【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?




劉邦 農民

 

三国志が始まることとなったきっかけは後漢王朝の政治のやり方に不満を持った民衆たちが激怒。

そして彼らは当時流行っていた張角(ちょうかく)を教祖とした黄巾党の元に集まり、

張角と共に反乱を起こします。

 

張角歴史の表舞台に登場(マジックショウ)

 

この反乱を黄巾の乱といい、

この反乱がきっかけで後漢王朝は滅亡への坂を転がっていくことになります。

しかし後漢王朝はどうしてこのように民衆から恨みを

買うような王朝へと変化していくことになったのでしょうか。

その原因は皇帝の親戚である外戚(がいせき)と呼ばれる勢力と

皇帝の宮中の世話を行っていた宦官達との争いが原因と言われております。




外戚とは一体何?

何皇后(毒蛇) 何進

 

まず外戚とは一体どのような物なのかを説明していきたいと思います。

外戚とは皇帝の奥さんである皇太后の親族のことを言います。

彼らは皇帝の奥さんである皇后の口添えによって高い位に登って、権力を高めていきます。

後漢王朝初期は高いくらいに登っている外戚といえども皇帝がしっかりとしていたため、

彼らは横暴な振る舞いをせずにいましたが、後漢王朝中頃になると皇帝に付いた人物は

非常に幼く皇太后が後見人として政治を行っていくことになります。

彼女は親族である外戚の助けを得るために彼らに高い地位を授けて、

政治に関与させていきます。

そのため外戚が後漢王朝で非常に強い権力と力を有していくことになり、

宮廷内で横暴を極めていきます。



後漢王朝を腐敗させた原因

霊帝

 

後漢王朝の中頃は外戚が幅をきかせておりましたが、後漢王朝滅亡への道を作り出したのは

8代皇帝順帝の時代に皇太后の外戚として力を持った梁冀(りょうき)と言われる人物です。

彼は8代皇帝である順帝が幼帝であったため後見人としてこの皇帝を補佐することになった梁皇后の一族。

8代皇帝から、9代皇帝沖(ちゅう)帝、10代皇帝質(しつ)帝、

11代皇帝桓(かん)帝の四代の皇帝に仕えることになり、

この四代の皇帝は全て幼い皇帝であったため外戚である梁冀がやりたい放題、

後漢王朝の政治を行っていった時代でもあります。

彼が後漢王朝の政治をやりたい放題行った事がきっかけで後漢王朝はみるみる弱っていくことになります。

 

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

梁冀はどのような横暴を行ったのか

陳登

 

梁冀は後漢王朝の外戚としてやりたい放題行っておりましたが、実際どのようなことを行っていたのでしょうか。

彼は順帝の時代に大将軍の位を与えられたことをいい事に、

金持ちの人物を罪に陥れて殺害して、殺害した金持ちが蓄財していたものを強奪。

また10代目の皇帝である質帝を毒殺してしまいます。

皇帝を毒殺した理由は、百官が集まる会議の席上で質帝が梁冀を見つけて名指しで悪口を言ったことがありました。

百官がいる中で皇帝から叱責を受けた梁冀は、この皇帝に恨みを持つことになり機会を見て

食事に毒をぶち込んで殺害してしまいます。

こうして皇帝殺しを平気で行うような極悪非道な外戚でした。

 

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

 

桓帝即位に貢献した曹操の祖父ちゃん

曹萌

 

梁冀は次の皇帝に誰を据えようか考えた結果、

一番操りやすそうな人物である桓帝を皇帝の位につかせます。

この時文武百官から反対をうけた梁冀ですが、彼らの意見を無視して強行的に桓帝を皇帝にします。

この時一人の宦官が梁冀を手伝って桓帝を皇帝に据えます。

その宦官こそ曹操の爺さんである曹騰(そうとう)です。

彼は桓帝の皇帝就任に力を尽くしたことがきっかけで一気に昇進することになり、

宮中で大いにその権力を伸ばしていくことに成功します。

また彼は梁冀から特権として養子を貰ってもいいという許可をもらいます。

曹騰は養子を夏侯(かこう)氏から貰い、この養子の名前を曹嵩(そうすう)と言います。

そして曹嵩の息子が後に三国志の魏を創り出す事になった英雄・曹操へと血筋がつながっていくことになります。

こうして曹騰の手助けもありなんとか桓帝を即位させることになり、再び横暴の限りを尽くしていく梁ですが、

かれの横暴もついに終止符を打つ時がやってきます。

 

関連記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 頭痛に悩ます曹操
  2. 呉と蜀を倒しに南下する曹操軍
  3. 五禽戯と華佗(華陀)
  4. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  5. 董卓と呂布

    三国志の雑学

    うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

    献帝を手に入れ、猛将呂布を従えた董…

  6. 楽進

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP