地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?




張良㈭ 広武山決戦編02 劉邦

 

何万という大軍が動く戦場において、一番大事なのは食糧(兵糧)です。

かのナポレオンも、兵は胃袋で動くという名言を残していて、

苦難の行軍に耐え、理不尽な命令に兵士がつき従うのも、

「大将についていけば食べさせてくれるから」がほとんどの理由でした。

では、三国志の時代の命綱、食糧倉庫はどうなっていたのでしょう?




拠点に食糧を守る砦を築いて、兵を置いて守る

朝まで三国志 袁紹

 

食糧倉庫と言えば、官渡の戦いにおける、

袁紹(えんしょう)軍の大食糧倉庫があった烏巣(うそう)が有名でしょう。

曹操(そうそう)軍の嫌らしいネチネチした補給部隊の奇襲に悩まされた袁紹は、

点在していた食糧倉庫を、烏巣にまとめて、やや多めの兵を配置して、

一括管理するようになります。

 

もちろん、ここを曹操に見つかり焼き払われると、危ないので

もっと、守備兵を増強すべしと主張する沮授(そじゅ)のような軍師もいましたが

「こんだけ広大な戦場で、烏巣が特定できるもんか心配しすぎ」

という圧倒的な声に押し切られました。

 

ところが、袁紹の処遇に不満を抱いた、許攸(きょゆう)が

曹操に投降し、この烏巣の食料倉庫の事を率先してゲロったので、

戦争は曹操軍の勝利に終わる事になります。




食糧倉庫は、木の柵で囲われ、防御力が弱かった

キングダムと三国志

 

さて、当時の食糧倉庫は、どのようなものだったのでしょう。

やはり、いつまでも置いておくものではないので、

城壁も時間がかかる土を突き固めた版築(はんちく)工法ではなく、

簡単な板の壁で造られていました。

つまり、敵の奇襲に弱く、特に火計については最悪でした。

官渡の戦いでなくても、しばしば劣勢の軍勢が、

敵の食糧倉庫を焼き払って勝利するのは、つまり、

食糧倉庫が襲いやすいからという事なんですね。

 

食糧倉庫の様々なタイプ、倉、囷、窖

倉

 

そんな食糧倉庫には、いくつかのタイプが存在していました。

私達にも分かりやすいのは、倉(そう)でしょう。

これは、方形の木造の食料貯蔵庫で、今でも倉庫という言葉で、

私達が日常使用しています。

 

変わり種は囷(きん)で、これは地上に柱を立てて、その上から、

土をかぶせて円筒形の建物にしたものです。

今でいうと、牧場のサイロによく似ています。

 

この囷は直径3メートル、高さは5メートルあります。

一つで2000名の兵士の食料を一カ月確保できました。

 

また、地下を掘って造る窖(こう)というタイプの食料倉庫もあります。

これならば、火を掛けられても燃えませんが、

おそらく、造るのに手間がかかり、倉や囷ほどには、

普及しなかったのではないかと思います。

 

関連記事:【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

 

烏巣の食料倉庫の規模はどの程度か?

官渡の戦いと2

 

官渡の戦いの袁紹軍の兵力には、諸説ありますが、

仮に10万人だとして、戦の期間が8カ月だったとすると、

囷だけで換算しても、400個という数が必要になります。

 

騎馬兵 三国志

 

また、袁紹軍には騎馬隊もいるので、馬の食料や

藁なども計算に入れると600とか、700とかの

高さ5メートルの巨大な食糧倉庫が、

一か所の砦に集中する事になります。

 

幾ら、広大な中国大陸でも、そんな大量の囷が立ち並べば、

かなり遠目でも、あ!食糧倉庫だと分ったような気がします。

それに、規模だって周囲数キロにはなる筈なので、

やはり、守備兵を増強すべしという沮授の進言は、

正しかったのかも知れません。

 

曹操 真田丸

 

事実、曹操が焼き払った烏巣の食糧倉庫は紅蓮の炎をあげて

燃え続け、夜間に遠目でも確認できたそうです。

 

関連記事:三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!

関連記事:洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

関連記事:三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

食糧が尽きるとどんな大軍でも一日で崩壊してしまいます。

それを考えると、補給路は大事なんですが、どうしても、

砦は急ごしらえなので、敵に狙われやすくなったようです。

 

コーエー三国志でも初期のゲームでは、食糧倉庫配置があり、

ここを敵に奪われると即座に負けというルールでした。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 劉禅と孔明
  2. 後宮にいる美女の階級事情
  3. 牛輔と董卓
  4. 陸遜 剣と刀
  5. 張飛の男気人生

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP