沮授とはどんな人?主人運が悪かった!袁紹軍悲劇の参謀


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

田豊

 

曹操(そうそう)のライバルである袁紹(えんしょう)は、様々な知識人を軍師として優遇していました。郭図(かくと)審配(しんぱい)逢紀(ほうき)許攸(きょゆう)田豊(でんぽう)・・・・・・他にもいますが、この辺りでストップしておきます。

 

袁紹を説得しようとする沮授

 

沮授(そじゅ)もその1人でした。彼は韓馥(かんふく)・袁紹の2人の主人に仕えますが、その才能を発揮出来ずに悲劇の生涯を終えました。沮授とはどんな人物だったのでしょうか?今回は沮授について解説します。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく解説しています。


韓馥と袁紹の劉虞擁立計画

沮授

 

沮授は冀州(きしゅう
)
の人であり若い時から権謀術数(けんぼうじゅっすう
)
に優れており志も持っていました。生まれた年も(あざな)も不明です。

 

戦争をせずに宴会ばかりしている韓馥

 

冀州の長官である韓馥(かんふく
)
に仕えました。これが沮授の運命を狂わせることになります。

民衆に慕われる劉虞

 

初平2年(191年)に袁紹と韓馥は董卓(とうたく)が擁立している後漢(25年~220年)第14第皇帝の献帝(けんてい)に対抗するために漢王朝の末裔である劉虞(りゅうぐ)を皇帝に推戴しようと計画しました。しかし、この計画は劉虞が拒否したり、袁術(えんじゅつ)や曹操などの諸侯も不賛成であったので頓挫となります。


公孫瓚の冀州侵攻

公孫サン(公孫瓚)

 

さて、劉虞皇帝擁立計画が破綻して間もなく、公孫瓚(こうそんさん)と韓馥は戦闘になります。

 

董卓の要請を断り切れず冀州牧に就任する韓馥

 

結果は韓馥の敗北・・・・・・公孫瓚は暴政を行う董卓討伐を名目として冀州を通らせてほしいことを頼みます。だが、実際は冀州の占領が目的です。韓馥は自分では公孫瓚には勝てないと思いました。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

一方、韓馥と同盟していた袁紹も董卓が長安まで撤退したので、これ以上の追撃は不可能と判断。そんな時に韓馥が公孫瓚に攻められていることを聞いてあることを閃きます。


袁紹の冀州無血占領計画と沮授の反論

袁紹

 

袁紹は甥の高幹(こうかん)と部下の荀諶(じゅんしん)を派遣して韓馥を説得。兄か弟か不明ですが荀諶は荀彧(じゅんいく)と兄弟関係です。

後漢書(書類)

 

高幹と荀諶は韓馥に対して冀州を袁紹に明け渡すことを提案。自分の力では冀州を守れないと感じた韓馥も賛成しました。しかし韓馥の部下である沮授は反対します。『後漢書』には彼の反対意見が掲載されています。

 

「冀州は兵士が100万いて、兵糧も備蓄されています。どうして人にやるのですか?」

 

ところが韓馥は、「私は昔、袁家で働いていた。それに才能は袁紹に及ばない。徳のある人物に位を譲るのは昔の人が尊重した態度だ」と全く沮授の意見に耳を傾けません。

 

袁紹

 

韓馥と袁家のように昔の上司と部下の関係を専門用語で、「門生故吏(もんせいこり)」と言います。袁紹が自分の勢力拡大に使ったのは、この門生故吏でした。

 

被害妄想で怯える韓馥

 

話を戻します。沮授の意見に耳を傾けなかった韓馥は、袁紹に無血で領土を渡します。冀州に入った袁紹は沮授・審配・田豊などの韓馥配下を自分の配下に収めました。怖くなった韓馥は冀州から脱出して張邈(ちょうばく)がいる陳留まで逃げますが、その後自殺してしまいます。


沮授の天下平定プラン

進軍する兵士c(モブ用)

 

韓馥がいなくなっても、沮授にマイナスな面はありません。むしろ、沮授は新しい主人である袁紹のもとで頑張ろうとします。そこで沮授は袁紹に自分の天下平定プラン披露しました。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

河北(かほく)(冀州・青州(せいしゅう)幽州(ゆうしゅう
)
幷州(へいしゅう
)
)を制圧し、天下の英雄たちを従えます。100万の軍勢を従えて長安にいる皇帝を迎えして、(荒廃した)洛陽(らくよう)を復興する。その後、従わない諸侯を討伐します。これで大丈夫です」

 

劉虞

 

このプランを聞いた袁紹は非常に喜びました。要するに以前の劉虞を無理に皇帝に擁立して董卓に対抗する計画よりも筋が通っているからでした。沮授の計画は早速、実行に移されます。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 公孫攅と劉備
  2. 呂布 ナイスシュート
  3. 劉表に反旗を翻する張羨
  4. 董卓
  5. 三国志 まとめ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP