【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について




趙雲 長坂の戦い

 

関羽(かんう)張飛(ちょうひ)のような劉備(りゅうび)

義兄弟ではないものの、古参の武将の中では活躍の多い武将が、

趙雲子龍(ちょううん・しりゅう)です。

 

長坂(ちょうはん)では阿斗と劉備の夫人を守って、

戦った勇者であり、孔明の北伐まで参加した長寿な武将でもあります。

しかし、趙雲の子孫と言うと、それが誰だか

分からない方も多いのではないでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【あわれ趙雲】桃園義兄弟に入れないやむを得ない事情とは?

関連記事:陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析

 

 

趙雲は女嫌いだった?

趙雲と毛利勝永

 

趙雲と言えば、桂陽太守の趙範(ちょうはん)を降した時に、

趙範から兄の未亡人を妻にと勧められ、これを断った事実で知られています。

この未亡人は、大変な美人だったので、劉備は

 

「子龍さえ良ければ、わしが仲人になるぞ?」

 

とからかい半分に言いますが、趙雲は堅く固辞しています。

 

「私には仕事が御座いますからお断り致します。

また、いかに美女とはいえ、天下に女は多くおりますので」

 

これにより劉備は、「趙雲は情欲に流される男ではない」と感じて

留営司馬に任命して、劉備の家族の事を任せたそうです。

 

 

潔癖な性格から、女性化される事も・・

趙雲 三尖刀

 

このように、スケベの「ス」の字もない趙雲は身持ちが

堅い朴念仁(ぼくねんじん)とされ、それが転じて、

 

・女に関心がない=そんなバカな男だぞ!=実は女性だからでは?

=長坂で阿斗を背ではなく胸に抱いていたのは母性か!=やっぱり趙雲女!

 

という変な流れが出来てしまいました。

こうして、池上遼一の漫画では、趙雲はとうとう女性化されてしまい、

 

なんと、呂布(りょふ)に抱かれて、身ごもり、生まれた子は関平として、

関羽の養子になるというミラクルな展開になっています。

 

詳しくは池上先生の大作 覇――LORD――でご確認下さい。

 

さらに、この漫画では、董卓は大凧に乗って洛陽に入城します。

まさに桁外れです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

どっこい、実は趙雲には、子供がいるのです。

趙雲 子龍

 

このように考えると、もしかして・・

とも思いますが、実際には、趙雲にはちゃんと子供がいるのです。

その名は、趙広(ちょうこう)と趙統(ちょうとう)と言います。

 

二人がいつ頃生まれたのか、分かりませんが、

趙雲が229年に没した事を、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

劉禅(りゅうぜん)に告げると引き立てられ、虎賁(こほん)中郎将に

任命される事になります。

 

虎賁中郎将とは、皇帝直属の近衛兵の事です。

主に、功臣の子が任命される事が多いので、そこからの人事でしょう。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

 

その後、趙統と趙広はどうなるのか?

趙雲

 

趙雲の跡を継いだ、趙統はその後も出世をし、

督行領(とくこうりょう)軍という地位につきますが、

それが、どのような地位かは不明です。

二人は、銀屏山に葬られた父、趙雲の墓を守っていたようです。

 

趙統の記述は、そこで途絶えますが、趙広の話はさらに続きます。

趙広は、西暦262年姜維(きょうい)に従い、魏の鄧艾(とうがい)

戦って沓中(とうちゅう)に向かいます。

そこで、姜維が鄧乂に敗北して退却する途中に戦死したようです。

 

もし、趙広が西暦200年頃の生まれだとすれば、もう62歳、

死に場所を戦場に求めた最期だったのかもしれません。

 

関連記事:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

関連記事:鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る

関連記事:霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将

 

趙雲には娘もいた?

趙氏

 

正史、三国志、そして三国志演義にも登場しませんが、

清の時代の江陵県誌という書物によると、趙雲には趙氏(ちょうし)という、

娘が存在したそうです。

 

この趙氏は、成長してから、関羽の息子である関平(かんぺい)に嫁ぎ、

そして息子である関樾(かんえつ)を産みます。

 

あれ? 趙雲は呂布と関係して妊娠して関平を産んだのに、

趙雲の娘が関平に嫁いで関樾を産んだのか?

あれ?何がどうなっているのやら・・・・

 

なーんて、混乱しているあなた、安心して下さい。

覇――LOAD――の読み過ぎですよ!

 

趙氏は、戦火を逃れて、江陵に代々住んだ?

呂蒙

 

この趙氏の息子、関樾が8歳になった時、

夫である関平は、関羽と共に樊城で曹仁を包囲していました。

しかし、魏と極秘に結んでいた呉軍に陥れられて破れます。

二人は逃亡しますが呂蒙(りょもう)に捕えられ斬られてしまいました。

 

趙氏は関樾を連れて、戦火を逃れ江陵に移り以後、

関樾の子孫は、そこで、関羽の血を守り続けたとされています。

 

実際に、清の時代に、この江陵で関羽の五十二世である

関朝泰(かんちょうたい)という人物が関羽の子孫と認められ、

五経博士に任命され、当地で関帝廟を祀る事を命じられたそうです。

 

ところが、この関朝泰と、関平、関樾との

関係については記述がありません。

真相は、どうなっているのでしょうか・・

 

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

関連記事:呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

関連記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

正史三国志では、西暦263年の蜀の滅亡後、

関羽の子孫は、鐘会(しょうかい)にくっついて入城した

龐徳(ほうとく)の子である龐会(ほうかい)により父の恨みとして皆殺しにされたとあります。

一体、江陵に逃れた関樾と趙夫人とは実在した人なのでしょうか?

それとも、関羽や趙雲の子孫が生き残っていればいいという

三国志演義ファンの願望が産んだフィクションなんでしょうか?

詳しい事は分かりません、、

本日も三国志の話題を御馳走様でした。

 

関連記事:趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

関連記事:【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




関連記事

  1. 敗北する馬岱
  2. 城の前を掃除する孔明
  3. 李カク(李傕) 樊稠、李傕
  4. 三国志 武器
  5. 曹丕
  6. 袁紹と曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP