朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての呉

顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家

この記事の所要時間: 517




魯粛の生涯06 魯粛、孫権、張昭

 

呉の初代丞相は正史三国志に列伝が記載されなかった可哀そうな人物である孫卲(そんしょう)。

その跡を継いだのが今回ご紹介する顧雍(こよう)です。

彼は呉の宿老と言われている張昭(ちょうしょう)を押しのけて、呉の丞相へ就任。

張昭を押しのけて宰相へ上った二代目丞相である顧雍とは、

いったいどのような人物であったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




後漢の名士蔡邕から気に入られる

 

顧雍は揚州の四姓の一つである「顧氏」の出身で、名家出身の人物です。

彼は頭の回転が物凄く早く難しい事もすぐに理解することができ、

博識としても知られておりました。

そんな中、後漢の名士である蔡邕(さいよう)が

顧雍の住む町を訪ねてきた時に、

弟子入りします。

蔡邕は彼の頭の良さと回転の速さを大いに認め

「君は将来必ず歴史に名を遺す人物となるはずだ。

そこで私の字である「邕」の字と同じ読みである「雍」

の字を君に与えたいと思う。」と提案。

顧雍は師匠である蔡邕の字を頂けることを非常に喜び、

彼の字と同じ字である「雍」の字を用いることにします。




地方の役人として素晴らしい実績を上げる

 

顧雍はこうして師匠である蔡邕から認められた後、

太守や州から推挙されて合肥(がっぴ)の

県長に抜擢されます。

彼は合肥で住民に恩恵を与えながら治めます。

この時の功績が認められて、その後も曲阿(きょくあ)などの地方官を歴任し、

顕著な功績を残して民衆から大いに敬われます。

 

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

 

若き江東の当主・孫権に仕える

孫権

 

顧雍は各地で実績を上げるとその名声は江東中に広まり、

孫策の跡を継いだ孫権の耳にも入ってきます。

孫権は会稽(かいけい)を自らの手で納めなくてならなくなります。

しかし彼は多忙でとても会稽に自らが足を運んで治めることができない為、

最近自らに仕えた顧雍を抜擢して会稽を治めさせます。

顧雍が会稽に赴いて政治を行っていくことになりますが、

この時会稽で大規模な反乱が勃発します。

反乱が勃発した際顧雍がすぐに反乱軍を討伐した為、

土地は荒れず民衆にも影響はほとんど出ませんでした。

そのため会稽の民衆達は顧雍を慕い、

彼の治政を積極的に援助していくことになります。

こうして顧雍の政治は民衆の助けもあって、

しっかりとした治政を行っていくことになります。

 

中央に出仕して、呉の政権を担う

photo credit: Verneigung via photopin (license)

photo credit: Verneigung via photopin (license)

 

顧雍は会稽において実績を上げると呉の政権運営を担当するため、

中央へ出仕することになります。

彼は孫権が呉王の位に上ると

中書令(ちゅうしょれい=皇帝などが発する文章を管理する役職で、

非常に権勢を持っていた役職)に

任命され、侯の位を与えられ呉の政権において非常に重要な人物となります。

また物凄く真面目な性格であったため、

彼は家に帰っても仕事の話などを家族とすることがありませんでした。

そのため彼が侯の位に就任したことを顧雍本人から聞かずに、

孫家の家臣から聞くことになり大いに驚いていたそうです。

 

孫権から絶大な信頼を得る

孫権と三国アヒル

 

顧雍は生まれ持った生真面目さで仕事に一生懸命励み、孫権から信頼される家臣となります。

孫権はいかに顧雍を信頼していたかを表すエピソードが残っております。

彼は侯の位に就任してから仕事が少し落ち着くと、

自分の母親と家族を呉の首都である建業(けんぎょう)へ呼び寄せます。

この時孫権は顧雍の母親が建業に来ることを家臣から聞くと、

建業に居る家臣らを引き連れて自ら顧雍の母親を迎えております。

孫権にこれほど大きく信頼された人物は、

当時の呉において数人しかいないのではないのでしょうか。

こうして孫権から絶大な信頼を得ていた顧雍は、

呉の重臣として政権運営に必要不可欠な人材になっていきます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?
  2. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用…
  3. 陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組
  4. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキ…
  5. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  6. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天…
  7. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親…
  8. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君
  2. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?
  3. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】
  4. 三国志演義に登場する兵器
  5. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  6. 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 三国志って何?はじめての人向け 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!? 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ! お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介! 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた

おすすめ記事

  1. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生
  2. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?
  3. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎
  4. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  5. 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ
  6. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】
  7. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】
  8. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP