架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

この記事の所要時間: 258

曹操 油断

 

魏の武帝、曹操(そうそう)については、

宦官曹騰(そうとう)の孫である事や、大金持ちであり曹嵩(そうすう)の

ドラ息子である事など、あまり良い印象がありません。

 

曹操が自分の先祖について、あまり語った様子がない点を事を見ても

曹操が先祖を誇っていたとは言えないフシがあります。

 

 

曹操は血筋にコンプレックスを抱えていた?

親友に裏切られた曹操

 

逆に曹操はやたらに、自分の家臣を古代の名将、名軍師に例えていますから、

何か、血筋に関するコンプレックスがあったのかも知れません。

 

関連記事:曹操には弱点はないの?

 

曹操の先祖は曹参(そうさん)

曹嵩

 

では、曹操の先祖とは、遡ると、誰になるのでしょうか?

魏の記録である武帝紀には、曹操の先祖は前漢の建国者劉邦(りゅうほう)

功臣であり、後に丞相になった曹参(そうさん)であると書かれています。

 

この曹参も曹操と同じく沛国礁県の出身であり、

同県には曹を名乗る一族が、何万人も存在していました。

 

ですが、、後漢書の曹騰伝では、曹騰の先祖に触れた話しはありません。

つまり、曹参を持ってきたのは、曹操の出自を少しでも良くみせたい

魏王朝の苦心が現れているのです。

 

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

 

曹萌(そうぼう)ってどんな人?

曹萌

 

一方で、曹操の曽祖父、つまり曹騰の父に関してまでは記録があります。

 

曹操の曽祖父は、名前を曹萌(そうぼう)といい字を元偉と言いました。

何の変哲もない農民でしたが、心が広く優しい人として知られています。

 

曹萌の心温まるエピソード

豚 f

ある時の事です、曹萌の隣の家の豚小屋から、豚が逃げてしまいました。

 

隣家の人は豚が居なくなったのを知り、探しますが、途中で曹萌の

豚小屋に自分の豚とよく似た豚を見つけます。

 

(これは、曹萌が俺の豚を盗んだに違いない)

当時、豚は貴重な財産です、隣家の主人は、カンカンになり曹萌の家に向かいました。

 

「ウチの家から豚が逃げた!あんたのとこの豚は、

ウチの豚にそっくりだがもしかして、ウチの豚じゃああるまいな?」

 

普通なら、「何だと、ウチがあんたの豚を盗んだとでも言うつもりか!

証拠もないのに、人を泥棒呼ばわりは許さんぞ」と怒って当然です。

 

しかし、曹萌は、村人の訴えを聴き終わると、、

 

「そんなに似ているなら、これはあなたの豚かも知れません、

どうか、連れて帰って下さい」と豚を差し出したのです。

 

「ふん、、まあ、返してくれたんだから、勘弁してやる、、

今度、同じ事があったら承知しないぞ」

 

隣家の主人は、曹萌から、豚を受け取るとぷんすか怒りながら、

帰っていきました。

 

ところが、数日すると、逃げていた隣家の豚がお腹を空かして、

戻ってきたのです、隣家の主人はびっくり、

そして、自分が曹萌に濡れ衣を着せていた事を知り深く恥じます。

 

「曹萌さん、すまない、、これはあんたの豚だった・・

ウチの豚は、今しがた戻ってきたんだ・・」

 

しかし、隣家の主人が謝ってきたのを見た曹萌は、、

 

「豚が戻ってきたんですか?いやー良かったですねえ」

とニコニコして、少しも責めませんでした。

 

人々は、曹萌の心の広さを賞賛してやまなかったそうです。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

それにしても、曹操のひいおじいさんとは思えない、

何と優しくて心の広い人でしょう。

 

まさに、元祖、萌えキャラに相応しいですね。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:夏候惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操死んでもヨメを・・・

 

よく読まれている記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

 

曹操 健康

 

よく読まれてる記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

曹操のムスコ達アイキャッチ

 

よく読まれてる記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  2. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  3. キングダムの時代に開花した法家の思想
  4. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  5. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  6. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  7. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  8. 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  2. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?
  3. はじめての三国志 好きな武将アンケート
  4. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】
  5. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1
  6. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした! 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備 はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました! 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

おすすめ記事

  1. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事
  2. 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの?
  3. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝
  4. 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  5. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた
  6. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  7. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  8. はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP