公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】




公孫康

 

遼東三代記第二回目は公孫度の息子公孫康(こうそんこう)です。

彼は父が拡大した領土をそっくりそのまま受け継ぎ、中原の戦乱をよそに遼東を安定させます。

しかしいつまでも安定した時間は続きませんでした。

虚を取るか実を取るか二者択一の選択を迫られる時がやってきます。

 

遼東三代記1回目:公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】




父の跡を継ぎ、領地を安定させる

烏桓

 

彼は父公孫康が亡くなると、広大な領地を継ぎます。

遼東には中原の戦乱がほとんど及んできません。

その理由は鳥桓族のおかげです。

鳥桓族は幽州に拠点を置いており、彼らが必然的に公孫康の領地である遼東の盾の役割を果たしてくれていたため、中原の戦乱の影響はありませんでした。

そのため公孫康はしっかりと内政に勤しみ、領地を安定させていきます。

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?




中原の名士が戦乱を避けて遼東へ

太史慈 黄巾賊

 

公孫康は中原の戦乱を避けてきた人材を積極的に登用しようと試みます。

遼東に訪れた人材は多く代表的な人物は、後の呉の武将となって有名になる太史慈(たいしじ)や魏の曹操に仕えた邴原(へいげん)、

魏の名士達から何回も推挙されたが、全部断った高潔の士・管寧(かんねい)などが遼東に避難しておりました。

 

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

 

中原の名士を家来にしようと試みるが失敗

太史慈 逃走

 

公孫康は遼東に訪れていることを聞き積極的にアプローチを開始。

彼は名士である管寧(かんねい)に積極的にアプローチしますが、仕えてくれませんでした。

さらに太史慈や邴原などの名士に呼びかけますが、彼らは仲間になってくれませんでした。

 

曹操に敗れ、袁紹の勢力は河北から無くなる

官渡の戦い 曹操 勝利

 

曹操軍と袁紹軍は官渡で大決戦を行い袁紹軍は敗れます。

その後態勢を建て直した袁紹軍は、倉亭(そうてい)の戦いで巻き返しを図りますが、ここでも敗北。

袁紹は血を吐いて亡くなります。

袁紹の息子達は別々に曹操に抵抗しますが、長男袁譚は曹操に打ち取られ、次男袁煕と三男袁尚は鳥桓族の単于・蹋頓の元へ逃げ込みます。

平和な時代を過ごしてきた遼東に戦乱の嵐が刻々と近づいてきます。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

関連記事:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 騙し合う呂布と袁術
  2. 孔明の留守宅の壁に長々と漢詩を書いて汚す劉備
  3. 黄巾賊
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP