えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

苛酷な環境で運命を呪い、捲簾大将は妖怪になる・・




西遊記 沙悟浄

 

捲簾大将「俺が何をしたというのだ、誤って器を割っただけで、

どうして、こんなに苦しむのだ、ちくしょう!ちくしょう!」

 

捲簾大将は、苛酷な環境で性格が歪み、砂漠に迷い込んだ人間を

喰らう妖怪に変化していきます。

 

こうして、元は人間の姿をしていた大将は、藍色の顔になり、

髪は火のように赤く、目は丸く光を放つという異形になり果てるのです。

 

西遊記 沙悟浄

 

因みに、沙悟浄を河童としているのは誤りで、彼が根城にしていた

流沙河を砂漠ではなく、川と誤解した事から変化したそうです。

 

荒んでいた彼ですが、そこに、天竺へ仏典を取りにいく旅人を

探していた観世音菩薩と恵岸が通りかかり、

 

「天竺へ向かう三蔵法師の供をして天竺に行くなら、

その罪は許され来世では金身羅漢(こんしんらかん)として

天界の池に住めるだろう」と告げます。

 

天界に戻りたい沙悟浄は、土下座して罪を詫び、

三蔵法師の供になると誓うのです。

 

観音菩薩は、捲簾大将に沙悟浄という法名を与え、三蔵法師がやってくるのを

暫く待っているように言い置いて、去っていくのです。




元は釈迦の二番弟子だった三蔵法師

西遊記 三蔵法師

 

非力ですが、品行方正で優しい性格に描かれる三蔵法師ですが、

彼にも前世が存在しています。

それが、釈迦の二番弟子だった金蝉子(こんぜんし)です。

さて、この人物、釈迦が二番弟子にしている程なのに、釈迦の説法を聞かず、

その教えを貶すような事をしたようです。

なんだか、仏の教えには従順な三蔵法師とは大分違いますが・・

 

その為に釈迦の怒りに触れて、東方に転生させられてしまいます。

東方とは、インドから見た中国の事で、ここで生まれ変わった三蔵法師は、

心を入れ替えて、仏教に帰依(きえ)します。

 

そして、天竺(てんじく:インド)に行って、仏典を持ち帰ろうと

一念発起して、何と、9回も転生しては、天竺を目指すという旅を

繰り返しますが、毎回、流沙河に巣くう妖怪に喰われて失敗しています。




流沙河で三蔵法師を食べたのは、沙悟浄

西遊記 三蔵法師

 

実は、この流沙河(りゅうさが)の妖怪、沙悟浄の事なのです。

沙悟浄は、僧行をしていて、首から9個の髑髏をぶら下げていますが

それは全て、三蔵法師の前世の頭蓋骨なのでした。

 

さて、10回目の転生、すなわち三蔵法師になった現在の

三蔵は、長安で、天竺に仏典を取りにくる使者を探していた、

観音菩薩に見事に選ばれます。

 

「天竺から仏典を持ちかえれば、以前の罪は許され、

来世では、天界に上り旃檀功徳仏(せんだんくどくぶつ)として

釈迦の側で仕える事が出来よう」

 

それを聞いた、三蔵法師は天竺行きの使命を引き受けます。

こうして、五行山で孫悟空、福陵山で猪八戒をお供にした

三蔵法師が流沙河に差しかかると、、再び、沙悟浄が襲いかかります。

 

しかし、今度は、三蔵法師が先に弟子にした猪八戒が、

沙悟浄を止めて、三度も打ちあい、決着がつきません。

それを見ていた孫悟空は筋斗雲に飛び乗り、観音菩薩を呼びにいきます。

観音菩薩は、恵岸という弟子を派遣します。

 

そこで、沙悟浄は、ようやく、この一行が待ち望んでいた

三蔵法師だと知って、弟子になるのです。

 

でも、過去の自分を9回も食べた、沙悟浄を弟子にするなんて、

三蔵は怖くないのでしょうか・・・

 

西遊記ライターkawausoの独り言

表情 kawausoさん01

 

ところで、西遊記では、妖怪達が三蔵法師を食べれば不老不死になれると

言って、襲いかかってきますが、その理由は、三蔵が10回転生する間、

一度も、精を漏らした事がない清浄な体だからとされています。

 

つまり、三蔵法師は、性交渉はおろか、オナニーも夢精すらしていない

完璧な高僧なので、その肉は仏に匹敵すると考えているのです。

 

しかし、それなら、流沙河で、三蔵の前世を9回食べている、

沙悟浄は、とっくに不老不死なんじゃないか?とkawausoは疑問に思いました。

さて、今日の西遊記はこれでおしまい、続きは次回のお楽しみ

カチカチカチ~

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記

 



よく読まれている記事

西遊記

 

よく読まれている記事:【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

 

西遊記 孫悟空

 

よく読まれている記事:【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?

 

西遊記 孫悟空

 

よく読まれている記事:【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

 

西遊記

 

よく読まれている記事:え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

< 1

2

関連記事

  1. 孫姫

    はじめての変

    曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3

    曹操の13人の妻を一挙公開! その3です。以下にご紹介…

  2. 孫権
  3. kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ
  4. 関羽の一騎当千
  5. 過労死する諸葛孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP