呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?

宦官




劉邦 農民

 

三国志が始まることとなったきっかけは後漢王朝の政治のやり方に不満を持った民衆たちが激怒。

そして彼らは当時流行っていた張角(ちょうかく)を教祖とした黄巾党の元に集まり、

張角と共に反乱を起こします。

 

張角歴史の表舞台に登場(マジックショウ)

 

この反乱を黄巾の乱といい、

この反乱がきっかけで後漢王朝は滅亡への坂を転がっていくことになります。

しかし後漢王朝はどうしてこのように民衆から恨みを

買うような王朝へと変化していくことになったのでしょうか。

その原因は皇帝の親戚である外戚(がいせき)と呼ばれる勢力と

皇帝の宮中の世話を行っていた宦官達との争いが原因と言われております。




外戚とは一体何?

何皇后(毒蛇) 何進

 

まず外戚とは一体どのような物なのかを説明していきたいと思います。

外戚とは皇帝の奥さんである皇太后の親族のことを言います。

彼らは皇帝の奥さんである皇后の口添えによって高い位に登って、権力を高めていきます。

後漢王朝初期は高いくらいに登っている外戚といえども皇帝がしっかりとしていたため、

彼らは横暴な振る舞いをせずにいましたが、後漢王朝中頃になると皇帝に付いた人物は

非常に幼く皇太后が後見人として政治を行っていくことになります。

彼女は親族である外戚の助けを得るために彼らに高い地位を授けて、

政治に関与させていきます。

そのため外戚が後漢王朝で非常に強い権力と力を有していくことになり、

宮廷内で横暴を極めていきます。



後漢王朝を腐敗させた原因

霊帝

 

後漢王朝の中頃は外戚が幅をきかせておりましたが、後漢王朝滅亡への道を作り出したのは

8代皇帝順帝の時代に皇太后の外戚として力を持った梁冀(りょうき)と言われる人物です。

彼は8代皇帝である順帝が幼帝であったため後見人としてこの皇帝を補佐することになった梁皇后の一族。

8代皇帝から、9代皇帝沖(ちゅう)帝、10代皇帝質(しつ)帝、

11代皇帝桓(かん)帝の四代の皇帝に仕えることになり、

この四代の皇帝は全て幼い皇帝であったため外戚である梁冀がやりたい放題、

後漢王朝の政治を行っていった時代でもあります。

彼が後漢王朝の政治をやりたい放題行った事がきっかけで後漢王朝はみるみる弱っていくことになります。

 

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

梁冀はどのような横暴を行ったのか

陳登

 

梁冀は後漢王朝の外戚としてやりたい放題行っておりましたが、実際どのようなことを行っていたのでしょうか。

彼は順帝の時代に大将軍の位を与えられたことをいい事に、

金持ちの人物を罪に陥れて殺害して、殺害した金持ちが蓄財していたものを強奪。

また10代目の皇帝である質帝を毒殺してしまいます。

皇帝を毒殺した理由は、百官が集まる会議の席上で質帝が梁冀を見つけて名指しで悪口を言ったことがありました。

百官がいる中で皇帝から叱責を受けた梁冀は、この皇帝に恨みを持つことになり機会を見て

食事に毒をぶち込んで殺害してしまいます。

こうして皇帝殺しを平気で行うような極悪非道な外戚でした。

 

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

 

桓帝即位に貢献した曹操の祖父ちゃん

曹萌

 

梁冀は次の皇帝に誰を据えようか考えた結果、

一番操りやすそうな人物である桓帝を皇帝の位につかせます。

この時文武百官から反対をうけた梁冀ですが、彼らの意見を無視して強行的に桓帝を皇帝にします。

この時一人の宦官が梁冀を手伝って桓帝を皇帝に据えます。

その宦官こそ曹操の爺さんである曹騰(そうとう)です。

彼は桓帝の皇帝就任に力を尽くしたことがきっかけで一気に昇進することになり、

宮中で大いにその権力を伸ばしていくことに成功します。

また彼は梁冀から特権として養子を貰ってもいいという許可をもらいます。

曹騰は養子を夏侯(かこう)氏から貰い、この養子の名前を曹嵩(そうすう)と言います。

そして曹嵩の息子が後に三国志の魏を創り出す事になった英雄・曹操へと血筋がつながっていくことになります。

こうして曹騰の手助けもありなんとか桓帝を即位させることになり、再び横暴の限りを尽くしていく梁ですが、

かれの横暴もついに終止符を打つ時がやってきます。

 

関連記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志大学 曹操 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…
  2. 陸遜 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み…
  3. 織田信長 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  4. 黒田官兵衛 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  5. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  6. 荀攸 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能
  7. 夏侯覇 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?
  8. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【将苑】諸葛孔明の人物鑑定7つの方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の皇帝に即位した劉備
  2. 影の薄い孫権
  3. 歳をとっても元気な孔明
  4. 人材マニア 曹操
  5. 曹操と郭嘉
  6. 赤壁の戦い
  7. 魯粛と周瑜

おすすめ記事

  1. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず 楽毅
  2. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 朶思大王
  3. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗 悪来と呼ばれた典韋
  4. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】 孔明君のジャングル探検
  5. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード 甘寧と呂蒙と凌統
  6. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観 劉備 結婚

三國志雑学

  1. 曹丕
  2. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 上杉謙信
  2. 徳川斉昭
  3. 竹林の七賢
  4. 藤原京
  5. 羌瘣
  6. 孫権に激怒する関羽
  7. 廃仏毀釈
  8. 合戦シーン

おすすめ記事

泣く子も張遼 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 明智光秀は妻一筋の愛妻家だった 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇 于禁を虐める曹丕 于禁は曹丕のドッキリのせいで亡くなった!?気の毒な于禁のパワハラ話 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!? 関羽と関索 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 孟獲 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP