広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

この記事の所要時間: 550




西遊記

 

三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄、それに馬の玉龍、

天竺へ有り難いお経を取りに向かう、おなじみの4人と一匹ですが、

彼等にも前世というものがあるという事をご存じでしょうか?

ドラマでは、中々尺が取れずに語られない、彼等の前世について、

はじ西では、紹介しちゃいますよ。




元々は、天界の水軍提督、天蓬元帥(てんぽうげんすい) 猪八戒

西遊記 猪八戒

 

猪八戒(ちょ・はっかい)と言えば、西遊記のメンバーの中では、

一番の大喰らい、ナマケモノで、女好き、そのうえに、

醜い豚の容貌を持つという、いじられキャラです。

 

しかし、そんな八戒も、下界に落される前は、天の川を管轄する

天帝の水軍を指揮する、天蓬元帥という偉い提督でした。

水軍提督という事は、三国志だったら周瑜(しゅうゆ)レベルです、

あの豚の八戒からは、想像できないカッコいい姿ですね。




病的な女好きが災いし、下界に落され、豚に生まれ変わる

西遊記 猪八戒

 

ところが、この天蓬元帥、恐ろしく女好きという困った一面がありました。

この頃、元帥は広寒宮(こうかんきゅう)の嫦娥(じょうが)という

月の女神に夢中でした。

蟠桃会(ばんとうえ)という聖王母の誕生日の宴の時の事、

したたかに酒に酔った元帥は、宴の席ですましている嫦娥を見かけます。

 

元帥「あんれまぁ、、酔っているせいか、普段より一段と

美しく見えるじゃないのん 嫦娥ちゅわぁぁん」

 

元帥は、ムラムラと湧きあがる情念を抑えきれず、強引に嫦娥に

言い寄ります、びっくりした嫦娥は、悲鳴を上げて助けを求めました。

この事は、ただちに天帝の耳に入り、武人にあるまじきハレンチな

振舞いと怒った天帝は、元帥を鎚(つい)で二千回打ちすえます。

 

天帝「貴様は天上人失格じゃ、、人間からやり直せ」

 

こうして、元帥は身分をはく奪された上に、天上から落されたのです。

ところが、元帥は、人間に生まれ変わる筈が、何の手違いか、

目標を逸れて、隣の豚小屋に落ちてしまいます。

そして、ちょうど妊娠していた雌豚の腹に宿り、豚の子として、

生まれ変わってしまいました。

 

豚に生まれ変わり、人を喰う妖怪に変化する天蓬元帥

西遊記の前世03

 

絶望した、元帥は、雌豚の腹を喰い破り誕生します。

 

元帥「もう、おしまいだ、人になるつもりが豚になっちまった!

天界にも戻れん、人にもなれん、ちくしょう!ちくしょう!!」

 

やけになった元帥は、周囲にいた豚を全て叩き殺すと、

福陵山(ふくりょうさん)で人を喰う妖怪になるのです。

その後、女妖怪の婿になり、一年余り暮らしますが、妻が死にます。

元帥は、そのまま、妻の遺産を食いつぶし、財産を使いきると、

また、山に籠り、人間を襲って食べる生活を送るのです。

 

こ、、怖い、、ドラマでは、かなりユーモラスな猪八戒は、

本当は、こんな壮絶で残虐な妖怪だったんですね。

 

そんな荒んだ生活をしていた、元帥ですが、天竺へ仏典を取りに行く

旅人を探していた観音菩薩(かんのんぼさつ)と、

弟子の恵岸(けいがん)が福陵山を通りかかり、

 

「三蔵法師の供をして天竺まで行くなら、その罪は許され、

来世では浄壇使者(じょうだんししゃ)として天界に住めるだろう」と言います。

 

天界に戻りたい元帥は、土下座して罪を詫び、二度と人間は食べないと誓います。

そこで、観音菩薩は、彼に猪悟能(ちょごのう)という法名を与え、

三蔵法師が来るのを待つようにと言いつけます。

 

元々は、天帝の側に仕えた捲簾大将 沙悟浄(さごじょう)

西遊記 沙悟浄

 

日本では河童の妖怪として知られる、沙悟浄、力は弱いですが、

いつも冷静でクール、世の中を斜めに見るひねくれ者の彼は、

元々は、天界において、天帝の側近くに仕えガードする

捲簾(けんれん)大将という近衛(このえ)大将でした。

 

ちなみに捲簾とは、天帝の前に垂れている御簾(みす)を

まくるという意味ですが、大将がまくるのではなく、

ちゃんと、御簾をまくる役の役人がいます。

 

蟠桃会で玻璃(はる)の器を割る大失態、地上に落される

西遊記 沙悟浄

 

しかし、捲簾大将の運命は、蟠桃会という聖王母の誕生会で、

一気に暗転してしまいます。

 

ここで、孫悟空は、宴会に呼ばれなかった事を恨み、大暴れして、

仙人しか食べられない食事や、酒を飲み喰いしますが、

この時、捲簾大将は、誤って、聖王母が大事にしている玻璃の器を

落して割ってしまうのです。

 

しまったと思った捲簾大将は、これを悟空の責任にしようとしますが、

目撃者がいて、ばれてしまいます。

聖王母は、天帝の母ですから、天帝の怒りは普通ではありません。

 

天帝「この無礼者め!貴様は首だ!地上に落ちて罰を受けよ」

 

こうして、捲簾大将は、鞭で八百回打たれた上で地上に落されます。

そこは、砂漠のど真ん中で、喉は渇き、凍える程に寒いのです。

さらに、天帝は罰として、7日に一回、天から鋭い剣を飛ばして、

捲簾大将の脇腹を抉りました。

 

エグイ、エグ過ぎる、幾ら高価でも過失で割った器ごときで、

こんな刑罰を与えるなんて、天界はブラック企業です・・

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけ…
  2. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  3. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  4. 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍
  5. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  6. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  7. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  8. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師
  2. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  3. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  4. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  5. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  6. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた はじめての三国志 facebook はじめました。 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた! 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた! 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!? 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの? 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る

おすすめ記事

  1. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  2. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  3. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  4. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  5. 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる
  6. キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力
  7. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?
  8. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP