よかミカンの三国志入門
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】

山頂に陣を敷いた馬謖




四龍将

 

 

三国志の蜀(しょく)には名将達がたくさん存在しており、数々の名言を残しております。

しかし三国志の蜀の名将達の名言を知りたいけど調べる時間が無いや

探すのが面倒くさいという人達の為に、

今回三国志の名将達の名言や逸話を五分でわかるようにまとめてみましたので、

紹介いたします。

 

関連記事:呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】

関連記事:魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】




優れている人を指し示す馬良の逸話「白眉」

馬良(眉白)

 

劉備が建国した蜀には多数の有能な人物が配下として揃っております。

今回はその中でも「白眉(はくび)」と称された馬良(ばりょう)についてご紹介します。

彼は荊州(けいしゅう)出身の武将で、

幼い頃から学問に励んだ事で博識でした。

 

そんな彼の博識ぶりに周りの大人達は驚いておりました。

そんな彼には一つの特徴がありました。

それは眉毛に白い毛が生えている事です。

この事から馬良が生まれた郷の大人達は「馬氏の五人兄弟の中で、白眉が一番優秀だ。」と

馬良の事を評します。

馬良の家は五人兄弟で、全員優秀ですがその中でも一番優秀な人は馬良でした。

そのためこの白眉の意味は同じ種類の事柄を知っている人達や

博識で優秀な人を指し示す言葉です。

馬良が優秀で白い眉毛をしていたことからこのような優秀な人達を「白眉」と

して称えるようになります。

 

基礎知識 馬謖03

 

また「泣いて馬謖を斬る」で有名な馬謖(ばしょく)は五人兄弟の中で、

一番末っ子の生まれです。




諸葛孔明の泣ける名言:臣敢えて股肱の力を尽くし、忠貞の節を効(いたし)

劉備

 

これに継ぐに死をもってせん

劉備関羽の復讐戦である「夷陵(いりょう)の戦い」で大敗北し、

永安(えいあん)城へ命からがら逃げかえります。

彼は夷陵の戦いでの敗北によってすっかり元気をなくしてしまい、

病にかかってしまいます。

その後劉備の病は一向に良くならず、彼は自分が亡くなった後の事を託すため、

孔明を枕元に呼びます。

 

劉備

 

そして劉備は最後の力を振り絞って「もし私の子供が才能に乏しい子供であったら、

君が益州の主となってくれ」と遺言を残します。

この時の劉備の発言に答えた言葉が上記の言葉です。

この言葉の意味は「私は陛下のご子息を立てて、精一杯自分の力を尽くして、

陛下のご子息に忠誠をささげ、私の命に代えても守っていくつもりです。」と

いう名言です。

孔明はこの名言を泣きながら劉備の前で発言したそうです。

 

関連記事:【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

 

五虎将軍・趙雲を表した名言「子龍は一身これ胆なり」

趙雲 子龍

 

趙雲(ちょううん)は五虎将軍(ごこしょうぐん)筆頭として知られる蜀の名将ですが、

そんな彼を表した名言が残されております。

その名言は劉備が漢中攻防戦の時、趙雲に対して

「子龍(しりゅう)は一身これ胆(たん)なり」と評価した事がきっかけで、

現在に名言として残っています。

 

黄忠

 

この言葉は定軍山(ていぐんざん)の戦いの時に、黄忠(こうちゅう)が、

手柄を焦って一人で敵中に突撃していきます。

趙雲黄忠が一人で敵中に突撃したと聞くと手勢を率いて黄忠を救出に向かいます。

彼は曹操軍の中で孤立しながら奮戦している黄忠を発見すると、すぐに撤退戦を開始。

趙雲は多数の曹操軍に対して伏兵と空城の計を用いて、

何とか曹操軍の追撃から逃れ、黄忠の救出に成功します。

この時の撤退戦の模様を聞いた劉備は、

諸将を集めて後趙雲をみんなの前でほめた言葉が上記の名言です。

 

関連記事:趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

関連記事:これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!

関連記事:【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

三国志の名言を忙しい方達や調べるのが面倒だという人達の為に、

厳選して紹介いたしました。

これらの蜀の武将達の名言を知る事で、

三国志の蜀の人達がより詳しく分かることができるのではないでしょうか。

まだまだ三国志の武将達の名言は色々と存在しますので、

また発見したら不定期ですが、ご紹介していきたいと思います。

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏…
  2. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  3. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなか…
  4. 袁紹の妃 劉氏 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡…
  5. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  6. 「于禁は降伏。龐徳は討ち死に」どうして違いが生まれたの??
  7. 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備
  8. 鍾会を説得する姜維 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. シリア 関羽
  2. 曹植

おすすめ記事

  1. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法 曹操 健康
  2. 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち
  3. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  4. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう
  5. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  6. 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始!

三國志雑学

  1. 茶を飲む張角(太平道)
  2. 鄧禹と兵士
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明 劉備の剣とハンコ
  2. 環夫人
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 曹操は関羽をGET

おすすめ記事

曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる 甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統 劉禅と孔明 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲のトップ教育法を用いれば三国一のダメ君主も覇者になれた 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ! 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの? 袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント? 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】 島津斉彬は辞世の句を残しているの?

おすすめ記事

  1. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  2. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 武田信玄と上杉謙信といえば、川中島の戦い! 上杉謙信
  4. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる
  5. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 長坂の戦い 張飛
  6. 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士 桂小五郎(木戸孝允)
  7. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)
  8. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい) 悪来と呼ばれた典韋

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP