キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

この記事の所要時間: 244




孫権

「大戦乱!!三国志バトル」コラボ特別記事

合肥城を巡る、5回に渡る攻防戦を合肥の戦いと言います。

同じ城を舞台に、10万を超える軍勢が度々激突したのは、

三国志の世界でも珍しく、それだけに、どうして孫権(そんけん)が合肥城に、

そこまで、こだわったのか不思議に思う人も多いでしょう。

そこで、はじさんでは、極く簡単に、孫権が合肥城にこだわった

理由について解説します。




合肥(がっぴ)むかつく、孫権、4戦全敗

孫権

さて、孫権は、合肥城攻略に並々ならない執念を燃やし、

親征する事、4たび、その全てに惨敗するという恥ずかしい

結果を残しています。

 

孫権からすれば、思わず腕を上に上げつつ、折り曲げて、

腋の下を見せつつ、合肥(がっぴ)むかつく!!

叫びたい所でしょうが、そもそも、どうして孫権は、

ここまで合肥のような小さな城にこだわったのでしょうか?




合肥から、呉の首都 建業は直線距離150キロ!

合肥むかつく03 地図

実は、魏の拠点である合肥城から、呉の都である建業までは、

直線距離で150キロしかありません。

 

地図をご覧になると分かりますが、現在の合肥市にも、

南側に名勝地として知られる湖、巣(そう)湖があります。

ここで船団を造り、湖に浮かべると、支流を通って長江に入り

そのまま遡上すれば、南京(当時の建業)まで辿りつけます。

 

さらに、建業は長江に面している都市なので、

うまく風に乗れば、一日でついてしまう距離しかないのです。

 

これは、孫権にとっては、ガクブルものでした。

孫権の最初の合肥攻略が西暦208年になっているのも、

曹操の大船団を心底恐れていた理由によるものでしょう。

 

今度、大船団で南下されたら、どうなるか分からん

そういう恐怖感が、孫権を合肥城にこだわらせたのです。

 

 

魏のちゃぶだい返し、合肥新城!!

合肥むかつく04 満寵

 

しかし、合肥城は、魏にとっても問題の多い城でした。

建業まで水路で一直線という事は、呉にとっても、

兵士や物資を合肥城に集結させやすいという事です。

 

特に、水軍が充実している呉は、一次、二次と素早く大軍を

合肥城に集結させてきたので、魏は毎度大苦戦していました。

 

そこで、石亭の戦いで戦死した曹休(そうきゅう)に代わり、

都督揚州諸軍事に任命された満寵は、古い合肥城を破壊して、

北西三十里に、新しい合肥新城を建設します。

 

これにより、呉の水軍を活かせる優位は失われ、

魏は迎撃に時間を稼げるようになります。

 

実は、戦争では無能?4連敗の孫権の黒歴史

合肥むかつく05

 

戦争に弱い三国志の君主と言えば、魏の初代皇帝曹丕(そうひ)

典型的な口先番長で名解説する割には勝てないと

巷の三国志ファンでは評判ですが、、

孫権も、それに劣らない戦争駄目マンとして有名でした。

 

何しろ、西暦208年、第一次、合肥戦争では、

魏の蒋済(しょうさい)の流した援軍情報の虚報に騙されて退却。

215年の第二次合肥戦争では、10万対7千という圧倒的に有利な

兵力を持ちながら、張遼(ちょうりょう)李典(りてん)の逆切れ800名反撃に怯えて逃げ出し、

士気が低下、さらに疫病が流行して全軍退却。

 

第三次では、233年、満寵が合肥城を破壊して、

合肥新城を建設した所に、再び、孫権が親征しますが、

孫権はなぜか勝手に・・

 

「魏が合肥城を放棄して、内陸に新城を建設したのは、

呉の力を恐れての事に違いない、ふっ、この戦もらった!」

 

と信じ込んで、楽勝気分で兵を合肥新城に向けると、

途中で満寵の伏兵に逢い、先発隊が大損害、、

テンションガタ落ちの孫権は、退却します。

 

合肥むかつく06

 

第四次は、翌年の234年、諸葛亮孔明の北伐に合わせて、

再び、合肥を攻め、短足の癖に逃げ足中華最速の汚名返上とばかりに、

今度は頑張りますが、満寵の守りは堅く城は落ちません。

 

さらに、ここで、まさかの魏帝、曹叡が自ら大軍を率いて、

合肥を救いにゆくというニュースに、孫権は青くなり退却したのです。

 

結局、孫権は四度親征して、すべて全敗という結果でした。

こんな事なら、呂蒙陸遜に任せればよかったのにね。

 

今回の記事は大戦乱!!三国志バトル」コラボ特別記事

 




01_main

 

02_illust

 

btn

 

03_qr

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  2. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせ…
  3. 孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!?
  4. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  5. 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇
  6. 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!
  7. 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王
  8. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  2. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】
  3. どうして蜀は人材難に陥ったのか?
  4. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相
  5. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  6. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ! はじめての三国志 好きな武将アンケート 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は? 三国同盟の終わりと武田信玄の危機 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う

おすすめ記事

  1. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  2. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  3. 魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!?
  4. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!
  5. 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは
  6. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式
  7. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  8. 橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP