架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ

この記事の所要時間: 316




sp_title01

 

現在、はじめての三国志は「大戦乱!!三国志バトル(以降三バトと略させていただきます)」

とコラボを実施しております。

 

sp02-10

 

三バトのゲーム内では三国志マンガ・「蒼天航路」に出てくる曹操を

プレゼントしておりますが、

蒼天航路の曹操とはいったいどんなキャラクターなのかご紹介していきます。

※蒼天航路○話で紹介していきますが、巻数ではありませんのでご注意ください。




蒼天航路とはいったいどんなマンガなの?

極厚 蒼天航路(1) (KCデラックス モーニング)

 

蒼天航路(そうてんこうろ)に出てくる曹操を紹介する前に、

「蒼天航路」とは一体どんな内容の

マンガなのでしょうか。

蒼天航路は正史「三国志」と三国志演義を融合させた三国志のマンガで、

今までにあった三国志に登場していた悪役である曹操のイメージを払拭し、

英雄としての曹操の活躍を描いている三国志マンガです。




蒼天航路の曹操(幼少期~青年期まで)どんな人物なのか?

蒼天航路(1) (モーニングコミックス)

 

蒼天航路をざっくりと紹介させていただいた所で、

本作品の主人公である曹操を紹介していきたいと思います。

蒼天航路の曹操は幼少期から自分に自信を持っています。

そのため自分に逆らうものは誰であっても許さないという姿勢が見えます。

正史三国志にはこの曹操の姿勢を名言として載せております。

彼は「私が人に背くことがあっても、人が私に背くことを許さない」と名言を残しており、

彼の峻烈な性格が表れております。

 

だれであろうとルールを破ることを許さない洛陽北部尉

蒼天航路(2) (モーニングコミックス)

 

曹操は、20歳になると洛陽北部尉(らくようほくぶい)に任命されます。

このとき曹操は洛陽内の治安を守るため、法令を制定。

彼は法令を制定した際に「誰であろうと破った者は厳罰に処す」と

厳しいルールを制定します。

曹操が作った法令を洛陽の民衆は恐れると共に順守します。

こうした厳しいルールが制定されたおかげで、以前は法令を破る者が大勢いましたが、

彼の制定した厳しい法令のおかげで、ルール違反をする者がいなくなり、

治安は日に日によくなっていきます。

そんな日々が続いていたある日、一人の高官が曹操の制定した法令を破ります。

曹操は法令を破った高官に情け容赦なく、打擲(ちょうじゃく=ものすごく太い棒で

背中を殴る刑罰)刑を加えようとします。

高官は曹操を脅しますが、彼には全く聞きかず、

高官に打擲刑を加えるように部下に指示を出し、彼は立ち去ります。

そして打擲刑を行った部下が曹操に「亡くなりました」と報告すると、

曹操は「ならば良し」と言い放ちます。

漢の腐敗を正し、漢帝国再興に燃えていた曹操は、このように高官であろうとルールを

守らない人には情け容赦なく、厳罰で臨んでおり漢のルールがいかに重いかを

周囲に知らしめておりました。

 

私財をはたいて董卓連合に参加

極厚 蒼天航路(3) (KCデラックス モーニング)

 

漢の朝廷は董卓(とうたく)を洛陽に入城させた事で、彼に朝廷の実権を握られてしまいます。

曹操は彼の暗殺を試みますが失敗。

袁紹(えんしょう)を煽って各地の実力者を集め、

反董卓連合軍の盟主になるよう勧めます。

袁紹は曹操の言葉を聞き、反董卓連合を結成します。

曹操もこの連合軍に参加するため、私財をはたいて兵を募り参加。

 

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発

関連記事:北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

 

徐栄との一騎打ち

極厚 蒼天航路(12) <完> (KCデラックス モーニング)

 

彼は少ない兵を率いて、反董卓連合軍に参加。

その後各地でいくつかの戦いに参加し、軍功をあげていきます。

曹操はこうして着実に軍功をあげていく中、

董卓軍の勇将・徐栄(じょえい)と戦うことになります。

彼は三国志であまり一騎打ちを行っているように見えません。

しかし蒼天航路では、曹操が徐栄に一騎打ちを仕掛け、互角に打ち合いますが、

全体的には大軍の徐栄軍に敗れてしまいます。

この戦いで、夏侯惇(かこうとん)は流れ矢によって片目を失い、

自分の目を食べるシーンがあります。

しかし彼が片目を食べるシーンは、

呂布との最後の戦である徐州攻略戦の時の出来事ですが、

新しい三国志の解釈である「蒼天航路」はこの時に片目を失っております。

それだけ徐栄との戦が激しかったことを物語っております。

曹操はその後もいくつかの戦闘に連合軍と共に参加。

しかし反董卓連合軍は董卓を討ち果たすことができず、解散することになります。

 

次回記事:【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 



よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男
  2. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に…
  3. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  4. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…
  5. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  6. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  7. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?…
  8. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介
  4. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説
  5. 95話:馬超と張飛の一騎打ち
  6. 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家 どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった! 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 93話:名将 張任、遂に堕ちる

おすすめ記事

  1. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  2. 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?
  3. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将
  4. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  5. 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。
  6. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?
  7. 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?
  8. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP