広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

この記事の所要時間: 429




世界情勢

 

三国志の時代実はもう一つ国があったことを皆さんご存知でしょうか。

その国は現在の遼東半島を領有していた公孫家です。

彼らは三代にわたって遼東地方で独立勢力を築き、中国が魏・蜀・呉の三国に分かれた三国時代にも登場しております。

今回は遼東三代記と称して公孫家にスポットを当てていきたいと思います。

第一回は幸運に恵まれて遼東の王になった公孫度(こうそんたく)を紹介したいと思います。

 

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?




幸運に恵まれた男その1:玄莵太守の息子と同名で顔立ちが似ていた

公孫度

 

公孫度は父・公孫延(こうそんえん)が事件に巻き込まれたため、故郷である遼東を父と共に去り、玄莵(げんと)郡に移り住みます。

玄莵郡の太守である公孫琙(こうそんよく)は早くに息子の豹(ほう)を亡くしてしまい意気消沈していました。

彼はたまたま息子に顔立ちがそっくりである公孫度を見てびっくりし、自らの家に彼を招いて名を聞いてみた。

すると彼の若い頃の名が息子と同名であることが判明。

公孫琙はそのため公孫度を可愛がり、勉学の為の出資を彼に行います。

また奥さんを探して迎えてやり、溺愛します。

公孫度は公孫琙のおかげで冀州の刺史に就任する事が出来ました。




幸運に恵まれた男その2:同郷の徐栄に推挙され遼東太守へ

董卓えらそう 独裁

 

公孫度は冀州の刺史に就任しますが、同僚からの悪口により、クビになってしまいます。

しかし彼の運の良さは留まる事を知りません。

彼は董卓(とうたく)軍の勇将である徐栄(じょえい)と同郷でした。

徐栄は董卓に仕えて中郎将の位を与えられておりました。

彼は公孫度を董卓に遼東太守へ推薦。

董卓は徐栄の願いを聞き入れ、遼東の太守に任命します。

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

2度にわたって幸運をつかんだ公孫度

photo credit: Sunset via photopin (license)

photo credit: Sunset via photopin (license)

 

公孫度は2回にわたって訪れた幸運を自らの物にした事で、大きく運命は好転します。

人は人生において幸運の量は決まっていると聞いたことがありますが、あまり苦労をせず、ここまでラッキーに恵まれた人物も中々いないと思います。

こうしてあんまり苦労をしないで遼東の太守になった公孫度は遼東の地に赴くと彼は変貌します。

 

太守となって恨みを晴らす

 

公孫度は遼東に赴き仕事を開始します。

しかし彼の部下たちは密かに「小役人上がりのくせに生意気なんだよ」や「玄莵太守に気に入られたから今の地位があるんだろ。本当は無能なくせに」など悪口をささやかれます。公孫度は部下の役人が悪口を言っているのを聞き、激怒。

復讐を決意します。悪口を言っていた部下たち処刑し、部下の家族も同罪で処断します。

また彼の息子である公孫康を小さな役職にしか就けなかった役人を罪に陥れ殺害。

また公孫度に冷たい態度を取った遼東の豪族を法律に基づいて処刑します。

こうして遼東で公孫康に逆らう者はいなくなり、彼の独壇場となります。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組…
  2. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  3. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに…
  4. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  5. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた…
  6. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事…
  7. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  8. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた
  2. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  3. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  4. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  5. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。
  6. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何? 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか? 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ! 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!? 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  3. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  4. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  5. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官
  6. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!
  7. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  8. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP