三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!




曹操 劉備 呂布 酒

 

7月に入り、連日、30度を超える真夏日が続く日本列島、

そんな日本で飲みたいモノと言えばキンキンに冷えたビールだと思います。

冷たいビールを飲みながら、アツアツの料理を頂くというのが

冷と熱のコラボ、まさに、ビールがあって良かったと思う瞬間ですよね。

ところが、世界には、まるで常識のような夏の冷たい生ビールが、

タブーになっている驚きの国が存在するのです。




びっくり、中国では冷えたビールにはありつけない?

中国

 

実は、キンキンに冷えた生ビールというのは、中国には無いそうです。

もちろん、日本人観光客相手のメジャーな飯店では置いてますが、

基本、飲むのは日本人が多く、地元の人は手をつけません。

 

ちょっと大通りから外れた場所では、もう冷えたビールは出ないようで、

注文しても没有(ない)と言われて終わりなんだとか・・

 

日本人が「なんで?」と聞くと「だって、冷たいモノは体に悪いから」

という答えが返ってくるようです。

 

代わりに出てくるのが常温のぬるいビールで、日本人は、

せつない思いをして、ぬるいビールを飲むしかないようです。




実は、曹操のせいで、中国人は冷たいビールを飲まなくなった?

曹操

 

実は、これほどまでに中国人が冷たいモノを嫌うようになったのは、

三国志の英雄、曹操(そうそう)が関係しています。

3世紀の頃、中国では、寒食節(かんしょくせつ)という行事がありました。

それは、日頃、世話になっている火に感謝して冬至から3日間は、

火を使った料理を食べないという習慣です。

 

しかし、冬至は大体、12月22日前後、寒さのど真ん中の時期です。

その寒い中で、冷たい食事をするので寒さの厳しい北方では、

老人や病人、子供に体調を崩す人が続出しました。

 

それを聞いた合理主義者の曹操は激怒しました。

 

「たとえ昔からの習慣でも体の弱い人間を痛めつける習慣は許さん

すぐに止めさせろ、寒食節は禁止だっ!!」

 

命令を徹底させる為に曹操は厳しい罰を定める

曹操 機密保持

 

しかし大昔からの習慣はなかなか改まりません。

そこで、曹操は寒食を続ける人間に厳しい罰を与えました。

 

「家の主人で寒食をしたものは、半年間の重労働に処す!

役人がそれを見て止めないなら百日の重労働、

県令がそれを黙認したら1か月の減俸処分とする!!」

 

これには、頑固に寒食を守った人々もたまらなくなります。

さすがの古来からの習慣も減俸が怖い県令や役人が率先して

中止させていく事で、次第に治まっていきました。

 

こうして、人々は寒い冬の間、火を絶やす事がなくなり、

老人や子供、病人が調子を崩す事も減ったという事です。

これは、曹操の成した善行と言っていいでしょう。

 

この時の反動で、中国人は冷たいモノ嫌いに・・

居酒屋 なます

 

しかし、羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹くというべきか、

中国人は、今度は反対に、冷たい食べ物を恐れるようになります。

やがて、冷たいモノは体を冷やして万病の元になるという

俗説が広がっていき、冷たいモノはタブーになっていったのです。

 

それは、現代の中国まで尾を引き、はるか昔に曹操が禁じた、

寒食のせいで、中国人はキンキンに冷えたビールを飲む事が、

心理的に抵抗があるようになったのです。

 

中国人と言えば、何にでも火を通し、ナマモノは食べないというのが

有名ですが、冷たいモノもダメなのですね。

 

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

関連記事:【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

所変われば、常識変わるで、夏にはキンキンに冷えた生ビールが、

常識ではない土地もあるのですね。

中国に行く時には、どこでも冷たい生ビールが飲めるわけではないと

頭の片隅に入れておく必要があるかも知れません。

 

一説では、この寒食節は元々遊牧民の習慣だったものが、

文化が混ざる間に漢民族の間でも浸透していったとされています。

その習慣はゾロアスター教(拝火教)にも繋がるとも言われ、

かなり歴史を遡るものなんだそうです。

 

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 孫権に煽られて憤死する陸遜 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた…
  2. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…
  3. 太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教…
  4. 始皇帝 始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説
  5. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  6. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り…
  7. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  8. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 親バカな諸葛孔明
  2. 織田信長
  3. 龐統
  4. 曹操と羊
  5. はじめての三国志

おすすめ記事

  1. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】
  3. アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は? 鎌倉時代の侍
  4. 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?
  5. 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介 大久保利通 幕末
  6. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面 スピリチュアルにハマる光武帝

三國志雑学

  1. 玄宗皇帝
  2. そんろは 孫魯班
  3. 曹操は褒め上手
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 平野国臣
  2. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操

おすすめ記事

【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明! 中村半次郎(桐野利秋)はどんな人?本当は冷血な人斬りではなかった! 始皇帝 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント? はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣 どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? 今川義元 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!? 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP