架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!

この記事の所要時間: 346




太史慈 孫策

 

三国志の最大の見せ場と言えば、数多の英傑がぶつかる合戦のシーンです。

そして、そんな戦場の花形と言えば、騎兵という事になるでしょう。

では、三国志の時代の当時、馬はどのように扱われたのでしょうか?




今の価格では、数百万円もする 高価だった馬

孫策

 

私達は、軽く馬と考えてしまいますが、今でも、馬は大変に高価です。

馬は、一頭の雌が一頭しか産めないし、人が乗れるようになるまでは、

生後2年位は掛かるようです。

 

しかも、それまでには、高度な調練が必要なのですから、

馬というのは、走る芸術品という存在なのです。

 

今でさえ、そうなのですから、三国志の時代となると馬は貴重品でした。

現在の貨幣価値で換算すると、一頭数百万円にはなると言います。

まるで、新車の乗用車レベルなのです。

当然、簡単に殺すわけにはいかないので、大事にされていました。




騎兵になれるのは、お金持ちだけ

騎馬兵にあこがれる歩兵

 

三国志の時代の軍制では、馬は有力な豪族が個人で所有していたようです。

合戦で使う大量の軍馬を、国家が一括で飼育しているわけではないので

そうなると、必然的に金銭に余裕がある豪族位しか騎兵には成れません。

 

これは、中国ばかりではなく、古代は大抵の国で同じです。

だから騎兵は敬意を払われ、所作も人物もカッコいいのです。

 

また、馬術は、絶えず訓練しないと、合戦では使い物にならないので、

喰う事に一日の大半の時間を裂かれる農民階層は、歩兵にしかなれない

という事になるわけです。

 

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

 

後漢時代の厩舎(きゅうしゃ)とは?

後漢時代の厩舎

 

さて、そんな馬ですが、合戦が終わったら、或いは、飼い主を背に

乗せるのを終えたら、厩舎に帰る事になります。

もちろん、馬は、自分一人で餌を探して歩き回るわけにはいきません。

馬の世話をする、馬丁というスタッフがいて、世話をします。

イラストは、後漢時代の厩舎の様子を書いた、石刻版を描き起こしたものです。

 

まず、一日の仕事を終えた、馬は、口にくわえさせられている、

ハミを外され、乗せている重たい鞍を取り外し、腹帯も取ります。

鞍には大抵、矢筒が一緒についているので、これも外します。

 

次は、タオルか、藁で、水を被ったように濡れている馬体を拭きます。

これが一番、重要で、これを怠ると馬が皮膚病になったり、

免疫力が低下してしまって、病気になりやすくなります。

 

飼葉を与えて、立ったまま眠らせる

後漢時代の厩舎

 

さて、一連のアフターケアが済むと、馬がお待ちかねの飼葉を与えます。

後漢の時代は、近くで鳥を放し飼いしていたのか、食事の時間には、

おこぼれを求めて、鳥が集まってくる事もあったようです。

という事は、飼葉の中に藁以外に、穀類も混ざっていたという事かも知れませんね。

 

馬丁は、手に棒のようなものを持っていますが、これは鞭です。

皮の鞭のようには、しなりませんが、竹などで造られていたようです。

画面の左側では、別の馬丁が、しゃがんで作業をしていますが、

これは、藁を叩いて、食べやすくしている所のようです。

 

馬丁は、必然的に動きやすい服装が必要になるので、

ズボンと靴を使用しているのが見てとれます。

 

さて、イラストを見ると、天井に四角の枠があり、

それが鎖で、ぶら下げられているのが分かると思います。

どうして、こうなっているかと言うと、馬を眠らせる時に、

腹帯を四方の鎖に結んで、馬が立って眠る時の足の負担を

軽減しているようです。

 

成長した馬は、立ったまま眠る事が多い

旅馬 三国志

 

馬を立ったまま眠らせるというと、動物虐待のようですが、

そうではなく、馬は仔馬時代を除くと、生涯の大半を立ったまま眠ります。

たまに、足を休ませる為に座る事もありますが、それも、

4時間位が限度で、体重が重いので、それを超えると、

内臓に圧迫がかかり健康に悪影響があるという事です。

いずれにしても、立って眠る馬の足の負担を減らすのに、

腹帯で天井の枠に馬体を吊るして、足の負担を減らすのですから、

かなり馬の健康には、気を使っていたんでしょうね。

 

関連記事:まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

関連記事:三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

関連記事:三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い!

関連記事:三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いつも、馬上の人にばかり、脚光が向かい、地味で目立たない馬。

でも、大変高価な馬は、とても大事にされていたのですね。

それに、馬は活動的で、陰陽思想の「陽」の象徴ともされており、

大昔は、馬を生贄にする事で死者が甦るとも考えられていたようです。

それだけ、中国人は大昔から馬に大きな興味を持っていたという事になります。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介
  2. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  3. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!
  4. 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏…
  5. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  6. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  7. キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・…
  8. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  2. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  3. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)
  4. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  5. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情 あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部 もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた? 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1

おすすめ記事

  1. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  2. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  3. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男
  4. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  5. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】
  7. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  8. 陳寿が語る孫権像

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP