よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

この記事の所要時間: 451




陳宮

前回「曹操編」と題し、陳宮の青年期から曹操(そうそう)の元で仕えていた頃をご紹介しました。

今回は曹操の元を離れて、呂布(りょふ)に仕えた陳宮を取り上げていきたいと思います。

 

前回の記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」




天下無双の武を持つ呂布を兗州の盟主として迎え入れる

 

曹操は父親の敵である徐州の陶謙(とうけん)討伐の兵を二度にわたって行います。

曹操は一度で徐州を攻略できなかったので、翌年再び大軍を率いて徐州討伐へ向けて出陣します。

陳宮は曹操が徐州討伐へ向かうと、陳留太守である張邈(ちょうばく)や弟である張超(ちょうちょう)などを反乱に加担させた後、呂布を兗州へ招き入れ曹操に対して、反旗を翻します。当時兗州の城は約80あるとされ、この反乱に77城が反乱に加担します。

陳宮は敵対した三城の内の一つである東阿城攻略に向かいます。

しかし、東阿城を守備していた程昱(ていいく)は東阿城付近を流れる河の渡しを破壊します。

陳宮は河を渡れず、渡河地点を修復するため、行軍が遅れてしまいます。

この間に程昱は東阿城の防備を厚くします。

陳宮は渡河地点を修復し、東阿城を攻撃しますが、防御が固く、守備兵の士気が高い事から、攻略には時間がかかると判断し、濮陽へ撤退します。

その後、曹操が徐州から帰還し、すぐさま呂布と陳宮に奪われた兗州を奪還するため、呂布の居城濮陽へ向けて出陣します。

 

関連記事:程昱(ていいく)ってどんな人?|気性の荒いおじいちゃん

関連記事:実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)




兗州決戦1

photo credit: DSC_0204 via photopin (license)

photo credit: DSC_0204 via photopin (license)

 

陳宮は濮陽に戻った後、濮陽城の防備を固め、兵糧を大量に運び込み、曹操軍来襲に備えます。

その後曹操軍が濮陽城を包囲し、猛攻を加えます。

しかし曹操軍は陳宮が知略の限りを用いて、防備を固めた濮陽城を中々陥落させることはできません。

この戦いは100日以上にわたって攻防戦が繰り広げられますが、曹操軍は、濮陽城を陥落させる事はできませんでした。

この攻防戦の最中、イナゴが大量に発生したため、両軍は戦いどころではなく、曹操軍は撤退します。

呂布軍は追撃する事はありませんでした。

 

兗州決戦2

呂布 VS 曹操

 

翌年、曹操と呂布の激しい戦いが再び始まります。曹操は濮陽を攻略することをやめ、兗州の反乱軍の諸城を攻略する作戦に変更します。曹操は兗州の諸城を救援しに呂布が来ると予測し、兗州の諸城を攻略するときは必ず付近に伏兵をおいて、呂布が援軍に来てもすぐさま迎撃できるようにします。

呂布は手に入れた兗州の城を黙って曹操に奪還させるわけにも行かず、出陣します。

曹操は兗州各地の城を攻略し、濮陽から援軍に出てきた呂布軍の将軍たちを撃破していきます。

陳宮は呂布の軍勢に加わらず、濮陽の守備を固めておりましたが、呂布の軍勢が、曹操軍の伏兵に遭い、敗れ続けている状態を見て、彼は軍勢を率いて呂布に合流します。陳宮は呂布と合流し、すぐさま軍議を開くよう求めます。

呂布は軍議を開き、陳宮の意見を求めます。

 

陳宮の献策を受け入れる呂布

裏切り 呂布

 

陳宮は「曹操は屯営にいます。そこで東緡県(とうびんけん)まで進出し、曹操が次にどのような動きをするのかを伺うのがいいと思います」と提案します。

呂布はこの献策を受け入れ、東緡県に向けて出陣します。

陳宮は呂布と共に東緡県に着くとすぐさま偵察隊を出し、曹操陣営を伺わせます。

偵察隊の報告によると城内の守備兵は1000人足らずで、残りの兵は麦を狩りに離れた場所へ移動しており、城内には曹操の姿も見られたと報告を受けます。

陳宮はすぐに呂布の元へ行き「今こそ好機です。すぐに城内に攻撃を仕掛けましょう」と献策します。

呂布はこの献策を採用し、すぐさま出陣します。

呂布は城が見える所まで来ると、あたりの地形を警戒し、攻撃を行わず退却します。

陳宮は呂布の不可解な行動にいらだちを覚え「なぜ攻めないのです。今こそ最大の好機ですよ」と詰問します。

すると呂布は「この地は伏兵を置くのに最適だ。そのため一日様子を見て、明日攻撃を行う」と言い、東緡県に戻っていきます。

陳宮は呂布のこの言葉を聞いてどう思ったのでしょうか。

曹操を討つ最大の好機を棒に振った呂布を罵りたかったに違いありません。

呂布軍は翌日攻撃を行いますが、前日呂布軍を見かけた曹操は麦を狩りに行った兵士を呼び戻し、伏兵を設置して、万全の迎撃態勢が整った状態でした。

そのため呂布軍は、曹操軍の伏兵に遭いコテンパンにやられてしまいます。

本拠地であった濮陽は曹操軍に奪取されてしまい、陳宮と呂布は、兗州から去り、徐州へと向かいます。

 

下邳城の戦い

呂布 最強 曹操

 

陳宮と呂布は、徐州の劉備(りゅうび)の元へ身を寄せます。

二人は劉備袁術討伐に出陣した際、徐州を乗っ取り、劉備を追い出すことに成功します。

その後曹操が徐州へ大軍を率いて進行してきます。

陳宮は曹操軍が徐州の彭城まで侵攻してきたと知らせを受けると、呂布に「彭城で曹操軍を迎え討つべきです。」と進言します。

しかし呂布は「下邳で曹操軍を迎え撃つ」と反対します。

曹操軍は激しい抵抗を受ける事無く、徐州の州都・下邳城に攻め込んできます。

呂布は下邳に攻め込んできた曹操軍を迎撃するため出陣しますが、あっけなく敗れ、下邳城に戻ってきます。

陳宮はこの状況を打開すべく色々と呂布に献策しますが、彼は何一つ陳宮が献策した、策を採用する事はありませんでした。

その後曹操軍の水攻めにより、城を守る守備兵の士気は大いに低下し、呂布軍の武将であった魏続や侯成らが寝返り、陳宮と呂布を捕えて、降伏します。

 

陳宮の最後

呂布 あっけない 最後

 

陳宮は曹操の面前へ引き出されます。

曹操は陳宮に対して「あんたは、どうしてこのような場所にいるのだ」と問いかけます。

陳宮は「こいつが、我の策を取り上げなかったから、こうなっているのだ。もし我の策を取り上げて実践していればこんなことに、なってはいないであろう」と答えます。さらに曹操は「母親と娘を助けてほしいか」と尋ねます。すると陳宮は曹操を睨み付け「天下をこれから治めていく人が、人の親や娘を殺したりはしないのだ。我の母親や娘の生き死にはあなたにあり、我にはない」と答えます。

曹操はその後も陳宮に問いかけようとします。

しかし陳宮が曹操を睨み付けて「早く我を殺せ。殺して軍の規律をただすべきだ」と大声で叫び、処刑場へと向かっていきます。

曹操は彼を止める事は出来ず、ただ後姿を見送るだけであったそうです。

曹操は何とか陳宮を助け再び活用したかったのでしょう。

陳宮は敵となりましたが、彼の才能を愛した曹操らしさが出ていた一面であったと思います。

 

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

陳宮と呂布はかなり仲が悪く、陳宮が提案した策はほとんど取り上げられることはありませんでした。

その理由としては叩き上げの武将である呂布の嫉妬ではないでしょうか。

陳宮は官職についてはいなくても地元で有名な才子でありました。

呂布は、武で立身してきた武将であり、腕力に関しては誰にも負けないですが、地元で有名な人ではありませんでした。

そのため有名人である陳宮に対して、快く思っていなかったので、陳宮が提案した策を取り上げなかったのではないかと私は思います。

今回の記事はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪

 




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた…
  2. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…
  3. 竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!
  4. 【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術
  5. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  6. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  7. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  8. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム ネタバレ予想 529話】遼陽城に巣くう連中の正体とは?
  2. 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  3. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  4. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】
  5. 【2018年版】『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!なんとあの文献に書かれていた?【HMR】
  6. 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった! 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる… 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男

おすすめ記事

  1. 孫策が生きていたら三国志はどうなったの?
  2. 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある
  3. 島津久光を好きになってはいけない6つの理由
  4. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師
  5. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  6. 【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!
  7. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  8. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP