よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた




真田丸

 

西暦1615年5月7日、大阪夏の陣の英雄、真田信繁(さなだのぶしげ)は

複数回にわたる徳川本陣への突撃に疲れ果て、安居神社で休憩している所を、

敵兵に討ち取られて戦死しました。

 

・・・・というのはうっそ~ん!という真田信繁生存説が実は存在するのです。

「竜馬にお任せ」で竜馬を生かして終わらせた三谷幸喜ならやりかねないw

実は生きていた真田信繁伝説とは、どんなものなんでしょ?

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事



真田信繁の影武者になった、真田十勇士 穴山小助(あなやまこすけ)

真田丸

 

真田信繁には、影武者の伝説があります、それは、徳川方と和睦して終わった

大阪冬の陣前から突き従っていた穴山小助という人物です。

この小助、武田家の重臣穴山梅雪(ばいせつ)の甥で実在の人物、

後に真田十勇士のモデルになっていく人物だそうです。

 

この穴山小助は、信繁に顔がよく似ていて、早くから、信繁は

影武者として小助を使って替え玉にしていたのです。



また、ライターkawausoがとばし記事を書いたぜww

kawauso

 

読者様「顔が似てる位で、人を騙せたら世話ねーよww

まーた、kawausoがネタ切れで、とばし記事を書いてるぜー」

 

もしかすると、早とちりして、そう思う人がいるかも知れませんが

ビデオはおろか、写真も存在しない戦国時代、実は影武者は割合ポピュラーでした。

 

例えば、有名な武田信玄は、末の兄弟の武田信廉(のぶかど)が

自分に似た顔形をしていたので、よく影武者として使っていました。

信玄の死後、その死は本人の遺言で三年伏せられましたが、その間は、

弟の信廉が病に伏せっている様子で、他国の使者を騙したのです。

 

当時は、室内の灯りは、ロウソク位しかないのですから、薄暗い部屋で、

信玄と信廉の見分けをつけるのは、他国の使者では難しかったのです。

 

関連記事:【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…

関連記事:【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!

関連記事:【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点

関連記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

 

真田信繁、影武者を幾人も造り、大阪夏の陣に臨む

真田幸村&張遼

 

さて、真田信繁は、穴山小助以外にも、大雑把に自分に似ている程度の、

影武者を大勢任命して、同じ鎧を着せて出陣させます。

 

そして、全員が「我こそは真田左衛門左信繁なりー!!」と叫びながら、

大阪城の周辺で、突撃して行ったのです。

 

 

断っておきますが、徳川勢で真田信繁の顔を知っている人間なんか、

0・1%もいません、写真さえ存在しない時代なのです。

大声で真田信繁だと名乗っているんだから、きっとそうだろう

徳川の兵士は、皆、そんな程度の認識しかないのです。

 

こうして、穴山小助以下、信繁の影武者は、全て討ち死にして、

家康の本陣には、複数の真田信繁の首が届けられる事になりました。

 

関連記事:【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!

関連記事:【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!

 

家康さえも分からない信繁の首だが・・

徳川家康 wiki

 

本来ならば、徳川方に信繁の顔を知っている人がいる筈なんですが、

信繁は関ヶ原で敗戦してより15年も紀州の九度山に幽閉されていたので

皆、若い頃の信繁しか見た事がありません。

 

「え~?これじゃないか、、いや、やっぱこれか??

うーーーん、こっちかも知れない・・でもなあ」

 

家康を始め、誰もどれが信繁か分からない有様でしたが、

そこに、東軍に捕らわれた、大阪方の大将の御宿正友(みしゅくまさとも)

という男が現れました。

 

正友「うおお、信繁殿、御立派な最後、、徳川殿、武士の情けで御座る、

どうか、この正友に信繁殿を供養させて下され」

 

家康は誰だか、分からない信繁の正体に困っていたので、

正友に信繁の埋葬を許す事にしました。

 

正友は、喜んで迷わず、信繁の首の一つを取ると、陣の外に出てゆきます。

 

家康「おい!正友の後をつけろ、もしあいつが、信繁を供養した後で

自分も腹を切ったら、それは本物の信繁の首だ」

 

家臣は言われた通りに気が付かれないように、正友を尾行すると、

家康が言った通り、信繁の首を埋葬した後で自分も腹を切って果てました。

 

家康「そうか!では、信繁は確かに死んだのだ、これでワシも、

枕を高くして眠れるというものじゃ、ガッハッハ!!」

 

 

どっこい生きていた真田信繁は、豊臣秀頼を背負い、薩摩に逃れる

鹿児島

 

しかし、御宿政友が埋葬したのは、一番、信繁に似ていた穴山小助でした。

本物の信繁は、息子の大助と共に、豊臣の御曹司、秀頼を大阪城から、

逃がすべく、秘密の洞窟を通って薩摩に渡っていたのです。

 

当時の京都の童唄には、以下のような文言があったそうです。

 

「花の様なる秀頼様を、鬼のやう成る真田がつれて、

退きものいたよ加護島(かごしま)へ」

 

鹿児島を、加護島としているのは、鬼の形相の信繁が

秀頼を守っている様子で加護と鹿児を掛けたのでしょう。

 

秀頼は身長196センチ、体重161キロのレスラー体格

 

当時、秀頼は21歳の若者で公家文化に親しんだ人だったようです。

だが、、秀頼の身長は196センチ、体重161キロもあったらしく、

小柄な人と書かれた信繁が連れていったというのは???です。

 

秀頼が、小柄な信繁を担ぎあげて逃げていったなら、

まだ信憑性があるのですが・・

 

真田信繁が、薩摩に落ちのびた事を記す 真田三代記

鹿児島

 

では、薩摩に落ちのびて行ったのは、どのような面子だったのでしょう。

最初に、真田信繁生存説を唱えた書物である、元禄年間に造られた

真田三代記によると、薩摩まで落ちのびた豊臣方の面々は、

 

豊臣秀頼、真田信繁、真田大助(息子)後藤基次(もとつぐ)、

長宗我部盛親(ちょうそかべ・もりちか)で、彼等は無事に

薩摩藩まで落ちのび島津義弘に歓迎されたそうです、

真田信繁は、数年、薩摩に滞在し、病を得て病没しました。

 

※えーっと、真田三代記自体が、大阪の陣から70年以上経過して書かれた、

真田家age↑の読物であるという事は、もちろん内緒です。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?…
  2. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  3. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  4. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  5. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第9部
  7. 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!
  8. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 考える諸葛亮孔明

おすすめ記事

  1. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  2. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた 袁術と孫策
  3. もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?
  4. 西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  6. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁

三國志雑学

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何? 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相 曹操の徐州大虐殺 ―きっかけは曹操の父親だった。その父親とは?- 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの? 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話 なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

おすすめ記事

  1. よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?
  2. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  3. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?
  4. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  5. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  6. 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説
  7. キングダム578話ネタバレ予想王翦の神出鬼没には法則があった?
  8. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP