はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!




曹操 死

 

三国志演義では、悪役の曹操(そうそう)ですが、

その横暴ぶりが顕著になるのは、赤壁の前夜の事でしょう。

三国志演義では、劉璋(りゅうしょう)が台頭してきた張魯(ちょうろ)の圧力を

回避する為に、曹操に近寄ろうと張松(ちょうしょう)を送りこみますが、

曹操は、天下は最早、我がモノと驕り昂り張松を軽く扱い怒った張魯は、

益州を劉備に売ろうと決意します。

しかし、この辺りの事は正史では、もっと複雑なのです。




劉璋の使節に、丁重に応じた大人な曹操

朝まで三国志 曹操

 

陳寿(ちんじゅ)が書いた、三国志、蜀志 劉二牧伝には、

その辺りの経緯が詳細に出ています。

劉璋は、曹操が荊州を陥落させたと聞くと、河内の陰溥(いんはく)を

派遣して戦勝を祝わせました。

 

劉璋の使節を受け入れた曹操は、喜び、劉璋には振威(しんい)将軍、

兄の劉帽(りゅうぼう)には、平寇(へいこう)将軍という官位を与えます。

ここで、分かるのは、曹操は、劉璋の使節に無礼な扱いはしていないという事です。

さらに、改めて、将軍位を与えて、劉璋を漢の臣と認めています。

 

つまり、当初、曹操は、劉璋を侮り、横暴に振舞い使者を粗末に扱ったりした事は、

無いという事になります。




味を占めた劉璋、また使節を送る

表情 曹操02

 

ところが、曹操から将軍位をもらった劉璋は、気を良くして味を占めます。

 

劉璋「よし、さらに使者を派遣して、曹操と親密になっておこう」

 

こうして、別駕従事(べつがじゅうじ)の蜀郡の張粛(ちょうしゅく)を

再び曹操の下へ派遣します。

今度は、挨拶だけではなく、蜀兵300名に色々な財宝を持たせての訪問でした。

曹操は、今度も丁重に受け入れて、張粛を広漢太守に任じています。

 

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

 

劉璋、しつこくも、また張松を送る 曹操ガン無視

曹操と張松

 

張粛が広漢太守に任じられた事で、劉璋は気をよくしたのか?

駄目押しに、今度は張粛の弟の別駕従事、張松を派遣します。

その頃には、曹操は、劉備を追い散らし、呉征伐に忙しい時でした。

 

曹操「何?また、劉璋から使節が来ただと?一体何の用だ!

ええい、面倒なやつ、、もう官職はやらんぞ」

 

曹操は、若い頃から虚礼(無駄な儀式)というのが嫌いです。

劉璋の事情など分かりませんが、曹操には、頻繁な劉璋の挨拶は、

自分から官位を引きだす為の虚礼として映ったのです。

 

今回、遠路はるばるやってきた張松は、冷たく扱われ、

もちろん官位なども一切、与えられませんでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 熱血曹操 若かりし曹操は熱血漢
  2. 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?
  3. 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!
  4. こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる…
  5. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…
  6. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  7. 『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?…
  8. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 赤穂浪士の吉良邸討ち入り
  4. 騎射の術に長けた騎馬兵士

おすすめ記事

  1. 趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男
  2. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  3. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  4. 「月刊はじめての三国志12月号」11月25日(日)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 石川克世って、何者? 石川克世
  6. リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの? 張飛 本 学問 三国志

三國志雑学

  1. 曹操は褒め上手
  2. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

清洲会議(きよすかいぎ)って何なの?実は天下統一への重要局面を会議していた! 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 三国夢幻演義 龍の少年 第6話「変遷」配信日が決定しました 呂蒙を慰める孫権 「刮目してこれを見る」の意味は?故事成語辞典 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼 kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP