広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?

この記事の所要時間: 354




西遊記

 

三蔵法師とその一行の目的と言えば、天竺(てんじく)まで、

有り難いお経を取りに行く事だと、皆さんは思っているのではないでしょうか?

しかし、実は、お経取得は、西遊記の本当の目的ではありませんでした。

西遊記には、真の目的があり、それが多くの二次作品や西遊記に

インスパイアされた物語が出来た理由なのです。




西遊記は大昔のRPGだった!

西遊記 三蔵法師

 

皆さんは、RPGというゲームのスタイルをご存じですか?

ロールプレイングゲームとよばれる、この形態のゲームは、

当初、主人公はレベル1という最弱の状態から始まります。

 

もちろん、所持金も少なく、手持ちの武器や防具も貧弱、

城から一歩でれば、最下級の雑魚モンスターにも、

ようやく勝てるという程度の強さです。

 

しかし、RPGには経験値という項目があり、

これを溜めると、少しずつ強くなったり、魔法が使えたりします。

ゲームによっては、進行によって、仲間が入ったりして

パーティープレイになり、最初は苦しかった闘いも楽になります。

 

そうすると、城の周辺のモンスター相手では物足りなくなるし、

経験値も少ししかもらえないので、必然的に、遠くの土地、

より強いモンスターや難しいクエストがある場所へ移動します。

 

こうして、自分が強くなるに従い、敵や謎も手強くなり、

ゲームをクリアした時には、成し遂げたという達成感が産まれます。

実は、西遊記は、こういう人の心理を利用した物語なのです。




登場人物は欠点だらけの西遊記

西遊記

 

さて、上記のRPG理論を踏まえて西遊記を見てみると、

その登場人物は、欠点だらけであるという事が分かります。

 

西遊記 三蔵法師

 

三蔵法師は、徳の高いお坊さんですが、武力はゼロに等しく、

妖怪を倒す魔法が使えるわけでもありません。

しかも、弱虫で、お人良し、呆れる程に他人を信じやすく、

妖怪に騙されて、さらわれたり、計略にハマって悟空を破門したります。

はっきり言って、パーティープレイでは足手まといです。

 

西遊記 猪八戒

 

猪八戒は、一応、武力はありますが、大喰らいで女に弱く、

ナマケモノ、しかも、いつも不満ブーブーで

悟空の悪口を三蔵法師に吹き込み、パーティーの仲を壊します。

 

西遊記 沙悟浄

 

沙悟浄は、原作では、三蔵法師を守る役まわりで、

喧嘩ばかりする悟空と八戒の仲裁役ですが、武力は余りなく

パーティーの戦力になっているとは言えません。

 

西遊記 孫悟空

 

孫悟空は、三蔵法師一行では、強力な武力を持っていますし、

沢山の妖術も使えるのですが、短気で自分勝手、三蔵法師に叱られると

癇癪を(かんしゃく)を起して故郷に帰るなど、協調性と忍耐力という、

メンタル面が、子どものようなタイプです。

 

そう、RPGの最初のように、三蔵法師一行も欠点だらけなのです。

 

取経の旅は、三蔵法師一行の魂の成長を促すおまけ

西遊記

 

しかし、実は、これこそ観音菩薩(かんのんぼさつ)の狙いでした。

長い、長い、天竺までの旅の途中で、妖怪に襲われたり、頼みごとを

されたりするのを、乗り越える事で、三蔵法師一行が、お互いの欠点を補い

助け合う事を学び、生物的に成長する事を望んでいたのです。

 

また、そうして、他人への思いやりを会得した上でないなら、

天竺まで辿りついて、経典を手にいれても、それを真に理解した

とは言えないのだと考えていました。

 

例えば、物語の最初で孫悟空は、三蔵法師に、

 

西遊記 孫悟空

 

「わざわざ歩かなくても、天竺まで筋斗雲で、

ひとっ飛びに飛べば、お経はすぐに取って来れる」

 

と主張しますが、それは三蔵に止められます。

 

苦労をして、長い旅をしないと、お経の真の意味は分からない

三蔵法師は、そのように観音菩薩に言われていたからです。

 

登場する妖怪は、大半、太上老君や観音菩薩のペットという自演ぶり

西遊記 観音菩薩

 

さらに、天竺までの道のりで遭遇する妖怪の類は大半、

観音菩薩や、太上老君が仕込んでおいた自作自演でした。

その困難は全部で九×九で、八十一存在し、全てを乗り越えると、

天竺まで辿りつき、お経が取得できる裏設定になっていました。

 

その自作自演は、手が込んでいて、人を吸い込む瓢箪でお馴染みの

金角大王(きんかくだいおう)と銀角大王(ぎんかくだいおう)は、

太上老君(たいじょうろうくん:老子)の炉の番人。

 

霊感(れいかん)大王の正体は、観音菩薩が飼っていた金魚。

獨角兕(どっかくじ)大王は、太上老君の乗る牛が正体、
賽太歳(さいたいさい)大王も、観音菩薩の乗物のペットが正体でした。

 

それらは、主人の目を盗んで逃げた設定ですが、

神や仏である太上老君や観音菩薩が、うっかりなんてある筈もなく

明らかに、三蔵一行を邪魔させる自作自演なのです。

 

外にも、普賢菩薩(ふげんぼさつ)や文殊菩薩(もんじゅぼさつ)

と言った、天界の錚々たる大物が、うっかり逃がした霊獣が、

三蔵法師一行の前に立ちはだかり、お経取得を妨害しまくります。

 

彼等が加担しなければ、もっと天竺旅行は楽だった事は、

100%間違いないのですがそこは、決められた八十一の試練です。

不満は言わずに乗り越えないといけないのです。

 

西遊記は人類普遍のテーマを扱う

西遊記 三蔵法師

 

不完全で未熟な人間が、集まり、喧嘩したり力を合わせたりして、

大きな目的を成し遂げるのは時代を問わない人間の好むテーマです。

 

後世のクリエイターは、西遊記にインスパイアされ、

西遊記の亜流になる、多くの物語を世に送り出していきます。

人は一人では生きられないから、仲間を必要とするけど、

それぞれに個性があり、衝突したり励まし合ったり、慰め合う。

西遊記のお話は、恐らく人類が存続する限り、様々なアレンジを

加えながら、無数に産まれていくでしょうね。

 

西遊記ライター kawasuoの独り言

表情 kawausoさん01

 

西遊記には、天竺まで行き、お経を取ってきて万民を救うという

大きなというテーマ、デコボコの個性豊かな登場人物が、喧嘩したり、

助け合いながら成長する人間ドラマの要素、そして、妖怪変化と戦う

冒険要素が織り込まれています。

 

これは、洋の東西のデザインを問わずRPGに共通する要素なのです。

いわば、RPGは全て、西遊記の亜流とも言えるでしょうね。

 

本日のはじめての西遊記は、ここまで、続きは次回のお楽しみ

カチカチカチ・・

 



よく読まれている記事

西遊記

 

よく読まれている記事:【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

 

西遊記

 

よく読まれている記事:えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

 

西遊記 孫悟空

 

よく読まれている記事:【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

 

西遊記 孫悟空

 

よく読まれている記事:【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  2. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の…
  3. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について…
  4. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  5. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/1…
  7. 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?
  8. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  2. 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  3. 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!
  4. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!
  5. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  6. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ! 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった? LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム? 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3

おすすめ記事

  1. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  2. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  3. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  4. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  5. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  6. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情
  7. 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー
  8. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP