北伐
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた

この記事の所要時間: 324




始皇帝

 

長い間、歴史に偉大な足跡を残した暴君として、良くも悪くも話題になった

中国史上、最初の皇帝、秦の始皇帝・・

しかし、彼の死後、2200年を経た今でも、まだ分らない謎が残っています。

その代表的な謎に、始皇帝には皇后の記録がない事があります。

そこで、はじさんでは、始皇帝にはどうして皇后の記録がないのかを

幾つかの推論を上げて考えてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧




推論1 そもそも、皇后という地位を置かなかった・・

キングダム 始皇帝

 

皇帝・皇后という称号を私達は、セットだと思っていますが、

それは、中央集権の王朝が成立した後の人間だからに過ぎません。

始皇帝は、初めて皇帝を称した人物ですが、自分の正妃に、

皇后という称号を与えようとは考えなかった可能性もあります。

 

実際、秦が七雄だった時代の後宮の制度を見てみると、、

 

王后、夫人、美人、良人、八子、七子、長使、少使と8段階に

分れているので、始皇帝の正妃は、従来通り王后であり、

皇后という称号は当初は置かなかった可能性もあるのです。




推論2 秦では妃の地位が低く史書に残さなかった

楊貴妃

 

秦の歴代の王の記録を見ると、そこに妃についての記述が殆ど無い

という事が分かります。

つまり、秦では、妃については、記録に残すという考えがなく、

その為に、皇后はいたが記録はしなかったとも考えられます。

 

ただ、秦の時代の資料は項羽(こうう)が咸陽に入った際に、

殆ど焼き尽くしたというケースもあるので、

こちらは、そこまで信憑性が高くないです。

 

推論3 母の不義密通が原因で女性不信だった?

政 キングダム

 

始皇帝の母は、趙姫といい、趙の貧しい家の出身でした。

ただ、容姿が美しいので踊り子として身を立てて暮らしていました。

 

呂不韋

 

それを大商人、呂不韋(りょふい)が見染めて愛人にして、

その後、始皇帝の父である子楚(しそ)に求められて、

与えたという記録があります。

 

しかし、この趙姫は、かなり淫乱な女性であり、夫の死後は、

性欲を持てあまし、かつて愛人だった呂不韋

後宮に呼びだして関係していたとされています。

 

嫪毐 ろうあい

 

ところが、老齢の呂不韋は、趙姫を満足させる事が難しく、

また、先代の秦王の妻と関係している事が、ばれれば身の破滅になるので、

嫪毐(ろうあい)という精力絶倫の男を宦官だと偽って後宮に入れ、

自分の地位を守ろうとしました。

 

それを始皇帝は知り衝撃を受けて、女性不信に陥ったという

可能性があるのです。

 

(女は子を産めばそれでよく、妾だけで構わないし

ことさら愛情など必要ないのだから、皇后など立てる必要もない)

 

始皇帝は、このように考え、皇后を置かなかったのかも知れません。

 

関連記事:嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる

関連記事:キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命

 

推論4 自分と同様に皇后に諡号を付けさせなかった。

政

 

逆に、皇后はいたけれど、始皇帝が諡号をつけさせなかった、

という可能性もあります。

始皇帝は、王の死後に、臣下がつける諡号(しごう)を

 

「家来が主君を評価する怪しからん行為である」として、

 

自らにつける事を許さず、自分の事は始皇帝と呼ばせ、

以後は2世皇帝、3世皇帝と記録するように命じました。

 

この考えなら、もちろん、自分の正妃である皇后に諡号を送るのも

タブーという事になるので、始皇帝の皇后には諡号がなく、

名前も分らないまま、現在に至っているという事も考えられます。

 

実際、始皇帝が後継者と目していた、扶蘇の母は楚の女性だという

記録があり、本来、諡号が許されていれば、記録が残った可能性も

あるのではないかとも思えます。

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

実は、近年、始皇帝に関する資料が中国では大量に出土していて、

史記に縛られた、残虐だが偉大な始皇帝というイメージは

大きく良い意味で変化しつつあるようです。

 

もちろん、キングダムを追い続けるはじさんでも、

最新資料を逐一紹介して、新しい始皇帝像を

皆様に、分りやすく解説しようと思います、請うご期待!!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:kawauso

 

 

kawauso 三国志

 

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  2. キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何…
  3. 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」
  4. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  5. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!…
  6. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  7. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  8. 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部
  3. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」
  4. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で?
  5. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  6. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻 信濃守護職就任と武田晴信の出家 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた 謎多き登場人物、関索って何者?

おすすめ記事

  1. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男
  2. 漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー
  3. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  4. 阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡
  5. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  6. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  7. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  8. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“水滸伝"
PAGE TOP