広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!

この記事の所要時間: 250




曹操 劉備 呂布 酒

 

7月に入り、連日、30度を超える真夏日が続く日本列島、

そんな日本で飲みたいモノと言えばキンキンに冷えたビールだと思います。

冷たいビールを飲みながら、アツアツの料理を頂くというのが

冷と熱のコラボ、まさに、ビールがあって良かったと思う瞬間ですよね。

ところが、世界には、まるで常識のような夏の冷たい生ビールが、

タブーになっている驚きの国が存在するのです。




びっくり、中国では冷えたビールにはありつけない?

中国

 

実は、キンキンに冷えた生ビールというのは、中国には無いそうです。

もちろん、日本人観光客相手のメジャーな飯店では置いてますが、

基本、飲むのは日本人が多く、地元の人は手をつけません。

 

ちょっと大通りから外れた場所では、もう冷えたビールは出ないようで、

注文しても没有(ない)と言われて終わりなんだとか・・

 

日本人が「なんで?」と聞くと「だって、冷たいモノは体に悪いから」

という答えが返ってくるようです。

 

代わりに出てくるのが常温のぬるいビールで、日本人は、

せつない思いをして、ぬるいビールを飲むしかないようです。




実は、曹操のせいで、中国人は冷たいビールを飲まなくなった?

曹操

 

実は、これほどまでに中国人が冷たいモノを嫌うようになったのは、

三国志の英雄、曹操(そうそう)が関係しています。

3世紀の頃、中国では、寒食節(かんしょくせつ)という行事がありました。

それは、日頃、世話になっている火に感謝して冬至から3日間は、

火を使った料理を食べないという習慣です。

 

しかし、冬至は大体、12月22日前後、寒さのど真ん中の時期です。

その寒い中で、冷たい食事をするので寒さの厳しい北方では、

老人や病人、子供に体調を崩す人が続出しました。

 

それを聞いた合理主義者の曹操は激怒しました。

 

「たとえ昔からの習慣でも体の弱い人間を痛めつける習慣は許さん

すぐに止めさせろ、寒食節は禁止だっ!!」

 

命令を徹底させる為に曹操は厳しい罰を定める

曹操 機密保持

 

しかし大昔からの習慣はなかなか改まりません。

そこで、曹操は寒食を続ける人間に厳しい罰を与えました。

 

「家の主人で寒食をしたものは、半年間の重労働に処す!

役人がそれを見て止めないなら百日の重労働、

県令がそれを黙認したら1か月の減俸処分とする!!」

 

これには、頑固に寒食を守った人々もたまらなくなります。

さすがの古来からの習慣も減俸が怖い県令や役人が率先して

中止させていく事で、次第に治まっていきました。

 

こうして、人々は寒い冬の間、火を絶やす事がなくなり、

老人や子供、病人が調子を崩す事も減ったという事です。

これは、曹操の成した善行と言っていいでしょう。

 

この時の反動で、中国人は冷たいモノ嫌いに・・

居酒屋 なます

 

しかし、羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹くというべきか、

中国人は、今度は反対に、冷たい食べ物を恐れるようになります。

やがて、冷たいモノは体を冷やして万病の元になるという

俗説が広がっていき、冷たいモノはタブーになっていったのです。

 

それは、現代の中国まで尾を引き、はるか昔に曹操が禁じた、

寒食のせいで、中国人はキンキンに冷えたビールを飲む事が、

心理的に抵抗があるようになったのです。

 

中国人と言えば、何にでも火を通し、ナマモノは食べないというのが

有名ですが、冷たいモノもダメなのですね。

 

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

関連記事:【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

所変われば、常識変わるで、夏にはキンキンに冷えた生ビールが、

常識ではない土地もあるのですね。

中国に行く時には、どこでも冷たい生ビールが飲めるわけではないと

頭の片隅に入れておく必要があるかも知れません。

 

一説では、この寒食節は元々遊牧民の習慣だったものが、

文化が混ざる間に漢民族の間でも浸透していったとされています。

その習慣はゾロアスター教(拝火教)にも繋がるとも言われ、

かなり歴史を遡るものなんだそうです。

 

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。…
  2. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  3. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!
  4. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  5. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落…
  6. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  7. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  8. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる
  2. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!
  3. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案
  4. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ
  5. 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー
  6. 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの? 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの? 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

おすすめ記事

  1. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想
  2. 三国志の時代に象兵はいたの?
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介
  4. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!
  5. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?
  6. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  7. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP