広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての呉

顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家

この記事の所要時間: 559




魯粛の生涯06 魯粛、孫権、張昭

 

呉の初代丞相は正史三国志に列伝が記載されなかった可哀そうな人物である孫卲(そんしょう)。

その跡を継いだのが今回ご紹介する顧雍(こよう)です。

彼は呉の宿老と言われている張昭(ちょうしょう)を押しのけて、呉の丞相へ就任。

張昭を押しのけて宰相へ上った二代目丞相である顧雍とは、

いったいどのような人物であったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




後漢の名士蔡邕から気に入られる

 

顧雍は揚州の四姓の一つである「顧氏」の出身で、名家出身の人物です。

彼は頭の回転が物凄く早く難しい事もすぐに理解することができ、

博識としても知られておりました。

そんな中、後漢の名士である蔡邕(さいよう)が

顧雍の住む町を訪ねてきた時に、

弟子入りします。

蔡邕は彼の頭の良さと回転の速さを大いに認め

「君は将来必ず歴史に名を遺す人物となるはずだ。

そこで私の字である「邕」の字と同じ読みである「雍」

の字を君に与えたいと思う。」と提案。

顧雍は師匠である蔡邕の字を頂けることを非常に喜び、

彼の字と同じ字である「雍」の字を用いることにします。




地方の役人として素晴らしい実績を上げる

 

顧雍はこうして師匠である蔡邕から認められた後、

太守や州から推挙されて合肥(がっぴ)の

県長に抜擢されます。

彼は合肥で住民に恩恵を与えながら治めます。

この時の功績が認められて、その後も曲阿(きょくあ)などの地方官を歴任し、

顕著な功績を残して民衆から大いに敬われます。

 

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

 

若き江東の当主・孫権に仕える

孫権

 

顧雍は各地で実績を上げるとその名声は江東中に広まり、

孫策の跡を継いだ孫権の耳にも入ってきます。

孫権は会稽(かいけい)を自らの手で納めなくてならなくなります。

しかし彼は多忙でとても会稽に自らが足を運んで治めることができない為、

最近自らに仕えた顧雍を抜擢して会稽を治めさせます。

顧雍が会稽に赴いて政治を行っていくことになりますが、

この時会稽で大規模な反乱が勃発します。

反乱が勃発した際顧雍がすぐに反乱軍を討伐した為、

土地は荒れず民衆にも影響はほとんど出ませんでした。

そのため会稽の民衆達は顧雍を慕い、

彼の治政を積極的に援助していくことになります。

こうして顧雍の政治は民衆の助けもあって、

しっかりとした治政を行っていくことになります。

 

中央に出仕して、呉の政権を担う

photo credit: Verneigung via photopin (license)

photo credit: Verneigung via photopin (license)

 

顧雍は会稽において実績を上げると呉の政権運営を担当するため、

中央へ出仕することになります。

彼は孫権が呉王の位に上ると

中書令(ちゅうしょれい=皇帝などが発する文章を管理する役職で、

非常に権勢を持っていた役職)に

任命され、侯の位を与えられ呉の政権において非常に重要な人物となります。

また物凄く真面目な性格であったため、

彼は家に帰っても仕事の話などを家族とすることがありませんでした。

そのため彼が侯の位に就任したことを顧雍本人から聞かずに、

孫家の家臣から聞くことになり大いに驚いていたそうです。

 

孫権から絶大な信頼を得る

孫権と三国アヒル

 

顧雍は生まれ持った生真面目さで仕事に一生懸命励み、孫権から信頼される家臣となります。

孫権はいかに顧雍を信頼していたかを表すエピソードが残っております。

彼は侯の位に就任してから仕事が少し落ち着くと、

自分の母親と家族を呉の首都である建業(けんぎょう)へ呼び寄せます。

この時孫権は顧雍の母親が建業に来ることを家臣から聞くと、

建業に居る家臣らを引き連れて自ら顧雍の母親を迎えております。

孫権にこれほど大きく信頼された人物は、

当時の呉において数人しかいないのではないのでしょうか。

こうして孫権から絶大な信頼を得ていた顧雍は、

呉の重臣として政権運営に必要不可欠な人材になっていきます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 陳寿が語る孫権像
  2. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(…
  3. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】
  4. 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?
  5. 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  6. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  7. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  8. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半
  2. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  3. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  4. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  5. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)
  6. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想! 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事! 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!! 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志
  2. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  3. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  4. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?
  5. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  6. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  7. 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった
  8. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP