ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
Youtube


はじめての三国志

menu

はじめての変

【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱




photo credit: Lantana in the dark via photopin (license)

 

 

陶謙救援に向かう劉備一行

劉備陶謙の援軍要請に応え、義兄弟の二人と少ない軍勢を連れ、

徐州の州都である下邳(かひ)へ向かいます。

彼らは下邳に向かう途中、恐ろしいものを目にします。

それは死体で泗水(しすい)が埋め尽くされている光景です。

関羽はこの光景を見て曹操の虐殺行為に激怒。

しかし劉備曹操の行為を認めませんが、曹操の思い描く天下を想像し涙を流します。

その後劉備は下邳城で陶謙と会見後、曹操軍を防ぐため郯(たん)城へ向かいます。

 

前回記事:【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強




曹操と劉備の対決…?

蒼天航路(16) (モーニングコミックス)

 

曹操は徐州を蹂躙し、劉備のこもる郯城へ向けて進撃を開始。

劉備は曹操が郯城へ向けて進軍していることを聞き、自ら軍を率いて出撃を決意します。

彼は城門を開いて出撃しようとしますが、曹操軍は影も形も無くなっておりました。




曹操はどこへ

蒼天航路(15) (モーニングコミックス)

 

曹操は劉備が籠る郯城攻略に向けて進軍しておりましたが、急報が入ります。

その急報とは天下無双の武を持っている呂布が兗州を奪い取り、

荀彧が籠る鄄城(けんじょう)へ侵攻を開始しているとの事でした。

曹操は荀彧の危機を感じ、郯城攻略を諦め兗州へ引き返します。

 

徐州の牧・劉玄徳

極厚 蒼天航路(5) (KCデラックス モーニング)

陶謙は曹操の軍勢が徐州から撤退した事を知ると、緊張の糸が切れ病にかかります。

彼は己の死期を感じ、劉備に徐州を頼むと遺言を残した後、

亡くなります。

劉備は陶謙の遺臣らから、徐州の牧に就任するよう要請を受けますが断り、

徐州を去ろうとします。

しかし彼を推戴したのは陶謙の遺臣だけではなく、

徐州に住む人々も彼に徐州の牧になるよう要請。

劉備は民衆の声に押され、徐州の牧に就任します。

こうして群雄の一人として、天下にその名を知られることになります。

 

荀彧間一髪で命を拾う

極厚 蒼天航路(10) (KCデラックス モーニング)

 

荀彧は呂布を値踏みするため、果敢にも鄄城から出撃します。

彼は呂布を軍勢から引きずり出し罠に嵌めるため、偽の退却を行います。

しかし呂布は荀彧の思い通りに動きますが、

呂布の攻撃により、馬を斬られてしまい、退却が行えない状況になります。

呂布は馬から落ちた荀彧に狙いを定めます。

荀彧が呂布に討ち取られそうになったその時、

呂布軍の兵士が大声で「曹操が来たぞ!!」と大声をあげます。

呂布は方向を曹操軍に向け、突撃を敢行します。

 

蒼天航路と史実の相違点:荀彧は呂布軍と戦っていない

極厚 蒼天航路(4) (KCデラックス モーニング)

陳宮(ちんきゅう)と張邈(ちょうばく)は曹操に反乱を起こします。

二人は流浪していた呂布を迎え入れ、兗州の大半を反乱側に迎え入れる事に成功。

その後、陳宮程昱(ていいく)が守備する城へ向けて出撃。

呂布はこの時、濮陽(ぼくよう)城に駐留しておりました。

その後曹操が軍勢を率いて濮陽を包囲し、激しい攻防戦が始まります。

しかしイナゴの大量発生により、兵糧が無くなってしまったため、

両軍は一度撤退します。

しかし蒼天航路では呂布と曹操が引き分けになった原因であるイナゴを描き、

それ以外は独自の方針で兗州の戦いを描いております。

この点が正史三国志と違う点ですが、正史をベースにしていることもあり、

両軍が引き分けた原因をしっかりと描いております。

 

呂布との一騎打ち

曹操は軍の戦闘に立ち呂布軍を蹴散らしながら、呂布めがけて突撃していきます。

彼の後ろからは空を覆うほどのイナゴが後に続きます。

呂布は曹操が軍勢の戦闘に立って突撃してくる姿を見つけ、

彼もまた赤兎馬を掛けさせ、曹操に渾身の一撃を見舞います。

曹操は呂布の渾身の一撃をしっかりと受け止め、彼に「天下とはなんだ」と

問いただします。

呂布は曹操の問いかけに対し「龍の住処である」と言い放ち、再び渾身の一撃を見舞います。

しかしこの一撃も曹操にしっかりと受け止められてしまいます。

その後二人の周りをイナゴが埋め尽くした事が原因で、退却を行います。

こうして兗州奪取戦の第一幕が閉じます。

 

次回記事:【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 



よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 関羽の一騎当千 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  2. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  3. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  4. 黄月英 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  5. 近藤勇と関羽 そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた
  6. 曹操のガラス 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女と…
  7. 魯粛、孫権、張昭 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  8. 竹林の七賢 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほん…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 劉備 食客
  3. 曹操は褒め上手
  4. 合肥の戦いの満寵
  5. 曹丕と曹操
  6. 呂布
  7. 三国志時代の牢獄
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

君主論18 kawausoさん キングダム「金毛の見事な最期を考察」 諸葛瑾 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント? 韓非子を読む劉禅 諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは? 金栗四三 いだてん 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は? 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード アンゴルモア元寇合戦記一巻ネタバレレビュー 愛馬に乗る張遼 夏侯惇の部下だった張遼ってどんな性格だったの? 李姫 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP