架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について

この記事の所要時間: 350




趙雲 長坂の戦い

 

関羽(かんう)張飛(ちょうひ)のような劉備(りゅうび)

義兄弟ではないものの、古参の武将の中では活躍の多い武将が、

趙雲子龍(ちょううん・しりゅう)です。

 

長坂(ちょうはん)では阿斗と劉備の夫人を守って、

戦った勇者であり、孔明の北伐まで参加した長寿な武将でもあります。

しかし、趙雲の子孫と言うと、それが誰だか

分からない方も多いのではないでしょうか?




趙雲は女嫌いだった?

趙雲と毛利勝永

 

趙雲と言えば、桂陽太守の趙範(ちょうはん)を降した時に、

趙範から兄の未亡人を妻にと勧められ、これを断った事実で知られています。

この未亡人は、大変な美人だったので、劉備は

 

「子龍さえ良ければ、わしが仲人になるぞ?」

 

とからかい半分に言いますが、趙雲は堅く固辞しています。

 

「私には仕事が御座いますからお断り致します。

また、いかに美女とはいえ、天下に女は多くおりますので」

 

これにより劉備は、「趙雲は情欲に流される男ではない」と感じて

留営司馬に任命して、劉備の家族の事を任せたそうです。




潔癖な性格から、女性化される事も・・

趙雲 三尖刀

 

このように、スケベの「ス」の字もない趙雲は身持ちが

堅い朴念仁(ぼくねんじん)とされ、それが転じて、

 

・女に関心がない=そんなバカな男だぞ!=実は女性だからでは?
=長坂で阿斗を背ではなく胸に抱いていたのは母性か!=やっぱり趙雲女!

 

という変な流れが出来てしまいました。

こうして、池上遼一の漫画では、趙雲はとうとう女性化されてしまい、

 

なんと、呂布(りょふ)に抱かれて、身ごもり、生まれた子は関平として、

関羽の養子になるというミラクルな展開になっています。

 

詳しくは池上先生の大作 覇――LORD――でご確認下さい。

 

さらに、この漫画では、董卓は大凧に乗って洛陽に入城します。

まさに桁外れです。

 

どっこい、実は趙雲には、子供がいるのです。

趙雲 子龍

 

このように考えると、もしかして・・

とも思いますが、実際には、趙雲にはちゃんと子供がいるのです。

その名は、趙広(ちょうこう)と趙統(ちょうとう)と言います。

 

二人がいつ頃生まれたのか、分かりませんが、

趙雲が229年に没した事を、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

劉禅(りゅうぜん)に告げると引き立てられ、虎賁(こほん)中郎将に

任命される事になります。

 

虎賁中郎将とは、皇帝直属の近衛兵の事です。

主に、功臣の子が任命される事が多いので、そこからの人事でしょう。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

 

その後、趙統と趙広はどうなるのか?

趙雲

 

趙雲の跡を継いだ、趙統はその後も出世をし、

督行領(とくこうりょう)軍という地位につきますが、

それが、どのような地位かは不明です。

二人は、銀屏山に葬られた父、趙雲の墓を守っていたようです。

 

趙統の記述は、そこで途絶えますが、趙広の話はさらに続きます。

趙広は、西暦262年姜維(きょうい)に従い、魏の鄧艾(とうがい)

戦って沓中(とうちゅう)に向かいます。

そこで、姜維が鄧乂に敗北して退却する途中に戦死したようです。

 

もし、趙広が西暦200年頃の生まれだとすれば、もう62歳、

死に場所を戦場に求めた最期だったのかもしれません。

 

関連記事:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

関連記事:鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る

関連記事:霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将

 

趙雲には娘もいた?

趙氏

 

正史、三国志、そして三国志演義にも登場しませんが、

清の時代の江陵県誌という書物によると、趙雲には趙氏(ちょうし)という、

娘が存在したそうです。

 

この趙氏は、成長してから、関羽の息子である関平(かんぺい)に嫁ぎ、

そして息子である関樾(かんえつ)を産みます。

 

あれ? 趙雲は呂布と関係して妊娠して関平を産んだのに、

趙雲の娘が関平に嫁いで関樾を産んだのか?

あれ?何がどうなっているのやら・・・・

 

なーんて、混乱しているあなた、安心して下さい。

覇――LOAD――の読み過ぎですよ!

 

趙氏は、戦火を逃れて、江陵に代々住んだ?

呂蒙

 

この趙氏の息子、関樾が8歳になった時、

夫である関平は、関羽と共に樊城で曹仁を包囲していました。

しかし、魏と極秘に結んでいた呉軍に陥れられて破れます。

二人は逃亡しますが呂蒙(りょもう)に捕えられ斬られてしまいました。

 

趙氏は関樾を連れて、戦火を逃れ江陵に移り以後、

関樾の子孫は、そこで、関羽の血を守り続けたとされています。

 

実際に、清の時代に、この江陵で関羽の五十二世である

関朝泰(かんちょうたい)という人物が関羽の子孫と認められ、

五経博士に任命され、当地で関帝廟を祀る事を命じられたそうです。

 

ところが、この関朝泰と、関平、関樾との

関係については記述がありません。

真相は、どうなっているのでしょうか・・

 

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

関連記事:呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

関連記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

正史三国志では、西暦263年の蜀の滅亡後、

関羽の子孫は、鐘会(しょうかい)にくっついて入城した

龐徳(ほうとく)の子である龐会(ほうかい)により父の恨みとして皆殺しにされたとあります。

一体、江陵に逃れた関樾と趙夫人とは実在した人なのでしょうか?

それとも、関羽や趙雲の子孫が生き残っていればいいという

三国志演義ファンの願望が産んだフィクションなんでしょうか?

詳しい事は分かりません、、

本日も三国志の話題を御馳走様でした。

 

関連記事:趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

関連記事:【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将

 




 

よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1
  2. 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  3. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  4. 三国志の時代に象兵はいたの?
  5. 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデ…
  6. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病…
  7. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  8. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす
  2. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  3. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  4. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  5. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  6. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた? またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた? 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)

おすすめ記事

  1. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  2. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは?
  3. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  4. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  5. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  6. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  7. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名
  8. 赤壁の戦いは計略の宝庫

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP