よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての呉

顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家

この記事の所要時間: 517




魯粛の生涯06 魯粛、孫権、張昭

 

呉の初代丞相は正史三国志に列伝が記載されなかった可哀そうな人物である孫卲(そんしょう)。

その跡を継いだのが今回ご紹介する顧雍(こよう)です。

彼は呉の宿老と言われている張昭(ちょうしょう)を押しのけて、呉の丞相へ就任。

張昭を押しのけて宰相へ上った二代目丞相である顧雍とは、

いったいどのような人物であったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




後漢の名士蔡邕から気に入られる

 

顧雍は揚州の四姓の一つである「顧氏」の出身で、名家出身の人物です。

彼は頭の回転が物凄く早く難しい事もすぐに理解することができ、

博識としても知られておりました。

そんな中、後漢の名士である蔡邕(さいよう)が

顧雍の住む町を訪ねてきた時に、

弟子入りします。

蔡邕は彼の頭の良さと回転の速さを大いに認め

「君は将来必ず歴史に名を遺す人物となるはずだ。

そこで私の字である「邕」の字と同じ読みである「雍」

の字を君に与えたいと思う。」と提案。

顧雍は師匠である蔡邕の字を頂けることを非常に喜び、

彼の字と同じ字である「雍」の字を用いることにします。




地方の役人として素晴らしい実績を上げる

 

顧雍はこうして師匠である蔡邕から認められた後、

太守や州から推挙されて合肥(がっぴ)の

県長に抜擢されます。

彼は合肥で住民に恩恵を与えながら治めます。

この時の功績が認められて、その後も曲阿(きょくあ)などの地方官を歴任し、

顕著な功績を残して民衆から大いに敬われます。

 

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

 

若き江東の当主・孫権に仕える

孫権

 

顧雍は各地で実績を上げるとその名声は江東中に広まり、

孫策の跡を継いだ孫権の耳にも入ってきます。

孫権は会稽(かいけい)を自らの手で納めなくてならなくなります。

しかし彼は多忙でとても会稽に自らが足を運んで治めることができない為、

最近自らに仕えた顧雍を抜擢して会稽を治めさせます。

顧雍が会稽に赴いて政治を行っていくことになりますが、

この時会稽で大規模な反乱が勃発します。

反乱が勃発した際顧雍がすぐに反乱軍を討伐した為、

土地は荒れず民衆にも影響はほとんど出ませんでした。

そのため会稽の民衆達は顧雍を慕い、

彼の治政を積極的に援助していくことになります。

こうして顧雍の政治は民衆の助けもあって、

しっかりとした治政を行っていくことになります。

 

中央に出仕して、呉の政権を担う

photo credit: Verneigung via photopin (license)

photo credit: Verneigung via photopin (license)

 

顧雍は会稽において実績を上げると呉の政権運営を担当するため、

中央へ出仕することになります。

彼は孫権が呉王の位に上ると

中書令(ちゅうしょれい=皇帝などが発する文章を管理する役職で、

非常に権勢を持っていた役職)に

任命され、侯の位を与えられ呉の政権において非常に重要な人物となります。

また物凄く真面目な性格であったため、

彼は家に帰っても仕事の話などを家族とすることがありませんでした。

そのため彼が侯の位に就任したことを顧雍本人から聞かずに、

孫家の家臣から聞くことになり大いに驚いていたそうです。

 

孫権から絶大な信頼を得る

孫権と三国アヒル

 

顧雍は生まれ持った生真面目さで仕事に一生懸命励み、孫権から信頼される家臣となります。

孫権はいかに顧雍を信頼していたかを表すエピソードが残っております。

彼は侯の位に就任してから仕事が少し落ち着くと、

自分の母親と家族を呉の首都である建業(けんぎょう)へ呼び寄せます。

この時孫権は顧雍の母親が建業に来ることを家臣から聞くと、

建業に居る家臣らを引き連れて自ら顧雍の母親を迎えております。

孫権にこれほど大きく信頼された人物は、

当時の呉において数人しかいないのではないのでしょうか。

こうして孫権から絶大な信頼を得ていた顧雍は、

呉の重臣として政権運営に必要不可欠な人材になっていきます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  2. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  3. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物…
  4. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…
  5. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  6. 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった…
  7. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  8. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  2. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない
  3. 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介
  4. 島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?
  5. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  6. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何? 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説! 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍 天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰? 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?

おすすめ記事

  1. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  2. 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?
  3. 龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対
  4. kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  6. 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!
  7. 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介
  8. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP