曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

曹操 油断

 

魏の武帝、曹操(そうそう)については、

宦官曹騰(そうとう)の孫である事や、大金持ちであり曹嵩(そうすう)の

ドラ息子である事など、あまり良い印象がありません。

 

曹操が自分の先祖について、あまり語った様子がない点を事を見ても

曹操が先祖を誇っていたとは言えないフシがあります。

 

[adsense]
 

曹操は血筋にコンプレックスを抱えていた?

親友に裏切られた曹操

 

逆に曹操はやたらに、自分の家臣を古代の名将、名軍師に例えていますから、

何か、血筋に関するコンプレックスがあったのかも知れません。

 

関連記事:曹操には弱点はないの?

 

曹操の先祖は曹参(そうさん)

曹嵩

 

では、曹操の先祖とは、遡ると、誰になるのでしょうか?

魏の記録である武帝紀には、曹操の先祖は前漢の建国者劉邦(りゅうほう)

功臣であり、後に丞相になった曹参(そうさん)であると書かれています。

 

この曹参も曹操と同じく沛国礁県の出身であり、

同県には曹を名乗る一族が、何万人も存在していました。

 

ですが、、後漢書の曹騰伝では、曹騰の先祖に触れた話しはありません。

つまり、曹参を持ってきたのは、曹操の出自を少しでも良くみせたい

魏王朝の苦心が現れているのです。

 

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

 

曹萌(そうぼう)ってどんな人?

曹萌

 

一方で、曹操の曽祖父、つまり曹騰の父に関してまでは記録があります。

 

曹操の曽祖父は、名前を曹萌(そうぼう)といい字を元偉と言いました。

何の変哲もない農民でしたが、心が広く優しい人として知られています。

 

曹萌の心温まるエピソード

豚 f

ある時の事です、曹萌の隣の家の豚小屋から、豚が逃げてしまいました。

 

隣家の人は豚が居なくなったのを知り、探しますが、途中で曹萌の

豚小屋に自分の豚とよく似た豚を見つけます。

 

(これは、曹萌が俺の豚を盗んだに違いない)

当時、豚は貴重な財産です、隣家の主人は、カンカンになり曹萌の家に向かいました。

 

「ウチの家から豚が逃げた!あんたのとこの豚は、

ウチの豚にそっくりだがもしかして、ウチの豚じゃああるまいな?」

 

普通なら、「何だと、ウチがあんたの豚を盗んだとでも言うつもりか!

証拠もないのに、人を泥棒呼ばわりは許さんぞ」と怒って当然です。

 

しかし、曹萌は、村人の訴えを聴き終わると、、

 

「そんなに似ているなら、これはあなたの豚かも知れません、

どうか、連れて帰って下さい」と豚を差し出したのです。

 

「ふん、、まあ、返してくれたんだから、勘弁してやる、、

今度、同じ事があったら承知しないぞ」

 

隣家の主人は、曹萌から、豚を受け取るとぷんすか怒りながら、

帰っていきました。

 

ところが、数日すると、逃げていた隣家の豚がお腹を空かして、

戻ってきたのです、隣家の主人はびっくり、

そして、自分が曹萌に濡れ衣を着せていた事を知り深く恥じます。

 

「曹萌さん、すまない、、これはあんたの豚だった・・

ウチの豚は、今しがた戻ってきたんだ・・」

 

しかし、隣家の主人が謝ってきたのを見た曹萌は、、

 

「豚が戻ってきたんですか?いやー良かったですねえ」

とニコニコして、少しも責めませんでした。

 

人々は、曹萌の心の広さを賞賛してやまなかったそうです。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

それにしても、曹操のひいおじいさんとは思えない、

何と優しくて心の広い人でしょう。

 

まさに、元祖、萌えキャラに相応しいですね。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:夏候惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

曹操死んでもヨメを・・・

 

よく読まれている記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

 

曹操 健康

 

よく読まれてる記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

曹操のムスコ達アイキャッチ

 

よく読まれてる記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 南蛮
  2. 亡くなる周瑜
  3. 張紘が病死したという手紙を読み涙する孫権
  4. 曹仁

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP