よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ!

この記事の所要時間: 256




曹丕

 

魏の初代皇帝・曹丕(そうひ)は3世紀の人間としては、とんでもない博識な人物でした。

そんな彼は合理主義者の曹操(そうそう)の息子らしく、別に頼まれてもいないのに、

世にはびこる様々な迷信を攻撃して打破しようと自著、典論で色々書いています。

しかし、その中には、思わず赤面するような大失敗も混ざっていたのです。




竹取物語にも登場する火鼠の皮衣

竹取物語 f

 

さて、昔話でもお馴染みの、かぐや姫が登場する竹取物語には、

かぐや姫に求婚する五人の貴族を退ける為に、かぐや姫が、

あり得ない宝物を要求して、五人を諦めさせようというシーンがあります。

 

それは、仏の御石の鉢、蓬莱(ほうらい)の玉の枝、龍の首の玉、

燕の子安貝、そして、決して燃えない火鼠(ひねずみ)の皮衣でした。

五人の貴族は、ずるをしたり、本気で探したりしますが、

いずれも手に入れる事は出来ず悉く求婚は失敗します。

 

この中の火鼠の皮衣が、曹丕が胡散臭いと考えたアイテムでした。




周の時代から献上された記録がある火鼠の皮衣

火浣之布

 

この火鼠の皮衣は、中国では火浣之布(かかんのふ)と呼ばれ、

周の穆王(ぼくおう)の時代に、大いに遠征で領土を広げた時代に、

周辺部族から献上されたものの中に入っていた珍宝でした。

 

それは真っ白な布ですが、火に投げ込んでも焼けるどころか

焦げる事すらなく、汚れだけが落ちると言われていて、

火で汚れを落とす布とも言われていました。

 

漢の時代にも、火浣之布が献上されていますが、

曹丕の時代までは伝わらず、それゆえに伝説の類だと思われていたのです。

(写真引用元:傳唱千年的怪談:歷史中的火布

 

曹丕、大いに語る 火浣之布なんか存在しねーよ!

曹丕

 

そこで曹丕は、火浣之布を存在しないものとして典略で断定します。

 

曹丕「大体、火というものは全てを焼き尽くす性質のものではないか?

それを、たかだか布であるのに燃えないなどとは胡散臭い話だ。

きっと、これは作り話で存在しないに違いない」

 

曹丕は、このようにばっさりと火浣之布を否定しています。

合理主義者の曹丕の本領全開という所ですが、しかし、

その後、とんでもない事が起きてしまいます。

 

曹丕、赤面! 火浣之布が献上されちゃった!!

仙人を演じる少年

 

ところが、道教の経典である抱朴子(ほうばくし)の「論仙」には、

この後に曹丕の宮廷に、周辺国から火浣之布が献上された事が記されています。

曹丕は否定した手前、容易には火浣之布を信じず実際に火をつけて

燃やしてみた事でしょう。

 

しかし、布は焼ける事も焦げる事さえなく、

しっかり白いままで残っていました。

 

は・は・は、はずかちーーーー!!

 

曹丕が自信満々に無いと断じた火浣之布は、存在していたのです。

 

事実を知った曹丕はどうした?

曹丕

 

火浣之布が実在する事を知った曹丕は、

恥ずかしいやら情けないやら溜息をついてしまいます。

そして大急ぎで、太学の庭に打ち立てた石碑から、

「火浣之布は無い」と断言した部分を削ってしまったそうです。

 

典論は、現在では、その内容が殆ど失われていますが、

版を重ねる段階では、問題部分も削除したかも知れません。

曹丕としては、自信満々で書いた典論に早々にケチがついてしまった形です。

 

まあ、石碑から削ってしまったという事は、

曹丕は自説の誤りを認めたという事ですね。

 

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

この火浣之布は、現在では、石綿(いしわた)の事であると言われています。

これはアスベストの事で、見た目は布に見えても鉱物なので

一定の温度までは形が変わる事がありません。

 

しかし当時の中国では、産出しない物質だったので、

さすがの曹丕にも、その存在が信じられなかったという事でしょう。

この話は、世界は広く、自分が常識だと思い込んでいる事でも、

時には通用しない事があるんだよという教訓が込められています。

 

曹丕に限らず、頭でっかちになりがちな現代人にも、

しっかり通用する話なのではないでしょうか?

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?

関連記事:曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?

関連記事:意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  2. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  3. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  4. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  5. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓
  6. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神に…
  7. 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介
  8. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  2. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】
  3. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  4. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣
  5. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?
  6. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る! 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(サル)の戦い 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに? 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質? 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬

おすすめ記事

  1. キングダム 本ネタバレ536話「大将軍の景色」
  2. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  3. 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた!
  4. 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの?
  5. 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!
  6. 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。
  7. 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集
  8. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP