曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての漢

蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人

この記事の所要時間: 49




蔡琰

後漢時代の文学者として知られ、暴虐なことで知られる

董卓(とうたく)に一目置かれた蔡邕(さいよう)

彼には息子がおりませんでしたが娘がおりました。

その娘の名を蔡琰(さいえん)といいます。

彼女は某アクションゲームに登場したことがきっかけで大きく知名度が上がり、

蔡琰(さいえん)よりも字である文姫の方が有名であるため、

ここでも蔡文姫(さいぶんき)としてご紹介します。

彼女は文学者である蔡邕の娘らしく博識で、

音楽や詩にも堪能で男に生まれていれば間違えなく活躍した人材でありました。

しかし彼女は女性として生を受けた事と

その優れた才能のせいで人生が大きく狂っていくことになってしまいます。

関連記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生




自慢の娘

花 コスモス p

 

蔡邕のたった一人の娘として生を受けた蔡文姫(さいぶんき)

彼女は幼い頃から父親の影響を受けて書物を読み、

大人になると父と同じく文才の才能を開花させるだけではなく、

文学から得た知識によって色々な故事にも詳しくなり、

弁論も爽やかで音楽や詩にも堪能な完璧な人で、加えて顔も美形であり文句なしの人物でした。

この完璧美女は一度結婚することになるのですが、

旦那がなくなってしまったことがきっかけで父の元に帰ってくることになります。

その後父と共に文学や歴史書などを読み、インテリガールとして日々を過ごしていくことになります。




匈奴に拉致られる

氐族

 

蔡文姫は父の死を悼んで喪に服しており、外の情報があまり入ってきませんでした。

この時長安は大いに乱れており李傕(りかく)らの董卓残党軍が、

長安の王允らに攻撃を仕掛けてきます。

王允と共に董卓暗殺計画に加わっていた呂布李傕等の軍勢と戦いますが敗北してしまいます。

こうして呂布が敗れてことで長安を守る軍勢は亡くなり、たった8日ほどで陥落。

その後王允は殺害され漢の皇帝である劉協(りゅうきょう)は彼らによって奪われてしまいます。

この乱れた長安に匈奴の騎馬隊が侵入しており、宝物や人を拉致しておりました。

蔡文姫の家にも匈奴の騎馬隊が乱入してきて彼女を拉致し、匈奴へ連行されることになります。

匈奴の左賢王と結婚

 

蔡文姫は長安に乱入してきた匈奴軍に拉致たれた後、匈奴の単于が漢文化をよく知っている

女性であると部下から言われます。

この言葉がきっかけで、彼は自分のむすことである左賢王(さけんおう)である劉豹(りゅうひょう)

側室として迎えられることになります。

その後劉豹の息子を二人産んだ後、なんと12年間も匈奴で生活することになります。

その間彼女はすっかり匈奴の人間になってしまいますが、

漢の文化を忘れたわけではありませんでした。

漢へ帰還

官渡の戦いと2

 

曹操袁紹(えんしょう)との戦いを制して中原と河北の両方を手中に収め天下一の勢力として、

中華に君臨することになります。

こうして中華最大の勢力となった彼は蔡邕と親しく付き合っていたことを思い出します。

そして蔡邕に娘がいたことを思い出し側近に彼の娘が今どうしているのか調査するように命じます。

調査を命じてから数日後曹操の元へ調査の結果を知らせに部下がやってきます。

調査の結果蔡文姫は匈奴に拉致られた後、左賢王の妻になっていることが判明。

曹操は蔡文姫を漢へ帰還させるため匈奴に大量の宝石や金を贈るとともに、

蔡文姫を漢へ返すように要請します。

匈奴は曹操からの条件を飲み左賢王と蔡文姫を離縁させて漢土へ送り返す代わりに

莫大な褒賞を手にすることになります。

こうして12年ぶりに漢の土を踏むことになった蔡文姫ですが、

自らが生んだ子供達と別れなけらばならず彼女にとっては辛い別れでした。

 

蔡文姫の息子の消息は史書では不明ですが、

左賢王劉豹(りゅうひょう)の息子には他にも後に五胡十六国時代の幕開けとなる

前趙(ぜんちょう)の皇帝劉淵(りゅうえん)がいました。

系譜上は蔡文姫の息子達とは異母兄弟という事になります。

ただ、劉淵は西暦251年生まれで劉豹の晩年の嫡子なので、

異母兄弟と言っても、親子以上年齢が離れていますけどね。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  2. 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?
  3. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…
  4. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  5. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進…
  6. 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた…
  7. 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾そ…
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  2. 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編
  3. 89話:龐統、涪水関を計略で落とす
  4. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】
  6. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの? 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント? 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる

おすすめ記事

  1. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?
  2. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?
  3. 【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定
  4. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ!
  5. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  6. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  7. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  8. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP