【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」




劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

221年劉備(りゅうび)関羽(かんう)の弔い合戦をする為、呉へ侵攻を開始します。

夷陵の戦いとは劉備軍VS孫権軍の戦いです。

蜀の家臣は関羽の弔い合戦を行おうとする劉備に反対意見を述べます。

しかし劉備は家臣の反対意見を聞かず、戦いを挑みますが敗北。

孔明は夷陵の戦いの後、「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る

(こうしょうおなじからざるといえどもこうぎをもってあいとる)」と

側近にこぼします。

この名言の意味と夷陵の戦いを分かりやすく解説していきたいと思います。




夷陵の戦いが起きた原因は

関羽 死

 

まず夷陵の戦いが起きた原因から分かりやすくお話したいと思います。

夷陵の戦いが起きた原因は呉の裏切りと関羽の死です。

呉は蜀との同盟を破棄し、南荊州を手に入れた後、関羽を捕えて殺害。

劉備は義兄弟である関羽が呉に殺された事を知ると、

呉に復讐を誓います。




蜀の群臣が反対するも…

趙雲 子龍

 

劉備は群臣達を集め「義兄弟である関羽を殺した呉に対して

弔い合戦を行う」と宣言します。

蜀の五虎大将である趙雲(ちょううん)は「陛下。今は呉へ攻め込む時ではありません。

先に倒すべきは漢王朝を簒奪(さんだつ)した魏のはずです

魏を攻め滅ぼした後、関羽殿の弔い合戦を行うべきです。」と

反対します。

劉備は趙雲の反対意見に「決めた事じゃ。何も言うな」と

自らの意見を押し通します。

さらに他の家臣も反対意見を述べますが、

この家臣は劉備の怒りをかい、牢屋へぶち込まれます。

こうして劉備の決意が固い事を知った家臣らは反対する事を諦め、

劉備の意見に従う事にします。

 

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

 

孔明は反対意見を述べたのか

諸葛孔明019

 

蜀の家臣らは呉へ復讐戦を行うと決意を固めた劉備に対して、

反対意見を出します。

そんな中、孔明は反対意見を述べませんでした。

また蜀の軍師であるにも関わらず、対呉戦の戦略方針を打ち出しませんでした。

なぜ孔明は対呉戦に関して反対意見や戦略方針を打ち出さなかったのでしょうか。

 

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣

 

孔明が対呉戦に関わらなかった理由

孔明 出師

 

孔明はなぜ積極的に対呉戦の作戦を提案しなかったのでしょうか。

それには二つの理由が考えられます。

一つ目の理由は彼が考えた戦略が原因です。

孔明は蜀が他の二つの国(魏と呉)に比べ、兵力や経済力が貧弱で

独力で魏を打倒する事は出来ないと考えておりました。

そのため呉と同盟し、蜀と呉が連携して魏へ侵攻を行う事で

魏を倒せると考えておりました。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 馬車
  2. 剣を持って戦う徐庶
  3. 王基に感謝する司馬昭
  4. 七星剣
  5. 孔明インタビュー
  6. 董卓

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP