三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

この記事の所要時間: 328




曹仁 曹操

 

考廉(こうれん)にあげられていた頃の若き曹操(そうそう)を表舞台に引き上げた人物がいます。

当時、尚書右丞の任に就いていた司馬防(しばぼう)です。

司馬防は、名家の司馬氏の生まれで、洛陽の県令などを歴任しました。

 

司馬朗 司馬防

 

優秀であり、かつ非情に厳格な人物だったと伝わっています。

その司馬防が才能を認めたのがまだ名の知られていなかった曹操なのです。

その点において司馬防は曹操の恩人ともいえます。

魏王にのぼり当時の最高権力者であった曹操は、

都である鄴に司馬防を呼んでもてなしたとも云われています。

これは曹操なりの恩返しのひとつだったのでしょう。




今度は曹操が司馬防の息子を引き上げる

司馬朗 曹操

 

司馬防の長男は司馬朗(しばろう)です。

董卓が洛陽を占拠した際、父親である司馬防から一族を率いて郷里に帰るように指示されます。

董卓に捕まり引きずり出されるところまでいくものの、

司馬朗の機知により司馬一族は郷里に帰ることができました。

田舎に戻った司馬朗を再び日の当たる政治の場に引き上げたのが曹操です。

ちょうど曹操が、長安から落ち延びてきた献帝を保護し、許に遷都した年になります。

自分を引き上げてくれた司馬防に対する恩返しのひとつだったのかもしれません。

司馬朗は一時、病気によって郷里に戻りますが、

回復してからまた中央に呼び戻され、

曹操の重要拠点である兗州の刺史となって民に慕われる政治を行いました。




司馬八達

司馬朗

 

実は司馬防には優秀な息子が八人もいました。

長男の司馬朗の字は伯達といいますが、

みな「達」が付く字を持っていたため「司馬八達」と呼ばれることになります。

司馬朗の友人で崔琰という人物がいます。

彼は袁紹(えんしょう)に仕えていましたが、袁紹が亡くなってからは曹操に仕え、

人事部門で辣腕を振るうことになります。

崔琰(さいえん)に見いだされたものはどんなに

評価が低いものであっても三公まで登りつめたと云われています。

無論、崔琰は友人である司馬朗の力を非常に認めていましたが、

一方でこのようなことも司馬朗に云っていました。

「キミの才能は弟の司馬懿には遠く及ばない」と。

司馬朗もそのことを自覚していたのか笑ってうなずいていたそうです。

それが「軍師連盟」の主役である司馬懿です。

そんな司馬懿を人材発掘・起用の神とも呼べる曹操が見逃すはずがありません。

崔琰の話を聞く以前から曹操は司馬懿に目をつけていて、出仕の命令を下しています。

 

遠望の志

司馬懿と曹操

 

「軍師連盟」の主役とある司馬懿。

その才能をもってすれば政治家になることはたやすいことでした。

彼自身が名門の生まれであって、さらに権力者である曹操との強力なコネもあります。

しかしなぜか司馬懿はなかなか表舞台に登場しません。彼がそれを拒んだからです。

兄の司馬朗が曹操の率いる漢室に仕えたのに対して、司馬懿は自粛しました。

なぜでしょうか。

それは曹操の権威が一時的なものに過ぎないと見られていたからです。

 

袁紹の妃03 袁紹

 

献帝を保護し、朝廷の実権を曹操が握ったとはいえ、北には強国の袁紹がいたのです。

曹操と袁紹の決戦は避けては通れぬものとなっていました。

当時の大多数の人間が袁紹の勝利を疑わなかったことでしょう。

袁紹は広大な河北の領土と膨大な兵力、そして中華一の名声を誇っていたからです。

いずれにせよ漢室が滅ぶと考えた司馬懿はいたずらに仕えることをしませんでした。

かといって袁紹に仕えることもしません。勝つものを見極める。

司馬懿はそんな冷静沈着な心境だったことでしょう。

 

曹操に仕える司馬懿

司馬懿 仲達

 

結局、勝者は大逆転劇を演じた曹操でした。

西暦201年、袁紹との官渡の戦いを制した曹操に司馬懿は出仕を求められます。

これにはさすがに司馬懿も断り切れなくなりました。

しかし当時はまだ官渡の戦いに曹操が奇跡的に勝っただけで、

河北は袁紹が握っていましたし、袁紹自体も健在でした。

袁紹の巻き返しの目は充分にあったのです。

慎重な司馬懿は病のふりをしてこの出仕の命令に従いませんでした。

逃げて袁紹につくようなら殺せとまで部下に命じていた曹操ですが、

病と聞いてここは無理強いはしません。

西暦208年、袁氏はことごとく滅ぼされ、河北は曹操の領土となります。

大勢は決まったのです。曹操はついに三公を廃し、丞相となります。

曹操に抗える勢力はもはやありませんでした。

慎重な司馬懿も意を決して曹操に仕えることになります。

現実に天下を治められる人物にしか仕えないという「石橋を叩いて渡る」司馬懿。

そしてそれを証明した曹操。

あくまでも漢室に仕え、清廉潔白な政治を行った兄の司馬朗と、

絶対なる権威にこそ従った司馬懿の違いがそこにはあります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

曹操が司馬懿を強く警戒したのは、

司馬懿には忠義の心がないことを見抜いていたからでしょう。

そこには将来を見越した冷静な計算があるだけです。

そして司馬懿は自分の思い描く計画を実行に移す忍耐強さと慎重さを兼ね備えていました。

「軍師連盟」にはその部分が強く描かれることになると思います。

恩人の息子とはいえ、ここまで出仕を拒んだ司馬懿に曹操は

他の人間にはないものを感じ取っていたのでしょう。

司馬懿の才能と冷酷さがやがて曹氏を脅かす存在になることを曹操は認識していたと思います。

しかし司馬懿は曹操の前では上手く立ち回り、なるべく目立たなくふるまい、

太子となる曹丕との友情を深め、己が立場を慎重に有利なものにしていくのでした。

結論として司馬懿は名声や才能、人徳に惹かれて仕えることはなく、

絶対的に安定した強者にのみ従うということがいえるのではないでしょうか。

だからこそ、それが証明できるまで司馬懿は曹操に仕えなかったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?
  2. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  3. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  4. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  5. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  6. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  7. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  8. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  2. 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦
  3. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!
  4. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  5. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  6. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 「はじめての三国志」のロゴが完成しました 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ! 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの?

おすすめ記事

  1. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?
  2. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る!
  3. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」
  4. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  5. 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】
  6. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  7. 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  8. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP