現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

子供 桃園

西暦222年、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の死、そして夷陵の敗戦でショックを受けた劉備(りゅうび)は後の事を孔明に託して、63年の人生の幕を閉じます。ところで、この劉備の死因とは、現代の医学で考えるとどのようなものだったのでしょうか?

 

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:劉備、失意の中白帝城に没す!


現代医学の見地から見る劉備の死因

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

中国は漢字の国であり、あれほどの戦乱があったにも関わらず、大量の書物や竹簡(ちくかん)が残っている国です。それを読む事によって、その時代を生きた人物がどういう症状に悩んで死を迎えたのかを推測する事が出来るのです。劉備の場合、その死因は胃潰瘍による合併症のようです。


意外にも、繊細で気にしやすい人だった劉備

劉備悩む

 

劉備胃潰瘍説の根拠は、白帝城にこもっていた時に、息子劉禅(りゅうぜん)に宛てた遺書に出てきています。

 

「朕の病は当初、下痢に過ぎなかったが、そこから余病を併発し、今では、とうてい回復の見込みはないと思う」

 

この文面を見ると、白帝城に逃げ込んだ当初、劉備は、下痢に悩まされていたという事が推測されます。

 

しかし、下痢だと思っていた、この症状は実は胃潰瘍の症状でした。たび重なる精神的ショックと、敗戦の責任で自分を責めた劉備は、健康を損ねてしまい、胃に潰瘍が出来てしまったのです。

 

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生


胃潰瘍の合併症に悩まされた劉備

 

胃潰瘍の合併症には、出血と穿孔(せんこう)があります。出血した場合には、頻脈、冷や汗や吐血、下血、胸やけや胃のもたれが発生します。穿孔とは難しい言葉ですが、つまり胃に穴があいてしまう状態で、長い時間続く、腹痛、筋性防御や、発熱という症状が出てきます。劉備の遺言によると、下痢が始まってから、しばらくすると、手足の自由が利かなくなり、目も霞んでよく見えなくなっていて、就寝時にも、関羽と張飛の霊が枕元に現れて眠る事が出来ないというような精神的な不安も訴えています。

 

張飛の最後

 

この枕元に関羽、張飛の亡霊が現れるというのは、象徴的でそれだけ、劉備が二人の仇を討てなかった事に強い負い目を感じていたという事になると思います。起きていても、寝ていても敗戦や張飛、関羽の事ばかり考えて、塞ぎこんでいた場合には、ストレスで胃に負担がかかるのは殆ど、避けられないであろうと思います。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 怒る陳宮
  2. 呂布に従う陳宮
  3. 郭嘉の本
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 劉備の黒歴史
  6. 曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP