編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する

この記事の所要時間: 257

夏侯惇

 

建安20年、西暦215年、曹操(そうそう)夏候惇(かこうとん)
進言を入れて、張魯(ちょうろ)が独立国のように支配している漢中を
攻略する為に兵を興します。

「漢中の張魯を降し、その余勢をかって蜀の劉備を破る」

夏候惇の進言は、曹操に大きく響きます。

 

前回記事:97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する

 

曹操の漢中攻略が遅れを取っていた理由

馬超

 

本来ならば、西暦211年に漢中は、曹操軍50万によって制圧できて
いた筈でしたが、鐘繇(しょうよう)の政策のまずさから、
馬超(ばちょう)が蜂起してしまい、その鎮圧に忙殺された結果、
漢中攻略は延期されたのです。

しかし、その為に劉備(りゅうび)は、まんまと益州に入って
劉璋(りゅうしょう)を降し、今や、益州牧として着々と力を蓄えています。

 

曹操:「あの時、馬超を追って無理にでも張魯を降伏させていれば、
劉備が蜀に入るのを阻止できたものを、、、」

 

曹操にとっては痛恨の大失敗ですが、それは過ぎた事、
今は、劉備が勢力を蓄える前に討たねばなりません。

 

張魯征伐のメンバー発表

曹操軍

 

曹操は、30万の軍勢を率いて張魯征伐に乗り出します。

先陣を夏候淵(かこうえん)、・張郃(ちょうこう)、
後陣を夏候惇(かこうとん)・曹丕(そうひ)が務め、
曹操自身は、中軍に位置しての威風堂々とした構えです。

 

曹操が漢中に拘った理由

梅雨 s

 

さて、どうして曹操が漢中にこだわったか?と言うと
ここが、蜀と長安を結ぶ重要な拠点だったからです。

蜀は周囲を険しい山に囲まれていて、おいそれと
外の世界に出る事は出来ません。
その数少ない外界への出口が漢中であったのです。

 

劉備が国内を固めたら、次に確保しようとするのは必ず漢中でした。
ここを抑えれば、長安、そして洛陽が見えてくる。

だからこそ、曹操は、劉備に対する守備の要として、
漢中を必要としていたのでした。

もちろん、張魯だって、黙って曹操に降伏しようなどとは思っていません。

 

張魯軍対曹操軍

炎 s

 

この漢中は新興宗教である五斗米道の根拠地であり、領域には、
熱心な信徒と強力な軍隊がいたからです。

 

張魯軍:「曹操何するものぞ、ここで逆に血祀りにあげてやるわ!」

 

張魯軍は、意気盛んで陽平関で曹操軍を迎撃しました。
曹操軍は、長旅の疲れもあって、緒戦に敗北を喫してしまいます。

気をよくした張魯軍ですが、ここで曹操は攻撃を止め、
それから50日間に渡って両軍のにらみ合いが続きました。

 

曹操軍が動く

曹操50万の兵

 

最初に動いたのは曹操軍でした、何と、突然退却を開始したのです。

張魯軍は俄然、勢いづきました。
「曹操と言えど、我が軍の強さには舌を巻いたと見える、
それ、追撃して許都まで追い散らしてしまえ」

しかし、この退却は戦慣れした曹操の罠でした、陽平関を開いて
出てきた張魯軍に曹操の伏兵が襲い掛かります。

驚いた張魯軍は敗走してしまい、本拠地である漢中を放棄して、
さらに南の南鄭に拠点を移して、尚も徹底抗戦の構えを取ります。

しかし、曹操は、少しもあわてず南鄭城が見下ろせる山の上に
陣を敷くと、そこから弓矢を一斉射撃しました。

これには張魯はたまらず、さらに敗走して巴中に逃れていきます。

曹操は、これ以上張魯を追撃しようとはせず、
疲労が濃い兵士を休ませる為に、守備兵を置いて、
軍を許都まで引き上げさせました。

 

曹操が張魯を配下に加えようと思ったきっかけ

張魯 お宝

実は、三国志正史によると、
張魯は南鄭から巴中に退却する時に、宝物庫を破壊しなかったそうです。
その理由は、「国の富は万民の富であり、私一人の富ではない」
という張魯の信念があったから、、

曹操は、南鄭に入城した時に、宝物庫が封印されて
少しも略奪されていないのを見て感心し、張魯を殺さずに
配下に加える事を決意しました。

まあ、かくして曹操は、念願だった漢中を降してしまいます。
その事に逸早く反応したのは益州の劉備でした。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  2. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  3. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  4. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  5. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  6. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!
  7. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  8. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器
  2. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  3. 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男
  4. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】
  5. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  6. 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質? 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの? 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる! 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

おすすめ記事

  1. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親
  2. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  3. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  4. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介
  6. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  7. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?
  8. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP