代記と称して公孫家にスポットを当てていきたいと思います。

第一回は幸運に恵まれて遼東の王になった公孫度(こうそんたく)を紹介したいと思います。

 

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?




幸運に恵まれた男その1:玄莵太守の息子と同名で顔立ちが似ていた

公孫度

 

公孫度は父・公孫延(こうそんえん)が事件に巻き込まれたため、故郷である遼東を父と共に去り、玄莵(げんと)郡に移り住みます。

玄莵郡の太守である公孫琙(こうそんよく)は早くに息子の豹(ほう)を亡くしてしまい意気消沈していました。

彼はたまたま息子に顔立ちがそっくりである公孫度を見てびっくりし、自らの家に彼を招いて名を聞いてみた。

すると彼の若い頃の名が息子と同名であることが判明。

公孫琙はそのため公孫度を可愛がり、勉学の為の出資を彼に行います。

また奥さんを探して迎えてやり、溺愛します。

公孫度は公孫琙のおかげで冀州の刺史に就任する事が出来ました。




幸運に恵まれた男その2:同郷の徐栄に推挙され遼東太守へ

董卓えらそう 独裁

 

公孫度は冀州の刺史に就任しますが、同僚からの悪口により、クビになってしまいます。

しかし彼の運の良さは留まる事を知りません。

彼は董卓(とうたく)軍の勇将である徐栄(じょえい)と同郷でした。

徐栄董卓に仕えて中郎将の位を与えられておりました。

彼は公孫度を董卓に遼東太守へ推薦。

董卓は徐栄の願いを聞き入れ、遼東の太守に任命します。

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

2度にわたって幸運をつかんだ公孫度

photo credit: Sunset via photopin (license)

photo credit: Sunset via photopin (license)

 

公孫度は2回にわたって訪れた幸運を自らの物にした事で、大きく運命は好転します。

人は人生において幸運の量は決まっていると聞いたことがありますが、あまり苦労をせず、ここまでラッキーに恵まれた人物も中々いないと思います。

こうしてあんまり苦労をしないで遼東の太守になった公孫度は遼東の地に赴くと彼は変貌します。

 

太守となって恨みを晴らす

photo credit: tramonto capitale via photopin (license)

 

公孫度は遼東に赴き仕事を開始します。

しかし彼の部下たちは密かに「小役人上がりのくせに生意気なんだよ」や「玄莵太守に気に入られたから今の地位があるんだろ。本当は無能なくせに」など悪口をささやかれます。公孫度は部下の役人が悪口を言っているのを聞き、激怒。

復讐を決意します。悪口を言っていた部下たち処刑し、部下の家族も同罪で処断します。

また彼の息子である公孫康を小さな役職にしか就けなかった役人を罪に陥れ殺害。

また公孫度に冷たい態度を取った遼東の豪族を法律に基づいて処刑します。

こうして遼東で公孫康に逆らう者はいなくなり、彼の独壇場となります。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操と機密保持 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  2. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  3. 袁術に助けを求める呂布 呂布はどんな人柄をしていたの?実は臆病で優柔不断な将軍だった?
  4. 藏覇(臧覇)と曹操 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  5. 木牛流馬 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは?
  6. 荀彧 濮陽の戦いで見せた荀彧の有能さとその生涯を再考してみる
  7. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  8. 曹丕 集まれ曹操の25人の息子たち・その1

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. キングダム54巻amazon
  3. 嬴政(始皇帝)
  4. 豊臣秀吉 戦国時代
  5. 孔明

おすすめ記事

  1. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは? 桓騎
  2. 呂布はロシア系だったの?呂布のイケメン説と生涯をわかりやすく解説 高順が呂布に疎んじられた理由
  3. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  4. 諸葛亮が発明した運送器具「木牛」と「流馬」の目的とは? 木牛流馬
  5. 衝撃!宋銭の価値って?鎌倉の大仏になった宋銭 宋銭 お金と紙幣
  6. 陳宮の珍エピソード?実は主君・呂布が大嫌いだった? 怒る陳宮

三國志雑学

  1. 袁術を励ます魯粛
  2. 魯粛
  3. 姜維の地位を落とす文官
  4. 曹芳
  5. 騙し合う呂布と袁術


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孟嘗君
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  4. 剣を持って戦う徐庶
  5. 郭嘉
  6. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  7. 劉邦と劉備

おすすめ記事

艶麗な楊端和 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る! 三国志大学を目指す曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる 夏 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの? 陸遜の部下の兵士 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか? 范増 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 袁術をバカにする曹操と呂布 【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの? 魏 星座大好きな幼少期の管輅 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師 城 銅雀台 高句麗は漢の属国だった?実際のところ両国の関係はどうだったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP