架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす

この記事の所要時間: 446




呂布VS劉備三兄弟

 

今回は三国時代最強の武を持った呂布(りょふ)にまつわる話です。

呂布は徐州を劉備(りゅうび)から強奪した後、家臣である陳登に「徐州の正式な刺史に任命してもらうように交渉して来い」と曹操の元へ使いに出します。しかし陳登は曹操に会うと寝返りの約束を取り付け、徐州刺史の依頼をしませんでした。

呂布は徐州刺史の使者がやってこない事に激怒。陳登(ちんとう)を呼びつけます。

呂布の逆鱗を躱すため「その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす(そのにくをあかしむべし。あかざればひとをかまんとす)」と呂布を持ち上げます。

実はこの言葉には真の意味が隠されていました。



劉備から徐州を強奪

朝まで三国志 劉備 呂布

 

呂布は曹操と兗州で激戦を繰り広げましたが、敗北します。

呂布は自らの精鋭数百騎と共に徐州の劉備の元へ逃げ込みます。

劉備は呂布を受け入れ、彼に小沛城を与えます。

呂布は劉備からもらった小沛城に赴き、力を蓄えていました。

そんなある日劉備は徐州に侵攻してきた袁術軍を迎撃するため出陣します。

呂布は劉備が袁術軍迎撃に赴いたことを知り、軍勢を下邳城へ向けて進発。速攻で下邳城を奪い取り、徐州の主として君臨します。



劉備に小沛城を与える

朝まで三国志 呂布 劉備

 

呂布は徐州乗っ取りに成功した後、袁術迎撃に出ていた劉備が降伏してきます。

彼は快く劉備の降伏を受け入れ、小沛城を与える事にします。

その後袁術軍の勇将である紀霊が劉備を討伐すべく小沛城に近づいてきます。

呂布は劉備からの救援要請に応え、小沛城に少数の軍勢を引き連れ出陣します。

 

関連記事:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備

関連記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

関連記事:とっても皇帝になりたかった袁術

 

100歩以上離れた所から戟の小さな突起部分を射抜く

呂布 ナイスシュート

 

呂布は小沛城に着くと劉備に会いに行きます。

劉備から「わざわざ助けに来てくれてありがとうございます」と頭を下げてお礼を言います。

呂布は「おう。任せろ。オレが来たからには大船に乗ったつもりでいな」と劉備を安心させます。

呂布は袁術軍を率いる紀霊の本陣へ行き「劉備が困っているからよ、戦以外で決着をつける方法を提案しに来た」と紀霊に伝えると、彼は一本の戟を本陣の外に立てます。

そして兵士達や紀霊に向かって「みんな聞け。この戟に小さな突起部分があるであろう。今からオレが弓を射て、この突起部分に当てる事が出来たら兵を退いて領地に帰れ」に大声で伝えます。紀霊は渋い顔をしながら呂布の提案にうなずき事態を見守ります。

呂布は戟を立てた場所から100歩以上離れた所から弓を構え、無造作に射ると、弓は戟の突起部分に見事に刺さっています。

この光景を見た兵士達からは大歓声が沸き、袁術軍の大将である紀霊は仕方無く、自らの領地に帰っていくのです。

 

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

 

陳登を曹操の元へ

現実主義曹操

 

呂布は劉備を救った後、下邳城へ帰還します。

彼はその後名実共に徐州の主となるために、陳登に「俺を徐州の刺史にしてもらうよう、曹操にお願いして来い。」と命令します。

陳登はもともと徐州の官吏で劉備に仕えていましたが、呂布が徐州を強奪した時に、致し方なく仕えておりました。

表面上は呂布の忠実な配下を装っておりましたが、本心は曹操に仕えようと決意を固めておりました。

陳登は胸に秘めた思いを果たすため呂布からの命令を受けて、曹操の元へ向かいます。

 

関連記事:陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

関連記事:高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

曹操と密約を交わす

曹操 油断

 

陳登は曹操の元に着くと会談を開始します。

彼は曹操に会うと「あなた様が徐州を攻める時、我ら親子は呂布を見捨て、あなた様の勝利に必ず貢献します。」と寝返りの約束をします。

彼は呂布に徐州の刺史をお願いする気など毛頭なく、寝返りの約束を取り付ける事が目的でした。

曹操はこの言葉を聞いて大いに喜び、陳登と陳珪親子に領地の加増をします。

陳登は寝返りの約束を取り付けると下邳城へ帰ります。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…
  2. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  3. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  4. とっても皇帝になりたかった袁術
  5. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えて…
  6. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半
  7. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救…
  8. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男
  2. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  3. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  4. 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  5. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!? 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!
  2. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  3. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  4. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?
  5. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  6. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ
  7. 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?
  8. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP