編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!

この記事の所要時間: 336




曹操 死

 

三国志演義では、悪役の曹操(そうそう)ですが、

その横暴ぶりが顕著になるのは、赤壁の前夜の事でしょう。

三国志演義では、劉璋(りゅうしょう)が台頭してきた張魯(ちょうろ)の圧力を

回避する為に、曹操に近寄ろうと張松(ちょうしょう)を送りこみますが、

曹操は、天下は最早、我がモノと驕り昂り張松を軽く扱い怒った張魯は、

益州を劉備に売ろうと決意します。

しかし、この辺りの事は正史では、もっと複雑なのです。




劉璋の使節に、丁重に応じた大人な曹操

朝まで三国志 曹操

 

陳寿(ちんじゅ)が書いた、三国志、蜀志 劉二牧伝には、

その辺りの経緯が詳細に出ています。

劉璋は、曹操が荊州を陥落させたと聞くと、河内の陰溥(いんはく)を

派遣して戦勝を祝わせました。

 

劉璋の使節を受け入れた曹操は、喜び、劉璋には振威(しんい)将軍、

兄の劉帽(りゅうぼう)には、平寇(へいこう)将軍という官位を与えます。

ここで、分かるのは、曹操は、劉璋の使節に無礼な扱いはしていないという事です。

さらに、改めて、将軍位を与えて、劉璋を漢の臣と認めています。

 

つまり、当初、曹操は、劉璋を侮り、横暴に振舞い使者を粗末に扱ったりした事は、

無いという事になります。




味を占めた劉璋、また使節を送る

表情 曹操02

 

ところが、曹操から将軍位をもらった劉璋は、気を良くして味を占めます。

 

劉璋「よし、さらに使者を派遣して、曹操と親密になっておこう」

 

こうして、別駕従事(べつがじゅうじ)の蜀郡の張粛(ちょうしゅく)を

再び曹操の下へ派遣します。

今度は、挨拶だけではなく、蜀兵300名に色々な財宝を持たせての訪問でした。

曹操は、今度も丁重に受け入れて、張粛を広漢太守に任じています。

 

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

 

劉璋、しつこくも、また張松を送る 曹操ガン無視

曹操と張松

 

張粛が広漢太守に任じられた事で、劉璋は気をよくしたのか?

駄目押しに、今度は張粛の弟の別駕従事、張松を派遣します。

その頃には、曹操は、劉備を追い散らし、呉征伐に忙しい時でした。

 

曹操「何?また、劉璋から使節が来ただと?一体何の用だ!

ええい、面倒なやつ、、もう官職はやらんぞ」

 

曹操は、若い頃から虚礼(無駄な儀式)というのが嫌いです。

劉璋の事情など分かりませんが、曹操には、頻繁な劉璋の挨拶は、

自分から官位を引きだす為の虚礼として映ったのです。

 

今回、遠路はるばるやってきた張松は、冷たく扱われ、

もちろん官位なども一切、与えられませんでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  2. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだっ…
  3. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?
  4. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛が…
  5. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  6. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才…
  7. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  8. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏
  2. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  3. 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?
  4. 2017年はじめてのストライキ宣言文
  5. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた! 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者? 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  2. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介
  4. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  5. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  7. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  8. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP