三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

呉の孫権




孫権

「大戦乱!!三国志バトル」コラボ特別記事

合肥城を巡る、5回に渡る攻防戦を合肥の戦いと言います。

同じ城を舞台に、10万を超える軍勢が度々激突したのは、

三国志の世界でも珍しく、それだけに、どうして孫権(そんけん)が合肥城に、

そこまで、こだわったのか不思議に思う人も多いでしょう。

そこで、はじさんでは、極く簡単に、孫権が合肥城にこだわった

理由について解説します。




合肥(がっぴ)むかつく、孫権、4戦全敗

孫権

さて、孫権は、合肥城攻略に並々ならない執念を燃やし、

親征する事、4たび、その全てに惨敗するという恥ずかしい

結果を残しています。

 

孫権からすれば、思わず腕を上に上げつつ、折り曲げて、

腋の下を見せつつ、合肥(がっぴ)むかつく!!

叫びたい所でしょうが、そもそも、どうして孫権は、

ここまで合肥のような小さな城にこだわったのでしょうか?




合肥から、呉の首都 建業は直線距離150キロ!

合肥むかつく03 地図

実は、魏の拠点である合肥城から、呉の都である建業までは、

直線距離で150キロしかありません。

 

地図をご覧になると分かりますが、現在の合肥市にも、

南側に名勝地として知られる湖、巣(そう)湖があります。

ここで船団を造り、湖に浮かべると、支流を通って長江に入り

そのまま遡上すれば、南京(当時の建業)まで辿りつけます。

 

さらに、建業は長江に面している都市なので、

うまく風に乗れば、一日でついてしまう距離しかないのです。

 

これは、孫権にとっては、ガクブルものでした。

孫権の最初の合肥攻略が西暦208年になっているのも、

曹操の大船団を心底恐れていた理由によるものでしょう。

 

今度、大船団で南下されたら、どうなるか分からん

そういう恐怖感が、孫権を合肥城にこだわらせたのです。

 

 

魏のちゃぶだい返し、合肥新城!!

合肥むかつく04 満寵

 

しかし、合肥城は、魏にとっても問題の多い城でした。

建業まで水路で一直線という事は、呉にとっても、

兵士や物資を合肥城に集結させやすいという事です。

 

特に、水軍が充実している呉は、一次、二次と素早く大軍を

合肥城に集結させてきたので、魏は毎度大苦戦していました。

 

そこで、石亭の戦いで戦死した曹休(そうきゅう)に代わり、

都督揚州諸軍事に任命された満寵は、古い合肥城を破壊して、

北西三十里に、新しい合肥新城を建設します。

 

これにより、呉の水軍を活かせる優位は失われ、

魏は迎撃に時間を稼げるようになります。

 

実は、戦争では無能?4連敗の孫権の黒歴史

合肥むかつく05

 

戦争に弱い三国志の君主と言えば、魏の初代皇帝曹丕(そうひ)

典型的な口先番長で名解説する割には勝てないと

巷の三国志ファンでは評判ですが、、

孫権も、それに劣らない戦争駄目マンとして有名でした。

 

何しろ、西暦208年、第一次、合肥戦争では、

魏の蒋済(しょうさい)の流した援軍情報の虚報に騙されて退却。

215年の第二次合肥戦争では、10万対7千という圧倒的に有利な

兵力を持ちながら、張遼(ちょうりょう)李典(りてん)の逆切れ800名反撃に怯えて逃げ出し、

士気が低下、さらに疫病が流行して全軍退却。

 

第三次では、233年、満寵が合肥城を破壊して、

合肥新城を建設した所に、再び、孫権が親征しますが、

孫権はなぜか勝手に・・

 

「魏が合肥城を放棄して、内陸に新城を建設したのは、

呉の力を恐れての事に違いない、ふっ、この戦もらった!」

 

と信じ込んで、楽勝気分で兵を合肥新城に向けると、

途中で満寵の伏兵に逢い、先発隊が大損害、、

テンションガタ落ちの孫権は、退却します。

 

合肥むかつく06

 

第四次は、翌年の234年、諸葛亮孔明の北伐に合わせて、

再び、合肥を攻め、短足の癖に逃げ足中華最速の汚名返上とばかりに、

今度は頑張りますが、満寵の守りは堅く城は落ちません。

 

さらに、ここで、まさかの魏帝、曹叡が自ら大軍を率いて、

合肥を救いにゆくというニュースに、孫権は青くなり退却したのです。

 

結局、孫権は四度親征して、すべて全敗という結果でした。

こんな事なら、呂蒙陸遜に任せればよかったのにね。

 

今回の記事は大戦乱!!三国志バトル」コラボ特別記事

 




01_main

 

02_illust

 

btn

 

03_qr

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子につ…
  2. 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  3. 魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?
  4. 北条氏康 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  5. 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  6. 玉璽 吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋す…
  7. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  8. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学で勉強する劉備
  2. 三国志大学を目指す曹操
  3. ニギハヤヒ(日本神話)
  4. 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま

おすすめ記事

  1. 張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?
  2. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ! 曹丕
  3. 黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった! 光武帝を解説する荀彧
  4. 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 曹操に降伏する教祖・張魯
  5. 戦国策【斉策】滅亡寸前の国を知恵で蘇らせるの巻 「斉」の旗を持った兵士
  6. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった

三國志雑学

  1. 周瑜と孫策
  2. 英雄たちの宴(三国志)
  3. 楽進
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 劉邦
  3. 曹彰

おすすめ記事

王朝交代の背景には中国の五行思想があった!? 担がれる劉邦 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 趙雲 三尖刀 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器 大久保利通 幕末 大久保利通・大阪遷都 vs 江藤新平・東京遷都の行方は? 呉の孫権 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの? 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る 孫権に煽られて憤死する陸遜 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは? びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!

おすすめ記事

  1. 脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  2. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/28】
  5. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?
  6. 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは?
  7. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる!
  8. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP