荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男

はじめての三国志_ページネーション

こちらは3ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

荊軻とはどんな人?(1P目)




秦王暗殺計画その4:暗殺計画は失敗。荊軻は惨殺される

始皇帝

 

秦王は荊軻がひるんだ隙を見て、落ち着いて剣を抜き、荊軻を一刀の元に斬りつけます。彼は最後の力を振り絞って、秦王にナイフを投げつけますが、秦王には当たらず、柱に当たります。その後荊軻は秦王とその部下により、斬り刻まれてしまいます。

 

さてここで皆さんが気になったと思うことがあると思います。荊軻と共に来た従者は一体何をしていたのでしょうか。彼は荊軻を助ける事無く、荊軻が刻まれて事件が終わるまでずっとブルブルと震えて立ち尽くしていただけであったそうです。




三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

こうして荊軻が考えた秦王暗殺計画は失敗に終わります。それにしても至近距離からの攻撃は、運よく袖が破れた事で難を避ける事になりました。始皇帝は荊軻や張良などの暗殺者からの攻撃を全てかわします。始皇帝は物凄い運に恵まれた人物であった事が伺えますね。

 

今回のお話はこれでおしまいにゃ。次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう

それじゃまたにゃ~

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 




< 1 2

3

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 張良
  3. 戦国戦う思想家の墨家
  4. 五禽戯と華佗(華陀)
  5. 騎射の術に長けた騎馬兵士

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 予想。
    • 2021年 3月 13日

    キングダム今後の展開予想。

    趙は秦により滅ぼされるが
    李牧は史実と違い死を偽装し生き延びる。

    生き延びた李牧は政の暗殺を目論む。
    樊於期や荊軻を利用して政の暗殺に成功する。

    李牧は燕を味方につけ、太子嘉を擁立し
    秦との戦いに臨む。

    秦は政が死ねば国内が大混乱に陥るため
    かつての漂のように政によく似た人物を政として
    その死を隠す。
    趙高が見つけ出したこの者がのちの始皇帝となる。

    李信は友でもある政の仇打ちのため
    また政が健在であることを国内外に示すため
    李牧との最終決戦に挑む。

    戦いに勝利する秦だが、政を失ったのは大きく
    政の偽者や趙高の増長を許してしまい
    やがて昌平君も秦を見限る。

    秦の中枢は混乱を極めるが政の遺志を継ぐ李信らが
    奮闘し、楚との戦いに勝利して天下は秦により統一される。

    しかし政の理念は幻となり
    暗黒の時代を示唆して物語は完結する。

    • 匿名
    • 2020年 4月 19日

    キングダムではどんなアレンジをされるのか楽しみです。
    お頭は易々と首を取らせてはくれそうにないですし、曲者だらけのキングダム界で、一国の太子が軽んじられたから!という理由で暗殺者を送るとも思えませんし…。
    (逆に成キョウ系かもしれませんが。)

    • さあや
    • 2019年 10月 02日

    荊軻が官僚を目指して、弁論の修行をしていたのを初めて知りました!だから、樊於期の首をもらう説得も上手く言ったんですね
    何となく荊軻って結構自信家っぽいなと思いました笑
    秦舞陽が立っていただけとは…ほんまに役立たず、やったんですね…
    秦王は、めちゃめちゃ運がいいですね
    それも始皇帝としての才能なんですかね
    面白い記事ありがとうございます




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP