趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師


表情 董卓01

 

呉に百発百中で人の運命や国の命運を占った趙達(ちょうたつ)呉範(ごはん)などの天才占い師がおりました。蜀にも人が見た夢を文字に現して、その人の今後の運命を言い当てた天才占い師がおりました。今回は夢占いで人の吉凶を言い当てた趙直(ちょうちょく)をご紹介していきたいと思います。


夢占いその1:牛の頭が門の前に転がって、血を流している夢を見る

表情 劉備03

 

蒋琬(しょうえん)劉備(りゅうび)に仕え、小さい町の県長に任命されます。彼は仕事をしないで、昼間から毎日酒ばかり飲んでいました。劉備は彼が仕事をしないで昼間から酔っぱらっていることを知り、彼をクビにします。蒋琬はクビになった夜ある夢を見ます。牛の頭が門の前に転がっており、牛の頭から血が流れている夢でした。蒋琬は夢の内容が不気味であったため、夢占いの天才趙直に相談しに行きます。


占いの結果:公の位に登るいい夢

 

趙直は蒋琬が見た夢の内容を聞くと早速占います。彼は占った結果を蒋琬に伝えます。「結果を言いますとこの夢はいい夢です。まず血を流している夢は、物事が明らかになると言う事です。さらに牛の角と鼻の形を文字で表すと公の文字が完成します。そのためこの占いはあなたの位が将来公の位に登ることを暗示した夢です。おめでとうございます。」と彼に伝えます。蒋琬は諸葛孔明が亡くなった後、蜀の臣下の中で最高位にあたる丞相に任命される事になります。趙直の占いは見事に当たるます。


夢の占い2:井戸の中に桑が生えている夢を見る

 

蜀の名太守で各地の統治に目覚ましい功績を残した何祗(かし)は若い頃不思議な夢を見ます。その夢の内容は、井戸の中に桑が生えていることです。不思議な夢であったので趙直に占ってもらうことにしました。


占い結果:四十八歳までしか生きられない

 

趙直は相談者である何祗が見た夢の内容を聞き、占います。趙直は彼に「桑は井戸の中に生える物ではありません。ですから必ずどこかに植え直さねばなりません。つまり運命が変転するという事です。さて桑の字はもともとこの桒(くわ)です。この字を分解すると。四つの十と八に分かれます。この結果あなたは四十八歳までしか生きられません。」と彼に伝えます。何祗は夢占いの結果を聞き「四十八まで生きれれば十分だ。」と趙直に告げ、その場を後にします。その後何祗は蜀に仕え各地の太守を歴任。名太守として歴史に名を刻むも趙直の予言通り、四十八で亡くなってしまいます。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 呉懿と孔明
  2. 劉備主役
  3. 劉備 危機一髪

    はじめての蜀

    92話:劉備を徹底的に追い詰める張任

    龐統(ほうとう)を殺され、蜀の張任(ちょう…

  4. 諸葛攀
  5. 張嶷
  6. 関帝廟で関羽と一緒に祀られる周倉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP