よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての呉

趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師

この記事の所要時間: 418




趙達

 

私は占ってもらった事は一度もないので占いの精度などは分かりませんが、皆さんは占い師に占ってもらった事はありますか。

現在はネット上や路上でも占い師がたくさんいます。

三国志の時代に何でも100パーセント当てる天才占い師がおりました。

大したことない事から国の命運まで言い当て、しまいには自分の命日までをぴたりと言い当てた天才占い師をご紹介していきます。




九宮一算の術で名声を得る

 

趙達(ちょうたつ)は後漢王朝の単甫(ぜんほ)の元で学問を修めます。

その後中国の中央部である中原で戦が起きると、彼は比較的平和な地域であった揚州へ避難。

趙達は自らが習得した占いの術「九宮一算の術(きゅきゅういつさんのじゅつ)」を使って名を高めていきます。

彼は空を黒々と覆うイナゴの数を当てたり、無くした物のありかなどを言い当て有名になっていきます。




趙達の占いにケチをつけるクレーマー

photo credit: DSC_0204 via photopin (license)

photo credit: DSC_0204 via photopin (license)

 

そんな彼の名声を聞きつけた人が趙達に「空を飛んでいるイナゴの数なんて分かる訳ない。どうせ適当な事を言っているだけなんだろう」とクレームをつけられます。趙達は激怒し、自らの術をそのクレーマーに見せつけます。

 

「九宮一算の術」で小豆の個数を言い当てる

趙達は自らの占術にクレームをつけてきた人に対して「今からあなたに私の占いの力を見せます。そこにある小豆をばらまいてください。その数を私が言い当てます」と言い、クレームをつけてきた人に小豆をばらまかせます。

趙達はばらまかれた小豆を見てその数を占います。

小豆の個数をクレーマーに伝え数を数えさせると彼の占った個数と合致したそうです。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:甘露寺の十字紋石|劉備の石占い

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

 

知人の嘘を見破る

劉寛 酒

 

彼はある日知り合いの家を訪ねた事がありました。

知人の家で数人の仲間と一緒に夜ご飯を食べておりました。

夜ご飯を食べ終わると知人は「いきなり訪れたので酒もなく、良いおつまみを用意していなくて大変申し訳ない」と趙達達に向かって謝ります。

彼は知人に向かって「君の家には美酒があり、シカ肉もあるのに、なぜ無いと謝るんだい」と質問します。

この事を聞いた他の友人は激怒します。

すると知人は「ごめんみんな。趙達の占いの力を試してみたかったんだ」と謝ります。

その後皆で酒を飲み夜更けまで語り合ったそうです。

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

皆に「九宮一算の術」は誰にも教えない!!

遅れて来た孫権 英雄

 

趙達は占いによって名声を得て、孫権(そんけん)に仕える事になります。

孫家の臣で優秀な政治家である闞沢(かんたく)や儒教の学者である殷禮(いんれい)が頭を下げて彼に「九宮一算の術」を教えてくれと懇願しましたが、彼は教えませんでした。

公孫幐(こうそんとう)という人物は若い時から趙達に弟子入りし、一生懸命彼の術や考え方を学んでおりました。

趙達は熱心に学ぶ弟子の姿を見て「君に私の術の秘技を教えよう」と言います。

彼は大いに喜び、その後も学問に打ち込んでいきます。

しかし趙達は弟子である公孫幐がどんなに頑張っても、秘技を教えるのをためらい、ついに教えなかったそうです。

 

関連記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

関連記事:何でこんなに孫権は地味なの?

 

孫権の帝で居る期間をぴたりと言い当てる

孫権と三国アヒル

 

孫権は皇帝の位に就くとすぐに趙達を呼び「私は何年間帝の位にいれるのだ」と問いかけます。

すると趙達は「漢の高祖・劉邦(りゅうほう)は12年間帝で居る事が出来ました。

陛下は約24年間帝で居る事が出来るでしょう」と孫権に答えます。

 

結果は趙達の占った通りです。孫権が皇帝になった時期は229年です。

亡くなった年は252年ですので、誤差は1年ありますが、約と趙達は言っていたので、ほぼあっております。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉備と劉邦

 

趙達は孫呉の滅亡を言い当てる

photo credit: ... via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

孫権は趙達の占いが100パーセント当てている事から、試しに戦の勝ち負けを占わせます。

すると彼の予言した通りに勝つので、孫権は戦に連れて行くようにします。

224年、魏の皇帝である曹丕(そうひ)は、呉を討伐するため大軍で攻め寄せてきます。

呉の名将である徐盛は偽の長城を建設する事を孫権に進言。

孫権は進言を受け入れ、長城を作るよう徐盛に命令を下します。

曹丕は呉の長城を見て驚き、軍を退却させます。

孫権は曹丕が退却した後、趙達に「呉は今後どうなるのか占ってくれ」と依頼します。

趙達は「曹丕は軍を北に帰しましたが、呉の国は庚子(かのえね)の年に滅亡の危機にさらされるでしょう。」と答えます。

孫権は「何年後の庚子の年だ。」と聞き返します。

すると彼は「58年後の庚子の年です。」と明確に孫権に伝えます。

孫権は「今起きていることに対処するので手一杯な状況なのにそんな先の事は子や孫たちが考える事であり、私のあずかり知らぬことだ」と趙達に言い、その場を去っていきます。果たして趙達の占いの結果といいますと、ほぼ正解です。

280年に呉は孫晧(そんこう)が降伏した事で滅亡します。

誤差は2年ほど呉の滅亡が早まりましたが、あながち間違えではないでしょう。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

趙達は自分の命日も占うことが出来ました。自分の家で自分の命日を妻に知らせます。

妻は趙達の占いが100パーセント当てていることを知っているため、大声で泣き始めます。

すると彼は「嘘だよ。自分の命日なんて当てられっこないじゃないか」と妻を慰めます。

しかし趙達の命日は自分の占い通りでした。

天才占い師は自分が死ぬ日までわかってしまう恐ろしい精度を誇っていました。

趙達のようにすべての事柄を当てられる天才占い師が出現したら、人気がありすぎて大変なことになってしまいますね。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

関連記事

  1. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当な…
  2. 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い
  3. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/2…
  5. 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格
  6. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  7. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  8. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  2. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?
  3. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  4. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  5. キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊!
  6. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術 あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人 はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?

おすすめ記事

  1. 中国史における農民反乱についての考察
  2. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長
  3. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  4. もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?
  5. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる
  6. 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える
  7. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍
  8. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP